GJ > 競馬ニュース > 【金鯱賞】C.ルメール「ぶん回しロス」に川田将雅のしたたかな計算?勝敗分けた道中のチラ見…ドゥレッツァ「5馬身差」完敗でも悲観ナシの裏事情
NEW

【金鯱賞】C.ルメール「ぶん回しロス」に川田将雅のしたたかな計算?勝敗分けた道中のチラ見…ドゥレッツァ「5馬身差」完敗でも悲観ナシの裏事情

【この記事のキーワード】, ,
【金鯱賞】C.ルメール「ぶん回しロス」に川田将雅のしたたかな計算?勝敗分けた道中のチラ見…ドゥレッツァ「5馬身差」完敗でも悲観ナシの裏事情の画像1
ドゥレッツァ 撮影:Ruriko.I

 10日、中京競馬場で行われた金鯱賞(G2)は、2番人気のプログノーシスが優勝し、昨年に続く連覇を達成した。近年の同レース連覇は、番組変更の関係でわずか3ヶ月後に再び優勝したヤマカツエース(2016年、17年)以来。これにより、タップダンスシチー(2003~05年)の持つ同レース3連覇に並ぶ偉業も視野に入る。

 もしかして昨年よりさらに強くなっているのではないか――。

 そう思わせるのも十分なプログノーシスのワンサイドゲームだった。2着に下した相手は昨年の菊花賞(G1)を楽勝したドゥレッツァ(牡4、美浦・尾関知人厩舎)。最も強い馬が勝つといわれるレースを制した4歳世代最強馬を5馬身も置き去りにしてしまった。

 皐月賞馬ソールオリエンス、ダービー馬タスティエーラが、昨年の有馬記念(G1)を揃って完敗していた4歳世代にとって、低レベル世代という汚名を返上するための最後の砦といえる存在がドゥレッツァでもあった。

低レベルと噂される4歳世代の最強馬がまさかの完敗

 しかし、世代最強馬がまだG1勝ちの実績を持たない相手になす術もなく敗れてしまった事実は大きい。

 勝ち馬プログノーシスはエフフォーリア、シャフリヤール、タイトルホルダーを輩出した6歳世代であり、世界最強馬イクイノックスや昨年の有馬記念で復活勝利を遂げたドウデュースは5歳世代。まだ3月半ばという時期ではあるものの、4歳世代の物足りなさを象徴するかのようなレースだった。

 その一方、プログノーシスに5馬身という決定的な差をつけられたとはいえ、ドゥレッツァの敗戦は、見た目の数字ほど悲観する必要はないかもしれない。

 というのも、2頭の進路取りで大きな明暗が分かれていたからだ。

 13頭立てで争われた芝2000m戦は、先手を主張したシーズンリッチがハナ。早めにこれを交わしたエアサージュが先頭を奪い、1000m通過が58秒4と流れた。これに対し、1番人気ドゥレッツァは出たなりの後方で2番人気プログノーシスもライバルをマークする格好で直後を追走する。この時点では人気を分け合った2頭のポジションに大きな差はなかった。

 しかし、1000m過ぎにプログノーシスの川田将雅騎手が、ドゥレッツァのC.ルメール騎手を翻弄する罠を仕掛けていた。あくまで結果論であることは承知の上で、「罠」という言葉がしっくりと来る決断だった。

「それまでドゥレッツァの外にいたプログノーシスですが、ここであえて内への進路切り替えを行っています。そこから並び掛けるようにポジションを押し上げると、最後の直線入り口では前にいたエアサージュとヨーホーレイクが横並びの状態。すぐ外で先にバテたシーズンリッチが下がって来てドゥレッツァの行き場がなくなりました。

行くところ行くところが壁になったライバルを尻目に、内からスルスルと抜け出したプログノーシスはエンジンに点火。外へ追いやられたルメール騎手がようやく進路を確保した頃には、川田騎手はワンテンポもツーテンポも先に追い出していました。勝負どころで最短距離を通れた勝ち馬とスムーズさを欠いたドゥレッツァに差がついたことは仕方なかったでしょう」(競馬記者)

 力の見劣る馬が外寄りを走っていたことは、ドゥレッツァのすぐ後ろにつけていた川田騎手も気付いていた可能性がある。隊列の出入りが激しくなる手前で内へと潜り込み、ルメール騎手に外の進路しか選べない状況を水面下で作り上げていた。

 実際にレースの映像を見直してみると、川田騎手が内を突いた際にルメール騎手もチラ見。これにはルメール騎手も「してやられた」と感じたのではないか。結果のみに注目すると5馬身差の大敗ではあるものの、レース後のルメール騎手のコメントに悲壮感がなかった点も納得がいく。

「向正面から途中どうしていこうかという形の中で、共に内側の進路を選択していきましたが、こちらは直線は内、相手は外へという形で~」

 レース後に会心の勝利をそう振り返った川田騎手のコメントからも“したたかな計算”が見え隠れする好騎乗だったが、敗れたルメール騎手は「最後も伸びていますし、今回は休み明けでしたから、次はG1で良い結果を出すことができると思います」と前向きな言葉で評していた。

 距離が1000m異なるとはいえ、大外枠から積極的に出していき、勝利を意識した菊花賞の騎乗と異なり、まずは休み明けの一戦で無難に試運転を終えたという印象。金鯱賞はあくまで休み明けのG2であって本番ではない。ルメール騎手としても、今日のところは川田騎手に一杯食わされた結果、外をぶん回すロスがあっただけで、目標とする天皇賞・春(G1)に不安はないといったところだろうか。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【金鯱賞】C.ルメール「ぶん回しロス」に川田将雅のしたたかな計算?勝敗分けた道中のチラ見…ドゥレッツァ「5馬身差」完敗でも悲観ナシの裏事情のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「出禁」になったO.ペリエ「税金未払い」騒動!? L.デットーリ「コカイン使用」K.デザーモ「アルコール依存症」過去の”外国人騎手トラブル”に呆然……
  2. 「素行不良」で干された若手の更生に関西の大御所が名乗り! 福永祐一を担当した大物エージェントもバックアップ…関係者から「優遇され過ぎ」の声
  3. 目を掛けた愛弟子の「造反」に師匠がブチ切れ!? 今村聖奈、角田大河の謹慎中に存在感発揮も…安田記念前に師弟関係で遺恨勃発か
  4. 【青葉賞】武豊「ダービーに出さないといけない」キタサンブラック弟シュガークン出陣! 相性抜群レース完勝も、本番に不安材料?
  5. 【天皇賞・春(G1)】馬券圏内100%の激走で5万馬券的中!? 四位洋文が福永祐一に授けた「金言」とは… 11番人気2着スティッフェリオにあった鉄板級の法則
  6. 須貝尚介厩舎「重賞50連敗」ゴールドシップ、ソダシら手掛けた名門が苦戦…相次いだ誤算と見えてきた光明
  7. 横山武史「乗り替わり」の無念を晴らす重賞勝利に会心ガッツポーズ! 初のメイン勝ちなど大暴れ「妹弟子」の活躍も刺激に?
  8. 【マイラーズC】団野大成がソウルラッシュで代役V!安藤勝己氏、田原成貴氏も安田記念に好感触…「申し訳ない気持ちです」元主戦が悔やんだ2年前の大失態
  9. 【天皇賞・春】天才・福永洋一も嘆いた稀代のクセ馬「気まぐれジョージ」…ドゥレッツァら逃げ馬に注意を払いつつ今年狙うのは【東大式必勝馬券予想】
  10. 「ニューヒロイン候補」小林美駒が見せた著しい成長!リーディング争いに敗れても勝負強さでベテランを圧倒…女性騎手戦線に「新時代到来」の予感