GJ > 競馬ニュース > C.ルメール騎手×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場!
NEW

C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」

【この記事のキーワード】, ,
騎乗機会11戦連続連対でJRA新記録のC.ルメール騎手 撮影:Ruriko.I
騎乗機会11戦連続連対でJRA新記録のC.ルメール騎手 撮影:Ruriko.I

 26日の東京4Rでアンパドゥ(牡3歳、美浦・木村哲也厩舎)に騎乗し1着となったC.ルメール騎手。これで騎乗機会11戦連続連対となり、自身が持っていた10戦連続連対を塗り替えるJRA新記録を樹立した。

 偉業をやってのけた同騎手は「やったー、信じられない」と歓喜のコメント。さらに「エージェント、厩舎のおかげでいい結果を出せました」と、関係者に感謝の言葉を述べていた。

 今年3月のドバイワールドカップデーで落馬し骨折などの重傷を負い、約1ヶ月間の休養を余儀なくされたルメール騎手。ただ復帰後はその影響を感じさせない手綱さばきで勝ち星を量産している。この勢いなら全国リーディングに返り咲くのも時間の問題だろう。

 また、ルメール騎手の騎乗も然ることながら、今回が初出走だったにもかかわらず、既走馬相手に完勝を決めたアンパドゥの走りも見事だった。

レガレイラと互角の動きを見せていたアンパドゥ

 イフラージ産駒の同馬は、近親に昨年のブリーダーズCマイル(米G1)などG1・3勝のマスターオブザシーズがいる血統だ。期待の良血であることはもちろんだが、実は初陣に向けてここ2週の追い切りも目を引いていた。

 というのも、アンパドゥはホープフルS(G1)勝ち馬であるレガレイラと併せ馬を行うと、食らいつく走りを披露。デビュー前だったにもかかわらず、日本ダービー(G1)でも5着に健闘する僚馬とほとんど互角の動きを見せていたのだ。

 その追い切りも評価されてか、レースでは1番人気の支持。芝1600mの一戦で道中は中団を追走。最後の直線で外に出されると、メンバー唯一の33秒台となる上がり3ハロン33秒6の末脚で先行勢を豪快に差し切った。

「最後の直線半ばでは、まだ先頭と距離があったため、ルメール騎手の記録もここでストップかと思いましたが、恐れ入りました。エンジンが掛かってからは、まさに次元が違う伸びで、このクラスでは力が一枚も二枚も抜けていましたね。体質が弱くてデビューこそ遅れましたが、これは楽しみな新星が現れましたよ」(競馬誌ライター)

 レース後にはルメール騎手も「直線は凄い脚で伸びた。上まで行ける馬」と、アンパドゥの実力と将来性を高評価していた。

 G1・6勝の実績を引っ提げて昨年引退したイクイノックスや、今年のオークス(G1)を制したチェルヴィニアと同じルメール騎手×木村厩舎タッグとなるアンパドゥ。遅れてきた大物の走りに今後も注目だ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 福永祐一絶賛「未完の大器」近親はダービー馬と同配合!「能力は高いですよ」期待の好素材がスピードの違いでデビューV
  2. 「17対3」の雪辱に燃える社台ファームが絶好調!ノーザンファームは宝塚記念に精鋭ズラリ…覇権をかけた直接対決が面白い
  3. C.ルメールと「確勝級」デビュー? 母はG1を2勝、叔母はグランプリ3連覇…宝塚記念前に期待の超良血が登場
  4. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  5. イクイノックスの母が制した9年前のマーメイドS! 勝利に導いた鞍上は藤岡康太…2着馬は宝塚記念で最強馬相手に大金星
  6. 武豊×福永祐一「注目タッグ」の好素材とC.ルメールの良血が激突! 宝塚記念「当日」の新馬戦は今年も見逃せない一戦
  7. シンザン記念1番人気に推された「良血」が復活V! 名牝エアグルーヴの孫が重賞に匹敵の好時計で快進撃の予感
  8. JRAマーメイドS、栗東トレセンから届いた福永祐一厩舎エーデルブルーメ「本当の評価」とは
  9. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  10. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬