GJ > 競馬ニュース > 武豊クラシック有力お手馬「回避」も大役に気合! 皐月賞馬と涙を呑んだ30余年前の日本ダービー…偉大なホースマンの「花道」を飾れるか
NEW

武豊クラシック有力お手馬「回避」も大役に気合! 皐月賞馬と涙を呑んだ30余年前の日本ダービー…偉大なホースマンの「花道」を飾れるか

【この記事のキーワード】, ,
武豊クラシック有力お手馬「回避」も大役に気合! 皐月賞馬と涙を呑んだ30余年前の日本ダービー…偉大なホースマンの「花道」を飾れるかの画像1
武豊騎手 撮影:Ruriko.I

 JRAでは今週末から春のクラシックに向けたトライアルが目白押し。土曜は阪神でチューリップ賞(G2)、日曜は中山で弥生賞ディープインパクト記念(G2)と注目のステップレースが行われる。

 ただ、武豊騎手とのコンビで弥生賞に出走予定だったサンライズジパングは、脚元に違和感が生じて残念ながら回避。管理する音無秀孝調教師は「大事を取って見送る。皐月賞(G1)に直行する予定」と話しており、ローテーションに不安が残るものの、本番には間に合う見通し。1月の若駒S(L)は見事な直線一気で制しているだけに、しっかりと立て直して一冠目を迎えてほしいところだ。

 サンライズジパングが回避したことにより、3日は中山競馬場に平場戦のみの参戦となりそうな武豊騎手だが、実は大役を任されている。

 というのも、この日をもって定年・引退を迎える中野栄治調教師の管理馬に騎乗を予定しているからだ。

偉大なホースマンの「花道」を飾れるか

 2001年の高松宮記念(G1)とスプリンターズS(G1)を制した名短距離馬トロットスターを送り出している中野師は、騎手から転身した調教師であり、1990年の日本ダービー(G1)を逃げ切りで制した名馬アイネスフウジンの主戦騎手を務めていたことでも知られる。

 当時のダービーが開催された東京競馬場には、今では想像もつかない20万人近いファンが駆けつけた。勝者を称えるため巻き起こった「ナカノコール」のエピソードは、競馬ファンでなくても耳にしたことがあるのではないか。ちなみに競馬においてお馴染みにもなっている、勝者を称える「○○コール」はここから始まったとされている。

 1995年に騎手を引退し、調教師に転身してからも先週終了時点でJRA通算290勝をマークしている中野師。ホースマン人生はすでに半世紀を超えており、武豊騎手から見ても間違いなく偉大な先輩の1人だ。

「もはや伝説となっているアイネスフウジンのダービー、あれから早くも30年以上が経っていましたか……。ちなみにこのレースで当時デビュー4年目だった武豊騎手は、初のダービー制覇を目指して皐月賞馬ハクタイセイに騎乗。アイネスフウジンよりも上の2番人気に推されていましたが、惜しくも5着に敗れ涙を呑んでいます。

また武豊騎手が中野厩舎とのコンビで初勝利を挙げたのは、実は先述のトロットスター。蛯名正義騎手のイメージが強い同馬ですが、武豊騎手も跨っていたんですね」(競馬誌ライター)

 今週末をもっていよいよ見納めとなる中野厩舎から武豊騎手への騎乗依頼は、2Rイーサンハンターと6Rレディマキシマ、7Rマウンテンエースの3頭。イーサンハンターとマウンテンエースは前走で2着に好走しており、十分に白星が期待できるだろう。

 特にマウンテンエースの方はここ2戦で跨り2着に導いていたR.キング騎手が当日の中山にいるにもかかわらず、レジェンドに手綱が回ってきただけに気合も入る。

 また武豊騎手も最終日に中野厩舎の管理馬に騎乗することについては、自身の公式サイトの日記に「なんとか最後を締めたいものです」と大役を任せられたことへの意気込みをつづっている。

 2018年2月にはダイアナヘイローで阪急杯(G3)を逃げ切り、これで引退となる福島信晴元調教師の花道を飾ったレジェンド。今週末は再び千両役者ぶりを見せてくれるか注目だ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

武豊クラシック有力お手馬「回避」も大役に気合! 皐月賞馬と涙を呑んだ30余年前の日本ダービー…偉大なホースマンの「花道」を飾れるかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「出禁」になったO.ペリエ「税金未払い」騒動!? L.デットーリ「コカイン使用」K.デザーモ「アルコール依存症」過去の”外国人騎手トラブル”に呆然……
  2. 「素行不良」で干された若手の更生に関西の大御所が名乗り! 福永祐一を担当した大物エージェントもバックアップ…関係者から「優遇され過ぎ」の声
  3. 目を掛けた愛弟子の「造反」に師匠がブチ切れ!? 今村聖奈、角田大河の謹慎中に存在感発揮も…安田記念前に師弟関係で遺恨勃発か
  4. 【青葉賞】武豊「ダービーに出さないといけない」キタサンブラック弟シュガークン出陣! 相性抜群レース完勝も、本番に不安材料?
  5. 【天皇賞・春(G1)】馬券圏内100%の激走で5万馬券的中!? 四位洋文が福永祐一に授けた「金言」とは… 11番人気2着スティッフェリオにあった鉄板級の法則
  6. 須貝尚介厩舎「重賞50連敗」ゴールドシップ、ソダシら手掛けた名門が苦戦…相次いだ誤算と見えてきた光明
  7. 横山武史「乗り替わり」の無念を晴らす重賞勝利に会心ガッツポーズ! 初のメイン勝ちなど大暴れ「妹弟子」の活躍も刺激に?
  8. 【マイラーズC】団野大成がソウルラッシュで代役V!安藤勝己氏、田原成貴氏も安田記念に好感触…「申し訳ない気持ちです」元主戦が悔やんだ2年前の大失態
  9. 【天皇賞・春】天才・福永洋一も嘆いた稀代のクセ馬「気まぐれジョージ」…ドゥレッツァら逃げ馬に注意を払いつつ今年狙うのは【東大式必勝馬券予想】
  10. 「ニューヒロイン候補」小林美駒が見せた著しい成長!リーディング争いに敗れても勝負強さでベテランを圧倒…女性騎手戦線に「新時代到来」の予感