GJ > 競馬ニュース > 戸崎圭太「苦杯」を喫したオークス、ダービーの雪辱へ
NEW

戸崎圭太「苦杯」を喫したオークス、ダービーの雪辱へ。「もう一段上がる雰囲気がある」吉兆枠から狙う大金星

【この記事のキーワード】, ,
オークスとダービーで2着に敗れた戸崎圭太騎手 撮影:Ruriko.I
オークスとダービーで2着に敗れた戸崎圭太騎手 撮影:Ruriko.I

 今年のオークス(G1)と日本ダービー(G1)が先週末をもって終了。前者はチェルヴィニア、後者はダノンデサイルが制しそれぞれ最高の栄誉を手にした。

 一方で勝者がいれば当然、敗者もいる。中でも最も悔しい思いをしたといっても過言ではないのが戸崎圭太騎手だろう。

戸崎圭太騎手、2週連続で苦杯…

 ダービーでは一冠目の皐月賞(G1)をレコード勝ちしたジャスティンミラノに継続騎乗が早々に決定。二冠制覇が濃厚と目されていた。またオークスではJ.モレイラ騎手がブラジルに一時帰国した関係で、桜花賞馬ステレンボッシュの騎乗依頼が舞い込んだ。2頭ともに大本命馬であり、両レースを勝利した経験のない戸崎騎手はダブルで初制覇も期待された。

 当日は両馬ともに1番人気に推されることとなった。しかし、オークスでは最後の直線でインコースから伸びたものの、外からチェルヴィニアの強襲に遭い2着。逆にダービーでは9番人気の伏兵ダノンデサイルに内をすくわれてしまい、こちらも2着と敗れた。

 オークスの後は「前にもう1頭いた、という感じでした」と勝者を称えていた戸崎騎手だったが、ダービー後は「人気に応えられず申し訳ありませんでした」と、期待に応えられなかったことに無念のコメントを残した。

 ちなみに同騎手はダービーを「最も勝ちたいレース」と公言している。そんな競馬の祭典に初めて1番人気で臨んだのだが、チャンスをモノにできなかった。後日『競馬ラボ』に連載している『週刊 戸崎圭太』では「正直、レースを見直すまでは今回はまだまだ時間が掛かるんじゃないかなと思います……」と悔しい胸の内を吐露している。

 そんな無念の結果に終わった戸崎騎手だが、2日に行われる安田記念(G1、東京・芝1600m)では、奇しくもダービーで立ちはだかったダノンデサイルと同じダノックスの所有馬ダノンスコーピオン(牡5歳、栗東・福永祐一厩舎)に騎乗予定だ。

復活の気配を漂わせるダノンスコーピオン

復調気配のダノンスコーピオン 撮影:Ruriko.I
復調気配のダノンスコーピオン 撮影:Ruriko.I

 同馬は言わずと知れた一昨年のNHKマイルC(G1)覇者。しかし、その後は9連敗を喫しており、馬券圏内からも1年半以上遠ざかっている。またデビューから所属していた安田隆行厩舎が今春、定年で解散したため3月に開業した福永厩舎に移籍することとなった。

 ただ、転厩初戦となった前走の京王杯スプリングC(G2)では、久々にこの馬らしい切れ味をみせて4着。このときが初コンビだった戸崎騎手も「復調の兆しを感じましたし、これを使ってもう一段上がる雰囲気があります」と手応えを掴んだ様子。今回は距離が1ハロン延びて2年前に制したNHKマイルCと同じ舞台となる。

「前走で復活の兆しをみせたダノンスコーピオンは、その後も美浦に滞在し調整が進められてきました。安田記念の最終追い切りはウッドでラスト1ハロン10秒8の超抜時計をマーク。これには跨った福永師も『動きの質が上がっていて驚いた。期待以上だった』と、上昇度に太鼓判を押していましたよ」(競馬誌ライター)

 1日14時の段階で11番人気の低評価に留まっているダノンスコーピオンだが、大外18番枠はNHKマイルCを勝ったときと同じだ。ちなみに昨年、戸崎騎手がソングラインとのコンビで安田記念を制したときも18番枠だった。

 オークス、ダービーは苦杯をなめる結果となった戸崎騎手だが、ここ2週の借りを返すチャンスは残っていそうだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

戸崎圭太「苦杯」を喫したオークス、ダービーの雪辱へ。「もう一段上がる雰囲気がある」吉兆枠から狙う大金星のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「器用さが全くない」、川田将雅「時間が必要なタイプ」辛口評価は期待の裏返し!? 単勝1.3倍のスマートワイスがオープン入りに王手
  2. 宝塚記念に「匹敵」の豪華メンバー集結!?「スーパーG2」札幌記念にクラシックホース続々参戦、有力馬「分散」の懸念も
  3. 「意識しないといったら嘘になる」武豊の記録更新狙うも大敗…かつての大型新人・三浦皇成が13年間の「絶縁」を経て名門とメイン初勝利
  4. 【さきたま杯(G1)展望】ダート王・レモンポップ登場! 坂井瑠星「一番の敵は…」小回り適性でシャマル、イグナイターらに逆転の可能性あり
  5. 永島まなみ、川田将雅の1、2着馬を凌ぐ将来性!?「馬っぷり抜けてた」元JRA安藤勝己氏が高評価を与えた新星ホールネス
  6. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  7. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  8. 宝塚記念(G1)「大本命」武豊×ドウデュースも戦々恐々!? 昨年は世界No.1イクイノックスが「冷や汗もの」の勝利…C.ルメールが「最も戦いたくなかった」相手とは
  9. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  10. 武豊に替わって21歳4年目が大ブレイク! 2日続いた函館「タケ」祭り、1日4勝の永野猛蔵が開催リーディング争いに名乗り