GJ > 競馬ニュース > C.ルメールと「確勝級」デビュー?
NEW

C.ルメールと「確勝級」デビュー? 母はG1を2勝、叔母はグランプリ3連覇…宝塚記念前に期待の超良血が登場

 

ノームコア『競馬つらつら』より

※ノームコア/『競馬つらつら』より

 23日に開催を控える宝塚記念(G1)。登録は13頭とやや少ないものの、昨年の有馬記念(G1)とグランプリ連覇のかかるドウデュース、C.ルメール騎手とのコンビで4戦無敗の好相性を誇るジャスティンパレス、大阪杯(G1)を制して勢いのあるベラジオオペラなど楽しみな顔触れが揃った。

 上半期を締めくくる夏のグランプリに注目が集まる中、今週末の土曜東京5Rの2歳新馬(芝1600m)で楽しみな1頭がデビューを予定している。

宝塚記念前にグランプリと縁のある超良血馬がデビュー

 それがシルバーレイン(牡2、美浦・萩原清厩舎)だ。

 本馬の母ノームコアは、2019年のヴィクトリアマイル(G1)をD.レーン騎手とのコンビで制覇。20年の香港C(G1)はZ.パートン騎手が勝利に導き、有終のラストランを飾った名牝である。

 また母の妹クロノジェネシスは、グランアレグリア、ラヴズオンリーユーと牝馬三冠を分け合う活躍。古馬になって本格化を迎えると、宝塚記念(20年)→有馬記念(20年)→宝塚記念(21年)とグランプリレースを3連覇の偉業を達成した。これは牝馬として史上初の快挙となった。

 母系だけでも超良血といえるシルバーレインだが、父であるエピファネイア産駒の好調ぶりも見逃せない。かつては古馬になって重賞で好走する馬が少なかったこともあり、「早熟種牡馬」と囁かれることもあったが、近年はそういった疑惑を払拭するかのように古馬重賞で勝利を挙げるケースも増えてきた。

 今年は特に顕著で、日経新春杯(G2)をブローザホーン、小倉大賞典(G3)をエピファニーといった5歳世代が優勝しただけでなく、6歳牝馬テンハッピーローズがヴィクトリアマイルを優勝。もはや風評被害は過去のものとなったに等しいだろう。

ルメール騎手騎乗なら鬼に金棒?
ルメール騎手騎乗なら鬼に金棒?

 そしてデビュー戦の手綱を任されるC.ルメール騎手は、ドバイの落馬負傷から復帰後に無双状態といえるほどハイペースで勝ち星を量産。自身が戦列を離れている間にリーディングの座を川田将雅騎手に明け渡したが、既にライバルを1勝差まで追い詰める猛チャージを見せている。

「陣営は調教で速いタイムが出ていないと気にしていましたが、1週前に美浦のウッドで6ハロン83秒8-ラスト11秒8をマーク。今週の追い切りでも坂路で4ハロン53秒9-ラスト12秒5と悪くない動きを見せています。徐々に臨戦態勢が整ってきた印象です。

強敵となりそうなのは戸崎圭太騎手とのコンビを予定している宮田敬介厩舎のドゥカートでしょう。こちらは中間の追い切りで11秒台前半を出しているように末脚が切れそうなタイプ。どちらもマイルから中距離が合いそうな血統ですね」(競馬記者)

 名牝の血が流れる母系、春クラシックで桜花賞(G1)をステレンボッシュ、日本ダービー(G1)をダノンデサイルが制した父エピファネイア、そこへきて東京名人といえるルメール騎手が鞍上にスタンバイするシルバーレイン。これはもう“確勝級”のデビュー戦といっても過言ではない?

C.ルメールと「確勝級」デビュー? 母はG1を2勝、叔母はグランプリ3連覇…宝塚記念前に期待の超良血が登場のページです。GJは、競馬、の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  2. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  3. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  4. サトノカルナバル重賞制覇で「ドウデュース弟」の期待値も上昇? 一昨年スタートした「新型セール」は初年度から重賞ウイナー輩出
  5. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  6. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  7. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  8. 「レベルが違う」「楽勝する」新種牡馬の産駒を調教師が大絶賛!兄はサウジダービーにも挑戦、「超大物候補」のデビューに注目
  9. 水沼元輝「異例」9ヶ月間の騎乗停止…後輩を殴打に道路交通法違反、他の騎手も過去には重い処分
  10. キタサンブラック産駒を超高価格で落札「謎の購買者」が2年連続で話題に? 昨年の落札馬は「有名オーナー」の名義に