GJ > 競馬ニュース > ヨーホーレイク、ステラヴェローチェが「存在感」を十分に発揮!行方不明疑惑も囁かれた長休明けで好走…「エフフォーリア世代」の強さ証明
NEW

ヨーホーレイク、ステラヴェローチェが「存在感」を十分に発揮!行方不明疑惑も囁かれた長休明けで好走…「エフフォーリア世代」の強さ証明

ヨーホーレイク、ステラヴェローチェが「存在感」を十分に発揮!行方不明疑惑も囁かれた長休明けで好走…「エフフォーリア世代」の強さ証明の画像1

 10日に中京競馬場で行われた金鯱賞(G2)は、川田将雅騎手のプログノーシスが、昨年の菊花賞馬ドゥレッツァに5馬身差をつけて圧勝した。順調なら次走は昨年2着に敗れたクイーンエリザベス2世C(G1・4月28日、シャティン)で悲願の初G1獲りに挑むことになりそうだ。

エフフォーリア世代の実力馬たちが躍動

 年齢的な衰えも気になり始める6歳世代だが、プログノーシスを筆頭として同世代の馬が13頭の出走馬で5頭を占めていたように、まだまだ衰え知らず。3着にも同じ6歳馬であるヨーホーレイクが食い込んだことにも触れておきたい。

 本馬は2022年の日経新春杯(G2)を制して以来、競走馬にとって不治の病ともいわれる屈腱炎を克服して2年2ヶ月ぶりの実戦復帰。休養中の情報が表に出回ることも少なかったため、一部のファンから行方不明疑惑も囁かれた中での復活だった。

 ブランクが長かったこともあり、半信半疑でレースを見守ったファンも少なくなかっただろうが、使われた上積みを予感できる内容。改めてトップクラスの実力を証明してくれた。

 また、大楽勝を決めたプログノーシスだけでなく、現6歳世代の強さも浮き彫りとなった。無敗で皐月賞(G1)を制したエフフォーリア、日本ダービー(G1)でエフフォーリアとの死闘を制したシャフリヤールをはじめ、菊花賞(G1)や天皇賞・春(G1)を圧勝したタイトルホルダーもこの世代。金鯱賞で3着に好走したヨーホーレイクも皐月賞5着、ダービー7着の実績を持っていた。

 そして、このヨーホーレイクを上回る成績をクラシックで残していたのが、3日の大阪城S(L)で完全復活の雄叫びを上げたステラヴェローチェだ。

 こちらは2022年3月のドバイシーマクラシック(G1)で9着に敗れ、約1年7ヶ月ぶりの実戦復帰となった昨年10月の富士S(G2)を7着、ダートに転戦した武蔵野S(G3)を最下位に敗れてからの復活劇。いずれも実力は確かな馬たちだけに、これから始まる春のG1シーズンを大いに盛り上げてくれるだろう。

「古馬となった4歳世代ですが、短距離重賞こそ好調ながら王道路線で苦戦を続けている状況ですね。春の二冠を分け合ったソールオリエンス、タスティエーラが昨年の有馬記念(G1)で完敗したため、菊花賞で2頭に楽勝したドゥレッツァに大きな注目が集まったのも無理はありません。

ところがそのドゥレッツァがプログノーシスに5馬身も離されたのはショッキングな内容でした。これでは4歳世代のレベルが低いと評されても仕方がない状況。ただ内容的には着差ほど悪かった訳でもないと思います。次走の天皇賞・春での巻き返しに期待したいところです」(競馬記者)

 それにしても連覇を達成したプログノーシスの強さにはただただ驚かされた。この馬でさえ歯が立たなかったイクイノックスが異次元級の強さだったことは間違いないが、個人的には香港遠征よりも、盛り上がりに欠ける大阪杯(G1)に出て欲しい気もする。

 24日には高松宮記念(G1)を皮切りに春のG1シーズンがスタートし、その翌週にはドバイワールドカップデーも控えている。リバティアイランド、ドウデュースら現役トップクラスの馬たちの復帰も待ち遠しい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

ヨーホーレイク、ステラヴェローチェが「存在感」を十分に発揮!行方不明疑惑も囁かれた長休明けで好走…「エフフォーリア世代」の強さ証明のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「出禁」になったO.ペリエ「税金未払い」騒動!? L.デットーリ「コカイン使用」K.デザーモ「アルコール依存症」過去の”外国人騎手トラブル”に呆然……
  2. 「素行不良」で干された若手の更生に関西の大御所が名乗り! 福永祐一を担当した大物エージェントもバックアップ…関係者から「優遇され過ぎ」の声
  3. 目を掛けた愛弟子の「造反」に師匠がブチ切れ!? 今村聖奈、角田大河の謹慎中に存在感発揮も…安田記念前に師弟関係で遺恨勃発か
  4. 【青葉賞】武豊「ダービーに出さないといけない」キタサンブラック弟シュガークン出陣! 相性抜群レース完勝も、本番に不安材料?
  5. 【天皇賞・春(G1)】馬券圏内100%の激走で5万馬券的中!? 四位洋文が福永祐一に授けた「金言」とは… 11番人気2着スティッフェリオにあった鉄板級の法則
  6. 須貝尚介厩舎「重賞50連敗」ゴールドシップ、ソダシら手掛けた名門が苦戦…相次いだ誤算と見えてきた光明
  7. 横山武史「乗り替わり」の無念を晴らす重賞勝利に会心ガッツポーズ! 初のメイン勝ちなど大暴れ「妹弟子」の活躍も刺激に?
  8. 【マイラーズC】団野大成がソウルラッシュで代役V!安藤勝己氏、田原成貴氏も安田記念に好感触…「申し訳ない気持ちです」元主戦が悔やんだ2年前の大失態
  9. 【天皇賞・春】天才・福永洋一も嘆いた稀代のクセ馬「気まぐれジョージ」…ドゥレッツァら逃げ馬に注意を払いつつ今年狙うのは【東大式必勝馬券予想】
  10. 「ニューヒロイン候補」小林美駒が見せた著しい成長!リーディング争いに敗れても勝負強さでベテランを圧倒…女性騎手戦線に「新時代到来」の予感