GJ > 競馬ニュース > 宝塚記念ウィークはライバルと直接対決
NEW

C.ルメール「16鞍中14鞍」1番人気もリーディング奪取はお預け…宝塚記念ウィークはライバルと直接対決

【この記事のキーワード】,
ルメール騎手のリーディング返り咲きはあるか 撮影:Ruriko.I
ルメール騎手のリーディング返り咲きはあるか 撮影:Ruriko.I

 NHKマイルC(G1)の行われた5月5日にドバイの落馬負傷から復帰したC.ルメール騎手は、現在ハイペースで勝ち星を量産中。自身が戦列を離れている間にリーディングの座を川田将雅騎手に明け渡したが、ライバルを上回る快進撃で射程圏に捉える位置まで復活を遂げている。

 ただ当然ながら王座防衛に燃える川田騎手も意地を見せる。背後から忍び寄る足音は日ごとに大きくなりつつあるが、2週前に1勝差まで詰め寄られたものの、先週末の開催でもリードをキープ。逆転阻止に成功している。

ライバル2人の直接対決の行方は?

 その一方で、先週末のルメール騎手が小休止したのも事実。土日の東京で16鞍に騎乗して4勝と悪くない成績を残したが、勝率では25.0%にとどまった。これだけでも十分に好成績といえるのだが、ここ1ヶ月近くは2回に1回勝っているペースだったことを考えると減速したともいえるだろう。

 というのも得意の東京開催で16鞍中14鞍が1番人気、残り2鞍も2番人気という超豪華なラインアップだったからである。これには「ルメール人気」も多分に含まれていると考えられるが、ルメール騎手としては物足りなさを感じたのも確かだ。

 また、川田騎手にとって好都合なのは、宝塚記念(G1)の後にルメール騎手が夏休みを予定している点。仮に今週末の開催で“定位置”への返り咲きを許したとしても、ルメール騎手が不在の間に再び王座を奪還するチャンスは十分にある。

「ルメール騎手自身がリーディングジョッキーにそれほどこだわりを持っていなさそうなことも大きいですね。本人はむしろ家族と過ごす時間やリフレッシュに重きを置いている印象です。むしろそういったハンデをもらいながらも、ルメール騎手にリーディングを奪われている日本人騎手の踏ん張りに期待したいです」(競馬記者)

 今年は夏休みが終わった後、北海道でなく新潟を拠点に騎乗予定のルメール騎手。ノーザンファームも全面的なバックアップを予定しているという話も聞いている。おそらく期待の2歳新馬たちがスタンバイしているはずだ。

 川田騎手もこのまま逆転を許すことなく、ルメール騎手の夏休みの間に首位固めをしておきたいところ。今週末は京都で直接対決が控えているだけに正念場となりそうだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

C.ルメール「16鞍中14鞍」1番人気もリーディング奪取はお預け…宝塚記念ウィークはライバルと直接対決のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  2. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  3. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  4. サトノカルナバル重賞制覇で「ドウデュース弟」の期待値も上昇? 一昨年スタートした「新型セール」は初年度から重賞ウイナー輩出
  5. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  6. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  7. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  8. 「レベルが違う」「楽勝する」新種牡馬の産駒を調教師が大絶賛!兄はサウジダービーにも挑戦、「超大物候補」のデビューに注目
  9. 水沼元輝「異例」9ヶ月間の騎乗停止…後輩を殴打に道路交通法違反、他の騎手も過去には重い処分
  10. キタサンブラック産駒を超高価格で落札「謎の購買者」が2年連続で話題に? 昨年の落札馬は「有名オーナー」の名義に