GJ > 競馬ニュース > 安田記念で痛恨ミス? 「どん詰まり」に賛否分かれた直線の攻防
NEW

安田記念で痛恨ミス? 「どん詰まり」に賛否分かれた直線の攻防…安藤勝己氏「先着された馬達が強かったってだけ」

【この記事のキーワード】, ,
フェブラリーSに続いてガイアフォースに騎乗した長岡騎手 撮影:Ruriko.I
フェブラリーSに続いてガイアフォースに騎乗した長岡騎手 撮影:Ruriko.I

 先月のNHKマイルC(G1)で幕を開けた東京競馬場の5週連続G1開催。トリを飾ったのは春のマイル王を決める安田記念(G1)だった。

 同レースには香港から2頭の刺客も参戦。そのうちの1頭で、1番人気に支持されたロマンチックウォリアーが着差以上に強い内容でG1・8勝目を挙げた。

 半馬身差の2着には武豊騎手のナミュール、さらにハナ差の3着にJ.モレイラ騎手のソウルラッシュが入り、終わってみれば、1→4→2番人気の順当決着。上位の3頭はいずれも持っている力を出し切る悔いのないレースに見えた。

フェブラリーSに続く大きなチャンスをモノにできなかった人馬

 一方で、最後の直線でややスムーズさを欠いたように映ったのが、5番人気で4着に食い込んだガイアフォース(牡5歳、栗東・杉山晴紀厩舎)である。

 13年目の中堅、長岡禎仁騎手を背に五分のスタートを決めると、鞍上はやや手綱を押しながら先行する構えを見せた。しかし、行き脚がやや鈍く道中は中団やや前目の7~8番手という位置取り。ただ1枠2番を利してうまくインのポケットに収まると、4コーナーまでロスなく運ぶことに成功した。

 そして迎えた府中の長い直線。切れ味勝負では一線級のマイラーに劣るガイアフォースだけに、長岡騎手も早めのスパートを目論んでいたはずだ。

 ところが、前にいた先行馬がズラッと横に広がりなかなか進路が見つからない。ようやく長岡騎手の目の前に視界が広がったのは、直線半ばを迎えた残り250m付近だった。長岡騎手はそこから右ムチを1発2発と激しく連打したが、上位3頭との差を詰めることはできず。3着のソウルラッシュから1馬身差、昨年と同じ4着に敗れた。

「昨年の安田記念でも勝ち馬からコンマ2秒差の4着に入っていたように、今年のメンバーの中でも地力は上位だったと思います。ただフェブラリーS(G1)2着後に軽度の骨折があり、今回は3か月半の休み明け。その影響も微妙にあったのかもしれません。

また、長くいい脚を使うタイプの馬だけに、最後の直線でワンテンポ、ツーテンポ踏み遅れてしまったのは大きな痛手となってしまいましたね」(競馬誌ライター)

 実際、長岡騎手もレース後、「もう少し早くさばければ良かったのですが……」とコメント。「前が空いてからもよく脚を使ってくれた」と相棒に労いの言葉を残していただけに、やや悔いの残る騎乗だったのではないだろうか。

 その一方で元JRA騎手の安藤勝己氏はやや異なる見解を示していた。安藤氏はレース後、自身のXに「枠なりに立ち回って人馬で力は出しとる。先着された馬達が強かったってだけ」とポスト。遠回しに、100%の力を出したとしても、勝ち負けは厳しかったという見方をしていた。

 いずれにしても、人馬がフェブラリーSに続く大きなチャンスをモノにできなかったのは事実。今後のコンビ継続はまだ分からないが、これまでG1での掲示板率が80%(5回中4回が5着以内)を誇る長岡騎手だけに、もし次回もチャンスがあるようならリベンジに期待したい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

安田記念で痛恨ミス? 「どん詰まり」に賛否分かれた直線の攻防…安藤勝己氏「先着された馬達が強かったってだけ」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「器用さが全くない」、川田将雅「時間が必要なタイプ」辛口評価は期待の裏返し!? 単勝1.3倍のスマートワイスがオープン入りに王手
  2. 宝塚記念に「匹敵」の豪華メンバー集結!?「スーパーG2」札幌記念にクラシックホース続々参戦、有力馬「分散」の懸念も
  3. 「意識しないといったら嘘になる」武豊の記録更新狙うも大敗…かつての大型新人・三浦皇成が13年間の「絶縁」を経て名門とメイン初勝利
  4. 【さきたま杯(G1)展望】ダート王・レモンポップ登場! 坂井瑠星「一番の敵は…」小回り適性でシャマル、イグナイターらに逆転の可能性あり
  5. 永島まなみ、川田将雅の1、2着馬を凌ぐ将来性!?「馬っぷり抜けてた」元JRA安藤勝己氏が高評価を与えた新星ホールネス
  6. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  7. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  8. 宝塚記念(G1)「大本命」武豊×ドウデュースも戦々恐々!? 昨年は世界No.1イクイノックスが「冷や汗もの」の勝利…C.ルメールが「最も戦いたくなかった」相手とは
  9. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  10. 武豊に替わって21歳4年目が大ブレイク! 2日続いた函館「タケ」祭り、1日4勝の永野猛蔵が開催リーディング争いに名乗り