GJ > 競馬ニュース > 「ブロードアピールを彷彿」最後方からゴボウ抜き!
NEW

「ブロードアピールを彷彿」最後方から15頭ゴボウ抜きにC.ルメールもガッツポーズ!「すごい加速だった」妹も先日重賞制覇で新星に浮上

東京競馬場
東京競馬場

 2日の安田記念(G1)はロマンチックウォリアーが優勝。最後の直線半ばで先頭に立つと、2着のナミュール以下を尻目に危なげなく押し切り。“香港最強馬”の貫禄を見せつける勝ちっぷりだった。

 また、東京競馬場ではロマンチックウォリアーが勝利する約40分前にも、度肝を抜くパフォーマンスで1着となった馬がいた。10RのタイキシャトルC(3勝クラス、ダート1400m)を制したバグラダス(牡4歳、美浦・嘉藤貴行厩舎)だ。

度肝を抜く勝ち方を決めたバグラダス

 同馬は一昨年の朝日杯フューチュリティS(G1)で5着があるものの、ここまで13戦3勝という成績。近4戦では2着と3着がそれぞれ2回ずつあり、先行するものの決め手を欠くレースが続いていた。

 今回は1枠1番から躓くようなスタートとなり、道中は16頭立ての最後方を追走したバグラダス。結果的にキャリアで初となる追い込みとなった。

バグラダスに騎乗したC.ルメール騎手 撮影:Ruriko.I
バグラダスに騎乗したC.ルメール騎手 撮影:Ruriko.I

 4コーナーを16番手で通過し、最後の直線に向いたところでも最後方。だが、鞍上のC.ルメール騎手が徐々に外に持ち出して進路を確保してゴーサインを出すと、まさに豪脚一閃。直線だけでライバル15頭をゴボウ抜きにした。

 レース上がりを約2秒も上回るラスト3ハロン34秒1は、もちろんメンバー最速。最後は2着に1馬身半差をつける完勝だった。

「この日のダートは重馬場だったこともあってか、ここまで行われたレース4つのうち2レースが逃げ切り勝ち。残る2つも4角で7番手以内にいた馬が勝利と、前目につけた馬に有利なコンディションでした。それをバグラダスはまさか4角16番手から差し切ってしまうとは……。

東京ダート1400mで勝ちタイムの1分21秒8も、フェブラリーS(G1)の覇者ノンコノユメが2018年の根岸S(G3)で叩き出したレコードとわずか0秒3差でした」(競馬記者)

 条件戦だったもののゴール後にはガッツポーズも披露したルメール騎手はレース後「外に出して前が開くと、凄い加速でした」とバグラダスと最後の脚を絶賛した。

 レース後のSNSやネット掲示板にも「あの位置から差し切るのか。強すぎ」「ブロードアピールを彷彿とさせる追い込み」「バグラダスがブロードアピールした!」「本当に強すぎる」と、強烈な末脚を武器に活躍した往年の名馬を引き合いに出して称賛する声も寄せられていた。

 ちなみにバグラダスは、先日の葵S(G3)をレースレコードタイで勝利した短距離界の新星ピューロマジックの兄となる。秋に向けて兄妹で楽しみな存在となりそうだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

「ブロードアピールを彷彿」最後方から15頭ゴボウ抜きにC.ルメールもガッツポーズ!「すごい加速だった」妹も先日重賞制覇で新星に浮上のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「器用さが全くない」、川田将雅「時間が必要なタイプ」辛口評価は期待の裏返し!? 単勝1.3倍のスマートワイスがオープン入りに王手
  2. 宝塚記念に「匹敵」の豪華メンバー集結!?「スーパーG2」札幌記念にクラシックホース続々参戦、有力馬「分散」の懸念も
  3. 「意識しないといったら嘘になる」武豊の記録更新狙うも大敗…かつての大型新人・三浦皇成が13年間の「絶縁」を経て名門とメイン初勝利
  4. 【さきたま杯(G1)展望】ダート王・レモンポップ登場! 坂井瑠星「一番の敵は…」小回り適性でシャマル、イグナイターらに逆転の可能性あり
  5. 永島まなみ、川田将雅の1、2着馬を凌ぐ将来性!?「馬っぷり抜けてた」元JRA安藤勝己氏が高評価を与えた新星ホールネス
  6. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  7. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  8. 宝塚記念(G1)「大本命」武豊×ドウデュースも戦々恐々!? 昨年は世界No.1イクイノックスが「冷や汗もの」の勝利…C.ルメールが「最も戦いたくなかった」相手とは
  9. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  10. 武豊に替わって21歳4年目が大ブレイク! 2日続いた函館「タケ」祭り、1日4勝の永野猛蔵が開催リーディング争いに名乗り