GJ > 競馬ニュース > G1・14勝の「名トレーナー」が迎えるラストダービー
NEW

G1・14勝の「名トレーナー」が迎えるラストダービー。7年前には「未完の大器」が1番人気に推されるも涙…「21番人気」G1初制覇の衝撃再現へ

【この記事のキーワード】, ,
東京競馬場
東京競馬場

 今年の日本ダービー(G1)に出走するシックスペンスはここまで無傷の3連勝中ということもあり、当日は優勝候補の1頭として人気を集めることが予想される。同馬を送り出すのは美浦の名伯楽・国枝栄調教師だ。

 JRA通算1000勝以上を誇り、G1も国内外で23勝を挙げている国枝師だが、ここまで牡馬クラシックは未勝利と縁がないことでも知られる。2026年2月に定年を控えており、ダービーに挑めるチャンスはあと2回しかないことから、今年は一層気合の入る一戦となる。

正真正銘ラストのダービーを迎える音無秀孝調教師

日本ダービーに挑むサンライズジパング 撮影:Ruriko.I
日本ダービーに挑むサンライズジパング 撮影:Ruriko.I

 その一方で、今年で正真正銘ラストの日本ダービーとなるトレーナーもいる。サンライズジパングを出走させる栗東の音無秀孝調教師である。

 もともとはジョッキーとして1979年に競馬界デビューを果たした音無師。21番人気の超大穴ノアノハコブネと臨んだ1985年のオークス(G1)で初G1制覇を達成。JRA通算84勝という成績で1993年に騎手を引退、2年後の1995年に厩舎を開業した。

 2006年の高松宮記念(G1)を制したオレハマッテルゼで調教師としてG1初勝利。その後もヴィクトリーやオウケンブルースリ、クリソベリルにピクシーナイトなど芝ダート問わず、短距離から長距離に至るまでG1馬を送り出した。これまでJRAでG1・14勝を含む通算977勝を誇る名トレーナーの1人だ。

 そんな音無師もこれまでダービーには7頭の管理馬を送り込んだものの未勝利。ただ決してチャンスがなかったわけではない。最も栄光に近づいたのはアドミラブル、ダンビュライト、アメリカズカップの3頭出しで臨んだ2017年だった。

アドミラブルは1番人気に推されるも…

 この中で前哨戦の青葉賞(G2)を含め3連勝中だったアドミラブルが、当日は皐月賞組を抑えて1番人気の支持。音無師も戦前から「上手くいけば悲願のダービー制覇もあるかもしれないと思っています」と期待を込めていた。M.デムーロ騎手とのコンビで大外18番枠からスタートすると、道中は後方の外目を追走。最後の直線はメンバー最速の上がり3ハロン33秒3の末脚で追い込むも3着まで。勝ったレイデオロには0秒3差で及ばなかった。

「この年のダービーはマイスタイルが1000m通過63秒2で逃げる超スローの展開。レイデオロと鞍上のC.ルメール騎手は向正面で一気に2番手まで進出しましたが、アドミラブルとデムーロ騎手は中団で我慢したのが勝負の分かれ目でした。レース後には音無先生も『レイデオロが行ったタイミングで行けばよかった』と話していましたね。

またアドミラブルもダービーの後、屈腱炎を発症。復帰は叶わずこのレースがラストランとなってしまった未完の大器でした」(競馬誌ライター)

 あと少しのところで戴冠を逃した17年以来、7年ぶりにして最後のダービーに挑む音無師。送り出すサンライズジパングは前走の皐月賞(G1)で9着に敗れたが、このときは中間に一頓挫あり、予定していた弥生賞ディープインパクト記念(G2)を回避する誤算があった。

 悔しい結果となった一冠目に対し、今回は状態が確実にアップしている。最終追い切りは栗東坂路で行われ、馬なりで古馬に1馬身半の先着。師も「前回はあまりいい状態でなかった。今回は走り方からして違う」とデキに太鼓判を押している。

 当日は伏兵評価が予想されるものの、侮れない1頭となりそう。ノアノハコブネのオークスから39年、音無師がホースマン人生最後のダービーで再び衝撃を起こすか。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

G1・14勝の「名トレーナー」が迎えるラストダービー。7年前には「未完の大器」が1番人気に推されるも涙…「21番人気」G1初制覇の衝撃再現へのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「器用さが全くない」、川田将雅「時間が必要なタイプ」辛口評価は期待の裏返し!? 単勝1.3倍のスマートワイスがオープン入りに王手
  2. 宝塚記念に「匹敵」の豪華メンバー集結!?「スーパーG2」札幌記念にクラシックホース続々参戦、有力馬「分散」の懸念も
  3. 「意識しないといったら嘘になる」武豊の記録更新狙うも大敗…かつての大型新人・三浦皇成が13年間の「絶縁」を経て名門とメイン初勝利
  4. 【さきたま杯(G1)展望】ダート王・レモンポップ登場! 坂井瑠星「一番の敵は…」小回り適性でシャマル、イグナイターらに逆転の可能性あり
  5. 永島まなみ、川田将雅の1、2着馬を凌ぐ将来性!?「馬っぷり抜けてた」元JRA安藤勝己氏が高評価を与えた新星ホールネス
  6. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  7. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  8. 宝塚記念(G1)「大本命」武豊×ドウデュースも戦々恐々!? 昨年は世界No.1イクイノックスが「冷や汗もの」の勝利…C.ルメールが「最も戦いたくなかった」相手とは
  9. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  10. 武豊に替わって21歳4年目が大ブレイク! 2日続いた函館「タケ」祭り、1日4勝の永野猛蔵が開催リーディング争いに名乗り