GJ > 競馬ニュース > キズナVSエピファネイア「産駒7頭」が日本ダービー(G1)で激突!
NEW

キズナVSエピファネイア「産駒7頭」が日本ダービー(G1)で激突! 11年前に0.1秒差で分かれた明暗…歴史は繰り返すか、それとも

【この記事のキーワード】, ,
東京競馬場
日本ダービーの舞台となる東京競馬場

11年の時を経て、キズナVSエピファネイアが再び…!

 数々の名勝負を生んできた一生に一度の舞台、日本ダービー(G1)が今年も開催される。

 ダービーといえば、騎手に関して話題になることが多い。全ての騎手が一度は勝利を夢見る舞台でもあるからだろうか、こと勝利騎手についてはドラマがつきものだ。

 レース後のインタビューで「1番人気はいらないから1着だけ欲しいと思っていた」と言ったサニーブライアンの大西直宏騎手。苦節19度目のダービーで遂に勝利した福永祐一騎手などはその好例だろう。

 なかでもダービー歴代最多の6勝を記録している武豊騎手が「生涯で最も会心のレースだった」と言ったレースが、実はあるダービーだったというのは興味深い。

 2013年の第80回日本ダービーである。

 レースは1番人気に京都新聞杯(G2)覇者キズナ、2番人気に皐月賞馬ロゴタイプ、3番人気に皐月賞2着馬エピファネイアという下馬評でスタートを切った。

 ミドルペースで澱みなく進み迎えた直線、残り100m付近で猛然と福永騎手のエピファネイアが先頭に立った。しかし、そのまま押し切るかと思われた瞬間、外から強襲したのは武豊騎手のキズナだった。結果は1着キズナ、半馬身差の2着にエピファネイア。武豊騎手を久々のダービー制覇へ導いたキズナ、福永騎手とエピファネイアは悲願のダービーに0.1秒届かずという悔しい結末に終わったのが13年のダービーだ。

 時は流れ2019年、2頭の新種牡馬がデビューした。かたや現役時代に日本ダービーを制し、ディープインパクトの後継種牡馬として期待のかかる存在。かたや現役時代G1を2勝し、母は日米オークスを制覇と世界的な名血。

 キズナとエピファネイアである。

 2頭は初年度から上々の結果を残した。同年のファーストクロップサイアーのランキングでは1位キズナ、2位エピファネイアという、まるであのダービーを彷彿とさせるような順位だった。

 その後も2023年リーディングサイアーこそキズナ4位、エピファネイア9位とやや差が開いたが、24年は5月19日時点で1位キズナ、3位エピファネイアと高いレベルで競い合っている。

 また、キズナからは2021年にアカイイトがエリザベス女王杯(G1)を勝利、22、23年にかけてソングラインが安田記念(G1)を連覇。一方、エピファネイアは初年度産駒からいきなり無敗三冠牝馬デアリングタクトを輩出、翌年にはG1を3勝したエフフォーリアと立て続けに大物を輩出。先日のヴィクトリアマイル(G1)を制したテンハッピーローズもエピファネイア産駒だ。

「産駒7頭」が日本ダービー(G1)で激突!

 そして、今週末の日本ダービーではキズナ産駒5頭、エピファネイア産駒2頭と数多くの産駒が出走する。

 キズナ産駒からは、現在無敗のジャスティンミラノ、同じく無敗で挑むシックスペンスなど上位人気になるような馬が出走。対してエピファネイア産駒はダノンデサイル、ビザンチンドリームの2頭と心許ないが、共に追い切りでは好タイムを記録。

 両雄が11年前に死力を尽くした舞台で、来たる5月26日、今度は産駒同士が相対する。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

キズナVSエピファネイア「産駒7頭」が日本ダービー(G1)で激突! 11年前に0.1秒差で分かれた明暗…歴史は繰り返すか、それとものページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 福永祐一絶賛「未完の大器」近親はダービー馬と同配合!「能力は高いですよ」期待の好素材がスピードの違いでデビューV
  2. 「17対3」の雪辱に燃える社台ファームが絶好調!ノーザンファームは宝塚記念に精鋭ズラリ…覇権をかけた直接対決が面白い
  3. C.ルメールと「確勝級」デビュー? 母はG1を2勝、叔母はグランプリ3連覇…宝塚記念前に期待の超良血が登場
  4. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  5. イクイノックスの母が制した9年前のマーメイドS! 勝利に導いた鞍上は藤岡康太…2着馬は宝塚記念で最強馬相手に大金星
  6. 武豊×福永祐一「注目タッグ」の好素材とC.ルメールの良血が激突! 宝塚記念「当日」の新馬戦は今年も見逃せない一戦
  7. シンザン記念1番人気に推された「良血」が復活V! 名牝エアグルーヴの孫が重賞に匹敵の好時計で快進撃の予感
  8. JRAマーメイドS、栗東トレセンから届いた福永祐一厩舎エーデルブルーメ「本当の評価」とは
  9. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  10. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬