GJ > 競馬ニュース > 今年の宝塚記念「極上穴馬2頭」
NEW

武豊×ディープインパクト凱旋門賞「壮行会」が大荒れ!? 単勝1.1倍勝利も、まさかのお宝馬券…急浮上した今年の宝塚記念「厳選馬2頭」

【この記事のキーワード】, ,
ドウデュースと武豊騎手
ドウデュースと武豊騎手 撮影:Ruriko.I

18年ぶりの京都開催で歴史は繰り返す?

 23日に開催を控える春のグランプリ・宝塚記念(G1)だが、今年の大きなポイントは何と言っても18年ぶりに京都競馬場で開催されることだろう。

 舞台は同じ芝・2200mだが、最後の直線の長さは例年の阪神内回りが約357mである事に対して、京都外回りは約403m。約50m差の影響の大きさは多くの競馬ファンが知るところであり、さらに今年の宝塚記念はゴール前の勝負どころで坂がない。手持ちの資料が役に立たないデータ派は、今頃頭を悩ませているはずだ。

 ちなみに前回、京都で宝塚記念が行われたのは2006年。秋に日本を代表して凱旋門賞(仏G1)に挑む武豊騎手とディープインパクトの“壮行会”のようなレースだった。

 レースはディープインパクトが4馬身差の圧勝。京都競馬場は、すでに社会現象となっていたスーパーホースの強さを目の当たりにしたファンの大歓声で溢れたが、その一方で三連単は単勝1.1倍の大本命が勝利したにもかかわらず4万3850円の“高配当”となった。

 波乱の主役となったのは13頭中10番人気のナリタセンチュリー(2着)、そして9番人気のバランスオブゲーム(3着)だ。

 前者ナリタセンチュリーは昨年の京都大賞典(G2)を勝利し、今年の京都記念(G2)も勝つなど現役でも屈指の京都巧者。京都開催を大きな味方につけた激走だった。また、後者バランスオブゲームは関東馬ということもあって京都実績こそマイルCS(G1)の4着がある程度だったが、通算重賞7勝の内6勝が非根幹距離(1200、1600、2000、2400mといった競馬の根幹距離の間)と、2200mは絶好の舞台だった。

 今年の宝塚記念はどこか、この2006年に似ていなくはないだろうか。

京都開催、武豊が1番人気、凱旋門賞への壮行会、13頭立て…

 単純に18年ぶりの京都開催も然ることながら、おそらく1番人気になるのはディープインパクトの主戦でもあった武豊騎手のドウデュースだろう。

 昨年の有馬記念(G1)を勝った際、「来年もう1回行こう、フランス行こう」と興奮気味に語っていたように、武豊騎手はドウデュースとの凱旋門賞挑戦を熱望している。オーナーであるキーファーズとの関係を踏まえても、今年の宝塚記念が欧州挑戦の“壮行会”になる可能性は十分にあるはずだ。

 また、JRAが公開した今年の宝塚記念の特別登録馬は13頭。奇しくも2006年も13頭立てだった。仮にドウデュースが第2のディープインパクトなら、第2のナリタセンチュリー、バランスオブゲームを見つけて好配当にありつけないだろうか。

第2のナリタセンチュリー、バランスオブゲームを探せ!

プラダリア
プラダリア 撮影:Ruriko.I

 浮上するのはプラダリアだ。昨年の京都大賞典を制し、今年の京都記念も勝利という点はナリタセンチュリーと同じ。18年ぶりの京都開催を最も喜んでいるのは、この馬かもしれない。前年6着から、さらなる前進が見込めるはずだ。

 残念ながら、今年の登録馬に第2のバランスオブゲームになり得る非根幹巧者は見当たらない。ならばアプローチを変えて、本馬が「逃げ粘っての3着」だったことに注目したい。先週京都で行われたマーメイドS(G3)でも、アリスヴェリテが大逃げを決めたばかりだ。

 今年の登録馬に生粋の逃げ馬はいないが、実はバランスオブゲームも29戦のキャリアでハナに立ったのは3度しかなかった。ただし、ハナに立った3回は弥生賞(G2)1着、中山記念(G2)1着、そして宝塚記念の3着と抜群の成績。各馬の出方を見極めた陣営の緻密な作戦がなければ、この結果は出ないだろう。

 その上で、第2のバランスオブゲームとして期待したいのがローシャムパークだ。

ローシャムパーク
ローシャムパーク 撮影:Ruriko.I

 これまで逃げた経験はないが、前走の大阪杯では後方から早めの進出で2着に食い込んだように、流れに応じて動けるのが強み。生粋の逃げ馬が不在となる今回のメンバーなら、早めに動くことが大きなアドバンテージに繋がる可能性は高く、3~4コーナーに下り坂のある京都外回りは、まくりが決まりやすいコースだ。前走と同じ戸崎圭太騎手が騎乗することも頼もしい。

 果たして、18年ぶりの京都開催で歴史は繰り返すのか。ドウデュース→プラダリア→ローシャムパークの三連単1点を熱く握りしめて応援したい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

武豊×ディープインパクト凱旋門賞「壮行会」が大荒れ!? 単勝1.1倍勝利も、まさかのお宝馬券…急浮上した今年の宝塚記念「厳選馬2頭」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  2. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  3. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  4. サトノカルナバル重賞制覇で「ドウデュース弟」の期待値も上昇? 一昨年スタートした「新型セール」は初年度から重賞ウイナー輩出
  5. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  6. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  7. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  8. 「レベルが違う」「楽勝する」新種牡馬の産駒を調教師が大絶賛!兄はサウジダービーにも挑戦、「超大物候補」のデビューに注目
  9. 水沼元輝「異例」9ヶ月間の騎乗停止…後輩を殴打に道路交通法違反、他の騎手も過去には重い処分
  10. キタサンブラック産駒を超高価格で落札「謎の購買者」が2年連続で話題に? 昨年の落札馬は「有名オーナー」の名義に