GJ > 競馬ニュース > 「28連敗」の敏腕トレーナーに試練のトライアル
NEW

“ルメール依存症”が日本ダービーにも影響?春のG1シーズンで思わぬ誤算…「28連敗」の敏腕トレーナーに試練のトライアル

C.ルメール騎手 撮影:Ruriko.I
C.ルメール騎手 撮影:Ruriko.I

 関東の敏腕トレーナーの苦戦が続いている。

 3月序盤までに11勝を挙げた木村哲也厩舎だったが、9日の中山7R(3歳1勝クラス)の勝利を最後に28連敗。気が付けば約1ヶ月半もの間、勝ち星から遠ざかっている。

 また、この連敗が長引いた理由の一つとして、3月30日のドバイターフ(G1)で落馬負傷し、肋骨と鎖骨を骨折したC.ルメール騎手が戦列を離れたこともあるだろう。

 実は木村厩舎が今年ここまで挙げた11勝のうち10勝がルメール騎手とのコンビ(1勝は川田将雅騎手)。厩舎の屋台骨を支える名手の不在は、春のG1シーズンでも桜花賞(G1)のチェルヴィニアや皐月賞(G1)のレガレイラに鞍上問題として影を落とした。

ルメール不在が厩舎の不振に直結?

  “ルメール依存症”が取り沙汰される木村調教師としても、そろそろ何らかの対策を練りたいところだが、願ってもない朗報が届いたのが先日だ。

 19日に自身のアパレルブランド『CL by C.ルメール』の公式ホームページ内のブログでルメール騎手の「5月前半を目標に復帰を目指しています」というコメントが掲載。すでに日本に帰国したルメール騎手は、23日のインスタグラムにリハビリ中の動画を投稿しており、復帰に向けて順調な調整を進めているようだ。

「5月前半を目標」という言葉から、最速でNHKマイルC(G1)が開催される5月初週も想定されるものの、木村厩舎は今週末の青葉賞(G2)のことで頭がいっぱいかもしれない。

 何しろ、このレースにはクラシック候補として期待されるヘデントールとマーシャルポイントの2頭がスタンバイ。あわよくばワンツーフィニッシュを決めて日本ダービー(G1)に送り込みたいと考えているはずだ。

 ただ、皐月賞のレガレイラと同じく登録段階で騎乗予定騎手の名前はなし。鞍上が宙に浮いたままの状況となっているのである。ルメール騎手がいたならいずれかに騎乗したと考えられるものの、代役探しをする必要に迫られている。

「最低でも1頭は権利が欲しい素質馬です。特にヘデントールは昨年11月東京のデビュー戦でジャスティンミラノ相手に好戦している実力の持ち主。その後の中山で連勝しましたが、モノの違いを見せる強い内容でした。大物感のある馬だけに、ここでも楽勝するようならダービーでも人気の一角を占めるでしょう。

もう1頭のマーシャルポイントも潜在能力で引けを取らない期待馬です。昨年9月中山のデビュー戦こそミアネーロの2着に敗れましたが、フラワーC(G3)を勝った相手だけに悲観するほどでもありません。むしろ評価したいのは、東京の2連勝。前走のフリージア賞(1勝クラス)で2着に下したアドマイヤベルがフローラS(G2)を快勝と好メンバーが揃っていました」(競馬記者)

ダービー行きチケットを託す代役は誰になるのか

 記者がそう褒めたのも無理はない走りを見せた2頭だが、ヘデントールはここまで3戦すべてでルメール騎手が騎乗しており、マーシャルポイントも前走でルメール騎手が勝利に導いていた馬だ。

 図らずもいい馬に乗っているだけで勝っている訳ではないことを間接的に証明したルメール騎手の不在。一刻も早い名手の復帰を願っているのは、木村調教師だけでなく競馬ファンも同じだ。

 とはいえ、何としてでも出走させたい日本ダービー行きのチケットが懸かっている青葉賞だけに、25日の正式発表を待ちたい。ルメール騎手の代役に指名されるのは、はたしてどの騎手だろうか。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

“ルメール依存症”が日本ダービーにも影響?春のG1シーズンで思わぬ誤算…「28連敗」の敏腕トレーナーに試練のトライアルのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  2. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  3. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  4. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  5. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  7. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  8. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  9. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  10. 永島まなみ「夢のタッグ」がいよいよ実現! 先週は落馬で一瞬ヒヤリも…いざスウィープフィート乗り替わりのリベンジへ