GJ > 競馬ニュース > エリキング「実質3ハロン」でサリオス近親に完勝!
NEW

エリキング「実質3ハロン」でサリオス近親に完勝!川田将雅×中内田充正の黄金タッグがデビュー勝ち、敗れたC.ルメール「能力高い」「今日はいい経験」

素質馬対決を制した川田騎手 撮影:Ruriko.I
素質馬対決を制した川田騎手 撮影:Ruriko.I

 宝塚記念(G1)が開催された23日の日曜京都。上半期を締めくくるグランプリが注目を集めたが、この日デビューした新馬にも来年のクラシック候補が潜んでいた。

 5R・2歳新馬(芝1800m)を勝ち上がったエリキング(牡2、栗東・中内田充正厩舎)には、そう思わせてくれるだけの好内容でデビュー勝ち。勝ちタイムの1分52秒1は、重馬場ということもあり、それほど目立たなかったものの、単勝1.7倍の断然人気に応える見事な勝利だった。

 テーオーミリカンが取消、シストロンが除外になったため、レースは8頭立ての少頭数で行われた。スタートを決めた横山武史騎手のセディバンがハナをうかがうも、菅原明良騎手のディクシャが制して2頭が競り合うような格好。大本命のエリキングは後方から3番手の外、C.ルメール騎手の2番人気サラコスティは最後方からの追走となった。

 ただ、ペースがそれほど流れなかったこともあってか、最終コーナーを回ったタイミングでエリキングは外目の3番手まで進出する。先に抜け出したライバルをルメール騎手とサラコスティのコンビが追い上げるも相手の手応えにはまだまだ余裕。結局2頭の差は詰まることなくワンツーフィニッシュで決着した。

辛口の川田将雅騎手もパートナーの勝利に好評価

「強かったですよこの馬。外目を楽に上がって直線は軽く仕掛けただけでした。トップギアに切り替わるのも早かったですし、内容的にも完勝といっていいと思います。

負かしたサラコスティは、好調のエピファネイア産駒でサリオスの近親と良血。見た目は完敗でもルメール騎手から前向きなコメントが出ていたように、今日は相手が悪かったというしかありません」(競馬記者)

 記者が話したように、デビュー戦の手綱を任された川田将雅騎手はエリキングに「いい内容で新馬を勝ってくれました」「能力は高いです」「上手く成長していってくれれば」と上々のジャッジ。2着に敗れたものの、ルメール騎手もサラコスティを「いい馬です」「いい経験が出来ました」と評価していたのだから、2頭とも先々が楽しみになるレースだった、といえるのではないか。

 また、道中で13秒台のラップが頻発したスローペースながら、残り600mのレースラップは11秒8-11秒5-11秒3と実質3ハロンの競馬。上位2頭が併せ馬をしたような感じで後続馬を置き去りにした。

 勝ったエリキングはキズナ産駒で2着サラコスティはエピファネイアの産駒。今年の皐月賞(G1)をジャスティンミラノ、日本ダービー(G1)をダノンデサイルが分け合ったように、現役時代に覇を争ったライバル2頭が、種牡馬となっても熱い戦いを繰り広げているのは面白い。

 川田騎手×中内田厩舎の黄金タッグが送りだしたエリキング、ルメール騎手が好感触のサラコスティ。2頭の次走は要チェックだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

エリキング「実質3ハロン」でサリオス近親に完勝!川田将雅×中内田充正の黄金タッグがデビュー勝ち、敗れたC.ルメール「能力高い」「今日はいい経験」のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 永島まなみと「超人気タレント」が共演!? ひまわり賞優勝、小倉ターフ賞受賞の活躍にメディアからも引っ張りだこ
  3. 「ドゥラメンテ×フランケル」良血2歳馬がレコードV!パドックで放馬もなんの「矢作厩舎×DMMドリームクラブ」から新たな大物候補が誕生
  4. 【クイーンS(G3)展望】秋を見据え「逆襲」の武豊ボンドガール登場! 秋華賞馬スタニングローズ、ウンブライルら古馬陣が迎撃
  5. 「G1・3勝」の名牝も彷彿? 武豊&ナムラローズマリーが3連勝達成!「力もスピードもある」北海道で急上昇の短距離牝馬
  6. 【キングジョージ(G1)展望】世界最強オーギュストロダンに挑戦状を叩きつけるのは? 欧州上半期の祭典でディープインパクトVSハーツクライが実現も
  7. 夏の新潟「パドックウォーク」が早くも話題沸騰!? 昼休みのパドック開放に「普段は入れないから興味ある」一部では懸念も
  8. 武豊に米ブリーダーズC参戦プラン浮上! ドウデュース凱旋門賞白紙も「2頭の無敗の怪物」で米国競馬を席巻?
  9. 【アイビスSD(G3)展望】新婚の「千直女王」藤田菜七子にチャンス! 勝つのはスペシャリストか、秋を見据える大物か
  10. 父キタサンブラック似イケメンの「超抜追い切り」にファン騒然!中京記念(G3)出走馬を「子供扱い」した2歳馬の正体