GJ > 競馬ニュース > 【皐月賞】レガレイラ「最有力」も世代レベルに疑問?混迷極まるクラシック戦線…期待高まる「無敗馬」2頭の存在
NEW

【皐月賞】レガレイラ「最有力」も世代レベルに疑問?混迷極まるクラシック戦線…期待高まる「無敗馬」2頭の存在

【皐月賞】レガレイラ「最有力」も世代レベルに疑問?混迷極まるクラシック戦線…期待高まる「無敗馬」2頭の存在の画像1
撮影:Ruriko.I

 最近よく耳にする4歳世代の低レベル疑惑。短距離路線では京都金杯(G3)をコレペティトール、シルクロードS(G3)をルガル、京都牝馬S(G3)をソーダズリングが制したように好調だが、古馬王道路線では苦戦が続いている。

 昨年の有馬記念(G1)でも皐月賞馬ソールオリエンスとダービー馬タスティエーラが古馬相手に力の差を見せつけられる完敗だった。当時から世代レベルに疑問符がついていた中、巻き返しを図った中山記念(G2)でソールオリエンスがまたもや敗戦。もはや疑惑から確信に変わりつつある状況だ。

 さらに先週の金鯱賞(G2)では、両馬に菊花賞(G1)で楽勝したドゥレッツァに注目が集まったものの、G1未勝利のプログノーシスに5馬身という決定的な差をつけられた。一部のファンから早くも近年で最弱と評する声すら出始めた。

世代レベルに疑問は4歳だけではなく3歳も?

 そんな4歳世代と同じく、春のクラシックを控える現3歳世代もまた層の薄さを懸念されている。

 昨年のホープフルS(G1)を制したレガレイラが頭一つ抜け出した状態だが、同レース2着のシンエンペラーが1勝クラス2着から出走したコスモキュランダに弥生賞ディープインパクト記念(G2)で完敗。さらに最優秀2歳牡馬ジャンタルマンタルも、今年の復帰初戦となった共同通信杯(G3)で新馬勝ちから連勝を決めたジャスティンミラノを前に不覚を取った。

 シンザン記念(G3)を優勝したノーブルロジャーはマイル路線に進む可能性が高く、京成杯(G3)を制したダノンデサイルも大物感があるのかと聞かれれば疑問。こういった状況を考えると、レガレイラの一強にも思えてくる。

「アイビーS(L)でレガレイラを負かしていたダノンエアズロックが、無敗のまま弥生賞を勝っていれば、勢力図の塗り替えに期待出来たのですが見せ場もなく7着に大敗。その後に骨折が判明したため、力負けではなかった可能性もあるとはいえ、クラシックを前に大きな不安を抱えました。

同レース2着のシンエンペラーも力のあるところは見せたものの、1勝クラスも勝っていなかったコスモキュランダに負けたのは痛恨です。そうなるとやはり無敗馬に期待したくなりますね」(競馬記者)

 今週末には皐月賞トライアルのスプリングS(G2)が行われるとはいえ、登録馬の顔触れを見渡しても、どれもこれも似たような力関係。それならいっそ若葉S(L)でニューヒーローの誕生に期待したい。

 ちなみに牡馬クラシック戦線で重賞勝ちのある無敗馬は、きさらぎ賞(G3)を制したビザンチンドリームと共同通信杯を制したジャスティンミラノの2頭。いずれも皐月賞へ直行するローテーションが発表されており、本番でも上位人気が予想される。

 混迷極まる今年の牡馬クラシック戦線。魅力的な新星の挑戦を受けて立つ女王レガレイラとの直接対決にも注目したい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【皐月賞】レガレイラ「最有力」も世代レベルに疑問?混迷極まるクラシック戦線…期待高まる「無敗馬」2頭の存在のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 関東のベテランに「電撃引退」の噂が急浮上?モチベーション低下に近年の風潮も関係…「ラスト騎乗」は皐月賞開催日の中山か
  2. 武豊、C.ルメール、川田将雅らも一度だけ! 急遽の代打・北村宏司に「最高級の栄誉」レガレイラ1番人気ならグレード制導入以降5度目の快挙
  3. ドウデュース、イクイノックスも「足をすくわれた」超難解レース…皐月賞(G1)春の中山最終日で馬場悪化?「激走必至の超強力穴馬!」
  4. 「長い距離は合います」C.ルメールも高評価の「長距離砲」が武豊と天皇賞・春へ! 皐月賞参戦レガレイラと「歴史的快挙」が一気に2つ見られる可能性?
  5. 【皐月賞】前走で失敗した武豊に「秘策」あり?エコロヴァルツは2枠3番、「ボクが長所を引き出せれば」「勝負になっていい」と虎視眈々
  6. 【皐月賞】M.デムーロ「クロフネに似ている」“化け物”の弟と芝G1制覇へ! 新たな「二刀流伝説」幕開けの予感?
  7. 【皐月賞】衝撃のルメール離脱でレガレイラ陣営がトーンダウン?一気に浮上した社台グループ“陰の主役”とは
  8. 「どうして自分ではダメなのか」降板告げた師匠に直訴…G1で乗り替わりが珍しくなかった時代、引退まで義理を貫いた名手が見せた恩返し
  9. 関東のベテランに「電撃引退」の噂が急浮上? 【桜花賞】武豊スウィープフィート4着善戦も!?  「ゲートに尻尾が挟まった?」2番人気が「大出遅れ」で…【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 皐月賞3頭出し矢作芳人厩舎の「期待度MAX」はシンエンペラーにあらず!?「決め手は世代トップクラス」秘密兵器導入の“2番手”に勝負気配