GJ > 競馬ニュース > 【安田記念特注馬】ダノンデサイルと同じVルートで戴冠に期待
NEW

三浦皇成でも西村淳也でも斎藤新でもない勝負師に期待!週末の天気も心配無用…ダノンデサイルと同じVルートで戴冠に期待【安田記念特注馬】

【この記事のキーワード】, ,
ガイアフォースにとっても勝負の一番 撮影:Ruriko.I
ガイアフォースにとっても勝負の一番 撮影:Ruriko.I

 1番人気に支持された2年前の菊花賞(G1)で8着に敗れたガイアフォース(牡5、栗東・杉山晴紀厩舎)。その後は中距離とマイルの両方を使われているものの、善戦止まりで勝利はつかめていない。

 今年はダートに矛先を転じてフェブラリーS(G1)に挑戦したが、11番人気の大穴ペプチドナイルの激走で2着に惜敗。現役トップクラスの実力を備えながら、あと一歩のところで戴冠を逃した。

菊花賞で1番人気に支持された素質馬に絶好チャンス

 そして今回は昨年4着に敗れた安田記念に再び参戦。同馬の素質を高く評価する陣営としても、そろそろ連敗に終止符を打ちたいところだ。

 また、前走に続いて手綱を取る長岡禎仁騎手にとっても絶好のチャンスとなりそう。長岡騎手以外にもJRA・G1未勝利は斎藤新騎手(カテドラル)、三浦皇成騎手(ウインカーネリアン)、西村淳也騎手(エルトンバローズ)の3人がいるものの、1枠1番のカテドラルは後方待機タイプ、6枠11番ウインカーネリアンや8枠16番エルトンバローズより先手を取りやすい1枠2番は好都合である。

 ダノンデサイルが優勝した先週の日本ダービー(G1)は、インピッタリにつけたVルートを味方につけたことも外枠を引いたジャスティンミラノと明暗を分けた。大ベテランがくれたヒントを生かして最短距離からの抜け出しを狙えそうだ。

「去年も4着に善戦していますが、スタートで後手を踏んで中団からの競馬。ペースも落ち着いて直線で一瞬の切れ味勝負になったのも痛かったです。その点、今年は周りに速い馬もいませんし、先手を主張したい馬もドーブネやウインカーネリアン程度でしょう。

これなら内の3番手4番手くらいは取れそうです。スピードの持続力が武器の馬ですから早めの抜け出しでセーフティリードを取りたいですね。今週の追い切りも稍重の栗東の坂路を力強く駆け上がって好時計をマーク。人気も手頃な穴評価で配当的な妙味もじゅうぶんありますね」(競馬記者)

初G1制覇を成し遂げた津村騎手に続けるか

チャンス十分の長岡禎仁騎手 撮影:Ruriko.I
チャンス十分の長岡禎仁騎手 撮影:Ruriko.I

 鞍上の長岡騎手もなかなか恵まれないチャンスに気合が入る。少し地味な存在ではあるものの、2020年のフェブラリーSで16頭中の最低人気ケイティブレイブを2着に持ってきた手腕は確か。これまで4度の騎乗機会のあったG1で2着2回なら上々。下り坂予報が出ている週末の天気も、芝ダート兼用のガイアフォースなら問題ないはずだ。

 安田記念の特注馬として指名するには、申し分のない1頭といえるのではないか。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

三浦皇成でも西村淳也でも斎藤新でもない勝負師に期待!週末の天気も心配無用…ダノンデサイルと同じVルートで戴冠に期待【安田記念特注馬】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「器用さが全くない」、川田将雅「時間が必要なタイプ」辛口評価は期待の裏返し!? 単勝1.3倍のスマートワイスがオープン入りに王手
  2. 宝塚記念に「匹敵」の豪華メンバー集結!?「スーパーG2」札幌記念にクラシックホース続々参戦、有力馬「分散」の懸念も
  3. 「意識しないといったら嘘になる」武豊の記録更新狙うも大敗…かつての大型新人・三浦皇成が13年間の「絶縁」を経て名門とメイン初勝利
  4. 【さきたま杯(G1)展望】ダート王・レモンポップ登場! 坂井瑠星「一番の敵は…」小回り適性でシャマル、イグナイターらに逆転の可能性あり
  5. 福永祐一絶賛「未完の大器」近親はダービー馬と同配合!「能力は高いですよ」期待の好素材がスピードの違いでデビューV
  6. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  7. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  8. 永島まなみ、川田将雅の1、2着馬を凌ぐ将来性!?「馬っぷり抜けてた」元JRA安藤勝己氏が高評価を与えた新星ホールネス
  9. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  10. 武豊、横山武史が函館参戦の裏で「JRAの事情聴取」も関係?注目若手騎手の「グレーゾーン疑惑」がひっそりと決着