GJ > 競馬ニュース > 「絶好調男」がトップトレーナー期待の好素材と新コンビ! 不完全燃焼でG1敗戦も「勝ちまであった」、春クラシックへ3週連続の権利取りなるか
NEW

「絶好調男」がトップトレーナー期待の好素材と新コンビ! 不完全燃焼でG1敗戦も「勝ちまであった」、春クラシックへ3週連続の権利取りなるか

【この記事のキーワード】, ,
「絶好調男」がトップトレーナー期待の好素材と新コンビ! 不完全燃焼でG1敗戦も「勝ちまであった」、春クラシックへ3週連続の権利取りなるかの画像1
藤岡佑介騎手

 先週10日のフィリーズレビュー(G2)で11番人気エトヴプレを金星に導いた藤岡佑介騎手。川田将雅騎手の同期としても知られる同騎手は昨年こそ重賞未勝利に終わったが、今年は絶好調。3月半ばにして早くも2つ目の重賞タイトルをゲットした。

 2日に開催されたチューリップ賞(G2)でも9番人気セキトバイーストで2着に入り、桜花賞(G1)の優先出走権をもたらしている。およそ6年ぶりのG1制覇を先月18日のフェブラリーS(G1)で成し遂げて以降、手綱が冴えていると感じているファンも多いのではないか。

 そんな藤岡佑騎手が今週もクラシックの権利取りを託された馬がいる。それは16日の皐月賞トライアル・若葉S(L)に出走を予定しているミスタージーティー(牡3歳、栗東・矢作芳人厩舎)である。

春クラシックへ3週連続の権利取りなるか

 同馬は昨年末、わずかキャリア1戦でホープフルS(G1)に駒を進めたことからも陣営の期待の高さが窺える1頭。レースでも大外18番枠から道中で巧く内へと潜り込み、絶好の手応えで最後の直線を向いた。しかし勝負どころで前が壁になる痛恨のロス。もし進路を確保できていたらと思わせる不完全燃焼の5着に終わってしまった。

「自分がうまく捌けていればもっとやれていたはずです」と騎乗した坂井瑠星騎手が悔やめば、管理する矢作調教師も「完全に騎手のミス」「勝ちまであった」と弟子に厳しいコメント。ただ結果こそ残念だったものの、本馬が秘めるスケールの一端を感じさせるには十分のレース内容だったといえる。

 それだけに巻き返しが期待された前走の共同通信杯(G3)だったが、2番人気に応えられず7着。イレ込みが激しかった上、スタートして不利を受けたこともあり「いい精神状態でレースに向かえなかった。スタート後の不利と落ち着いたところで乗っかかられて……。ちょっとパニックになって走っていました」と、坂井騎手も敗戦に歯切れの悪いコメントを残すよりほかなかった。

 ただ連敗は喫してしまったが、矢作調教師は「共同通信杯は参考外」「何とかダービーに出したい」と話すなど、ミスタージーティーにかける期待の大きさは変わらない。そして主戦の坂井騎手がサウジアラビアで騎乗停止処分を課せられたこともあり、新パートナーとして白羽の矢が立ったのが藤岡佑騎手だ。

 今回がテン乗りにはなるが、ややチグハグだったここ2戦の内容を考えると、波に乗る藤岡佑騎手への乗り替わりはいい方向に転ぶ可能性も十分ある。絶好調男が今週も優先出走権をもたらすか注目だ。

「ここ最近の活躍ぶりを見る限り、藤岡佑騎手はいま最も乗れているジョッキーの一人といって過言ではありません。ミスタージーティーを何とか春クラシックに出したいと考えている陣営としても、非常に心強いパートナーを獲得することができたと思います。

また前任の坂井騎手は皐月賞(G1)で僚馬シンエンペラーへの騎乗がすでに発表されています。ミスタージーティーはここで権利が取れれば、本番も藤岡佑騎手の継続が濃厚でしょう。同騎手にとって牡馬クラシックのお手馬獲得がかかる一戦となりそうなことから、気合も入るでしょうね」(競馬誌ライター)

 ちなみに矢作厩舎の主戦といえば昨今は弟子である坂井騎手だが、開業から間もない頃、厩舎の屋台骨を支えた1頭であるスーパーホーネットの主戦を務めていたのが藤岡佑騎手だったことを覚えているファンもまだいるかもしれない。

 同タッグは重賞4勝を挙げたが、G1は2着3回とあと一歩届かなかった。再び藤岡佑騎手×矢作厩舎で大舞台を見据えるためにもミスタージーティーの好走に期待したい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

「絶好調男」がトップトレーナー期待の好素材と新コンビ! 不完全燃焼でG1敗戦も「勝ちまであった」、春クラシックへ3週連続の権利取りなるかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. ジャンタルマンタル、NHKマイルC(G1)大本命に急浮上!? 川田将雅「素晴らしいレース」もう1頭の有力お手馬「鞍上未定」の裏事情
  2. 福永祐一厩舎「G1出走権獲得」に胸中複雑!? 皐月賞トライアル「ハナ差4着」で出走権逃した3日後に転厩決定
  3. 関東のホープが永島まなみ、藤田菜七子ら抑え「史上最多」注目レースV! 東西の名門厩舎からも騎乗依頼、「頼れる男」がいよいよカムバック
  4. 【皐月賞】パンサラッサ級「大暴走」でまさかの最下位…「力みが強かった」浜中俊も制御できず、メイショウタバルに抱いたファンの不安
  5. J.モレイラ「これからも楽しめる」ハクサンムーン弟が超出世レースを快勝! 7戦5勝「遅れてきた大物」が兄の果たせなかったG1制覇に王手!
  6. 【マイラーズC】2連敗中の川田将雅騎手×セリフォスのコンビ継続に疑問の声?「やっぱりレーンじゃなきゃ」「なぜ藤岡佑介を乗せない?」。一方、逆転を狙うノーマークの穴馬が急浮上!
  7. 【皐月賞】戸崎圭太「康太が後押し」ジャスティンミラノ無敗戴冠!「この馬と共にダービー勝って、いい景色を」5年前の“忘れ物”回収へ最高のスタート
  8. 【皐月賞】メイショウタバル「史上最速」タイムでシンガリ大惨敗…「ゲート入りに手間取った時に」父ゴールドシップの難しさが露呈?
  9. 【福島牝馬S(G3)展望】今年「50戦0勝」騎手が本命馬に騎乗!? リバティアイランドに迫った実力を示せるか
  10. 古川奈穂「重賞チャンス」3歳快速馬で圧巻の逃走V! 「最後も余裕がありました」矢作芳人厩舎「30.5%→21.8%」でも進む“親離れ”?