GJ > 競馬ニュース > 宝塚記念(G1)で注目したい道悪巧者
NEW

「警報級大雨のち傘マーク」はドウデュースに試練? 「重馬場濃厚」の宝塚記念(G1)で注目したい道悪巧者

【この記事のキーワード】, ,
画像はイメージ
画像はイメージ

 6月も下旬に差し掛かり、ようやく梅雨入りが近づいてきた。平年は6月上旬に梅雨入りとなる近畿~関東甲信地方だが、今年は異例の遅さとなっている。

 しかし、今週末に宝塚記念(G1)が行われる京都では、今週火曜日に50ミリを超える“警報級”の大雨を記録。水曜日から金曜日にかけて晴れの予報となっているが、土曜日以降は一転、ズラッと傘マークが並んでいる。近畿では週末に梅雨入りを迎えることになりそうだ。

 その週末は土日ともに90%(19日現在)の降水確率で、宝塚記念は道悪での開催も予想される。

 1番人気が予想されるドウデュース(牡5歳、栗東・友道康夫厩舎)は、国内の10戦すべてを良馬場で走っている。道悪は3歳秋に遠征したフランスで2度経験しているが、どちらも凡走。特に極悪馬場となった凱旋門賞(仏G1)は勝ち馬から8秒7差のブービー19着に大敗している。

 ただ同じ道悪といっても日本とフランスでは比較が難しいところだが、これまでの走りからも、時計のかかる馬場でパフォーマンスを上げるイメージは湧かない。いずれにしても陣営とすれば、できるだけ良馬場に近い条件での開催を望んでいるだろう。武豊騎手とドウデュースにとって、馬場状態の悪化は思わぬ試練となるかもしれない。

馬場悪化を味方につけられそうな3頭とは

 一方で馬場悪化を味方につけられそうな馬も何頭かいる。

 まずは、昨年の皐月賞(G1)を無傷の3連勝で制したソールオリエンス(牡4歳、美浦・手塚貴久厩舎)。日本ダービー(G1)で2着に惜敗して以降は6連敗中で、年長馬との対戦となった近3走はすべて馬券圏外といいところがない。

昨年の皐月賞馬ソールオリエンス 撮影:Ruriko.I
昨年の皐月賞馬ソールオリエンス 撮影:Ruriko.I

 4歳世代“低レベル説”の代表的な存在となってしまっているが、道悪なら話は別。直線一気の末脚で突き抜けた皐月賞の走りを再現するとすれば、今回の舞台しかない。

 陣営も「(状態は)春2戦よりもいい」「雨はいいと思う」とコメントしており、状態的にも、舞台適性もソールオリエンスには追い風が吹いている。

 大阪杯(G1)6着から巻き返しを期すプラダリア(牡5歳、栗東・池添学厩舎)も道悪歓迎の1頭だ。重馬場ではこれまで2戦2勝で、3歳時の未勝利戦と昨秋の京都大賞典(G2)を制している。瞬発力勝負では分が悪いが、上がりのかかる競馬になればG1でも引けをとらない。鞍上がグランプリ男の池添謙一騎手という点も大きな魅力だ。

 スタミナ勝負になればディープボンド(牡7歳、栗東・大久保龍志厩舎)も浮上する。これまで重馬場では「1-0-2-2」という成績だが、2度の着外はどちらも凱旋門賞だった。国内では道悪で崩れておらず、逃げ先行馬がほぼ皆無というメンバー構成も味方してくれそう。ここでシルバーコレクターを脱してもおかしくはない。

 今年の宝塚記念で天を味方につけるのは、どの陣営になるのか。上半期を締めくくるドリームレースの足音が近づいている。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

「警報級大雨のち傘マーク」はドウデュースに試練? 「重馬場濃厚」の宝塚記念(G1)で注目したい道悪巧者のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  2. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  3. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  4. サトノカルナバル重賞制覇で「ドウデュース弟」の期待値も上昇? 一昨年スタートした「新型セール」は初年度から重賞ウイナー輩出
  5. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  6. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  7. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  8. 「レベルが違う」「楽勝する」新種牡馬の産駒を調教師が大絶賛!兄はサウジダービーにも挑戦、「超大物候補」のデビューに注目
  9. 水沼元輝「異例」9ヶ月間の騎乗停止…後輩を殴打に道路交通法違反、他の騎手も過去には重い処分
  10. キタサンブラック産駒を超高価格で落札「謎の購買者」が2年連続で話題に? 昨年の落札馬は「有名オーナー」の名義に