GJ > 競馬ニュース > 「汚名返上」を期す団野大成が目指す飛躍の秋!姉にクロノジェネシス、ノームコア…良血クラシック候補が最後方から一刀両断
NEW

「汚名返上」を期す団野大成が目指す飛躍の秋!姉にクロノジェネシス、ノームコア…良血クラシック候補が最後方から一刀両断

「汚名返上」を期す団野大成が目指す飛躍の秋!姉にクロノジェネシス、ノームコア…良血クラシック候補が最後方から一刀両断の画像1

 場内は平場戦とは思えない、ちょっとしたざわめきが起こった。

 当事者となったのは、9日の土曜阪神7Rを快勝したアースクロニクル(牝3歳、栗東・斉藤崇史厩舎)だ。

 開幕週の阪神は絶好の馬場状態。芝のレースでは、当然ながら逃げ先行勢に有利な展開だったのだが、アースクロニクルは4コーナー最後方から前を行く8頭をゴボウ抜きするという離れ業を披露した。

 3コーナーを過ぎたあたりから鞍上が促すもなかなかエンジンはかからない。残り200mのハロン棒に差し掛かってもほぼ最後方、レースを見ていた大半のファンも「こんなところから届くはずがない」と感じたのではないだろうか。

 しかし、そんな諦めムード濃厚な中でスイッチが入ると、そこからが圧巻の走り。上がり3ハロン33秒の鬼脚で前にいた馬を一刀両断の如く交わしてしまったのだ。

「汚名返上」を期す団野大成が目指す飛躍の秋!姉にクロノジェネシス、ノームコア…良血クラシック候補が最後方から一刀両断の画像2
団野大成騎手 撮影:Ruriko.I

 鞍上の団野大成騎手も「まだ精神面に課題はありますが、最後方から差し切ってくれたように能力は高い馬です」と振り返っていたように、改めてポテンシャルの高さを認識しただろう。前走の5着から圧巻のパフォーマンスで巻き返しに成功した。

 父は晩成タイプのモーリス、母はクロノロジストという血統からも将来を期待したくなる。

 母の代表産駒には、牝馬でグランプリ3連覇を達成した名牝クロノジェネシス、G1・2勝をあげたノームコアなどがいる。古馬になってから大成した姉を持つアースクロニクルが早い段階から能力の片鱗を見せたことで、より一層期待が膨らんだ。

 デビューから3戦、手綱を任されてきた団野騎手にとっても、クラシックを意識したくなるパートナーだろう。

「汚名返上」を期す団野大成騎手が目指す飛躍の秋!

 成長著しい若手の有望株は、今年の高松宮記念(G1)を12番人気のファストフォースで制し、G1ジョッキーの仲間入り。夏競馬でもCBC賞(G3)と北九州記念(G3)をジャスパークローネとのコンビで連勝した。

 ただ、そんな団野騎手も宝塚記念(G1)では、無念の降板劇を経験した。自厩舎のG1馬、ジェラルディーナへの騎乗が一度は発表されながら、急きょ、武豊騎手への乗り替わりとなってしまったのだ

 こちらについては、団野騎手がたびたび朝の調教に遅刻、師である斉藤崇調教師の逆鱗に触れたのが降板の理由とされている。勿論、本人も十分に反省しただろう。その甲斐もあってかオールカマー(G2)での新コンビが発表されている。可愛がってきた愛弟子にもう一度チャンスを与えようという師匠の温情采配かもしれない。

 さらなるステップアップを見据える団野騎手としては、素質馬アースクロニクルとジェラルディーナに騎乗するチャンス。トップジョッキーへの足掛かりとするためにも力が入るはずだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

「汚名返上」を期す団野大成が目指す飛躍の秋!姉にクロノジェネシス、ノームコア…良血クラシック候補が最後方から一刀両断のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 「怪物候補」に早くもイクイノックス二世の声!?鞍上はドゥラメンテ、スターズオンアースで無念の降板…「7馬身差」より際立った加速と爆発力
  3. 【アイビスSD】“新婚”藤田菜七子騎手が得意の千直でビッグチャンス!超穴馬マウンテンムスメが大波乱を演出か?
  4. 「G1・3勝」の名牝も彷彿? 武豊&ナムラローズマリーが3連勝達成!「力もスピードもある」北海道で急上昇の短距離牝馬
  5. 「計224歳」横山典弘、武豊、柴田善臣、小牧太の爺祭り!?小倉、札幌、福島で大活躍…ラストライドの名手は「131万馬券」で有終の美
  6. 小牧太「JRAラストライド」は12番人気V!「好判断」の連続がこの日唯一の100万馬券もたらす
  7. 福永祐一厩舎「良血2歳馬」が仕切り直しのデビュー戦! 川田将雅が騎乗する「同期」の血統馬がライバル?
  8. 「ドゥラメンテ×フランケル」良血2歳馬がレコードV!パドックで放馬もなんの「矢作厩舎×DMMドリームクラブ」から新たな大物候補が誕生
  9. ヤマニンウルスに次ぐ2位の好タイムで「6馬身差」圧勝劇! 新たな怪物候補の登場に横山武史「大きなところも狙える」
  10. 「伝説の朝日杯」から新たな重賞ウイナーが誕生! ドウデュースはじめG1馬が4頭…遅れてきた「好素材」が初タイトル