GJ > 競馬ニュース > 人気種牡馬「早熟」イメージ完全払拭へ
NEW

ブローザホーン「牡馬初」古馬でG1制覇! 人気種牡馬の「早熟」イメージ完全払拭へ

【この記事のキーワード】, ,
画像はイメージ
画像はイメージ

同世代のダービー馬・ドウデュースを下して優勝!

 今年の宝塚記念(G1)は3番人気の支持を受けたブローザホーン(牡5歳、栗東・吉岡辰弥厩舎)が優勝。最後方付近からレースを進め直線は大外から脚を伸ばすと、最後は2着ソールオリエンスに2馬身差をつける完勝だった。

 これが初のG1制覇となったブローザホーンは、ドウデュースや昨年引退したイクイノックスと同じ5歳世代。同期2頭が一昨年5月の日本ダービー(G1)で死闘を繰り広げた同時期、ブローザホーンは未勝利戦すら勝ち上がることができずにいた。

 ただ、3歳6月に初勝利を挙げると、そこから1年足らずでオープンまで出世を果たす。5歳となった今年初戦の日経新春杯(G2)で重賞初勝利。初のG1挑戦となった4月の天皇賞・春(G1)でも2着に好走していた。

 そして今回の宝塚記念で、ついにビッグタイトルを獲得。クラシックにまったく縁のなかった馬が、世代の頂点に立ったドウデュースなどを下しての戴冠となった。年内は国内に専念するとのことで、秋の古馬王道路線も大いに盛り上げてくれそうだ。

 また、ブローザホーンはエピファネイア産駒の牡馬として、初めて古馬でG1を制した馬となった。

一部で「早熟」とも囁かれていたエピファネイア産駒

エピファネイア産駒の1頭エフフォーリア 撮影:Ruriko.I
エピファネイア産駒の1頭エフフォーリア 撮影:Ruriko.I

 名牝シーザリオの仔で現役時代にG1・2勝を挙げたエピファネイアといえば、種牡馬入り後も初年度産駒から無敗で牝馬三冠を制したデアリングタクトを輩出。2世代目からも年度代表馬に輝くエフフォーリアが現れるなど、一気に人気種牡馬の仲間入りを果たした。

 しかし、上記2頭は古馬になると白星を1つも挙げられず引退となる。他の産駒たちも2、3歳時に比べて古馬になるとやや勢いに陰りが見られる傾向もあり、一部ファンの間でエピファネイア産駒は「早熟」などと囁かれることとなる。

 ただ近年は、一昨年10月の府中牝馬S(G2)をイズジョーノキセキが5歳にして制すると、昨年6月のエプソムC(G3)も当時5歳だったジャスティンカフェが優勝するなど、古馬での活躍馬も徐々に目立つようになる。

 そして今年5月に開催されたヴィクトリアマイル(G1)において、テンハッピーローズがエピファネイア産駒の古馬として初めてG1制覇を達成。それから2ヶ月も経たないうちに、5歳にして充実期を迎えていたブローザホーンが宝塚記念を完勝した。

 今春は産駒のステレンボッシュ、ダノンデサイルもそれぞれ桜花賞(G1)、日本ダービー優勝を果たした種牡馬エピファネイア。ブローザホーンの勝利は、その人気をより不動のものとする1勝となったかもしれない。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

ブローザホーン「牡馬初」古馬でG1制覇! 人気種牡馬の「早熟」イメージ完全払拭へのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 永島まなみと「超人気タレント」が共演!? ひまわり賞優勝、小倉ターフ賞受賞の活躍にメディアからも引っ張りだこ
  3. 【クイーンS(G3)展望】秋を見据え「逆襲」の武豊ボンドガール登場! 秋華賞馬スタニングローズ、ウンブライルら古馬陣が迎撃
  4. 【キングジョージ(G1)展望】世界最強オーギュストロダンに挑戦状を叩きつけるのは? 欧州上半期の祭典でディープインパクトVSハーツクライが実現も
  5. 【アイビスSD(G3)展望】新婚の「千直女王」藤田菜七子にチャンス! 勝つのはスペシャリストか、秋を見据える大物か
  6. 「ドゥラメンテ×フランケル」良血2歳馬がレコードV!パドックで放馬もなんの「矢作厩舎×DMMドリームクラブ」から新たな大物候補が誕生
  7. 武豊に米ブリーダーズC参戦プラン浮上! ドウデュース凱旋門賞白紙も「2頭の無敗の怪物」で米国競馬を席巻?
  8. 父キタサンブラック似イケメンの「超抜追い切り」にファン騒然!中京記念(G3)出走馬を「子供扱い」した2歳馬の正体
  9. ヤマニンウルスに次ぐ2位の好タイムで「6馬身差」圧勝劇! 新たな怪物候補の登場に横山武史「大きなところも狙える」
  10. 夏の新潟「パドックウォーク」が早くも話題沸騰!? 昼休みのパドック開放に「普段は入れないから興味ある」一部では懸念も