GJ > 競馬ニュース > 単勝1.3倍のスマートワイスがオープン入りに王手
NEW

武豊「器用さが全くない」、川田将雅「時間が必要なタイプ」辛口評価は期待の裏返し!? 単勝1.3倍のスマートワイスがオープン入りに王手

【この記事のキーワード】, ,
武豊騎手
武豊騎手 撮影:Ruriko.I

スマートレイアーの仔スマートワイスが快勝

 牝馬限定のハンデ重賞、マーメイドS(G3)が行われた16日の京都競馬場。メインの2つ前の9Rは、皆生特別(2勝クラス、芝1600m)が8頭によって争われた。

 勝ったのは、メンバー唯一の3歳馬スマートワイス(牡3歳、栗東・大久保龍志厩舎)。初コンビの川田将雅騎手を背に単勝オッズ1.3倍の圧倒的1番人気に見事応えた。

 スペクトログラムがレース前に出走を取り消し、8頭立てで行われた一戦。フルメタルボディーがハナを切り、前後半4ハロン47秒0-46秒0の平均ペースをつくりだした。好スタートを決めたスマートワイスは、ちょうど中団の4~5番手を追走。ただ鞍上の川田騎手は終始おっつけ気味で、手応え自体は決して良くなかった。

 フルメタルボディーが逃げ込み態勢に入る中、スマートワイスは5番手で最後の直線を向くと、残り350mあたりで、川田騎手の右ムチが1発、2発と飛ぶ。残り200mのハロン棒を通過し、先行集団と後方集団の差が一気に縮まり、出走馬8頭中7頭が横一線に広がる大激戦となった。

 最後は外から鋭く伸びたスイープアワーズとスマートワイスの壮絶な叩き合い。これをゴール前、ハナ差で制したのがスマートワイスの方。これで5月のメルボルンT(3歳1勝クラス)に続く2連勝を飾り、デビューからの成績を5戦3勝として、オープン入りに王手をかけた。

「ゴール前は牝馬のアロマデローサも加わって上位人気3頭による追い比べになりました。スイープアワーズが一瞬前に出ていたようにも見えましたが、最後はスマートワイスに軍配が上がりました。勝負根性は母に似たのかもしれませんね」(競馬記者)

辛口評価は期待の裏返し!?

 スマートワイスの母といえば、2010年代に武豊騎手とのコンビで息の長い活躍を見せ、重賞を4勝したスマートレイアー。同じく芦毛に生まれた息子の方も武騎手がデビューからずっと手綱を取っていたが、今回は函館滞在のため川田騎手に乗り替わっていた。

川田将雅騎手
川田将雅騎手 撮影:Ruriko.I

 川田騎手はレース後、「まだまだ体的に動けないので、時間が必要なタイプだと思います」と、スマートワイスにやや辛口コメント。ただ、逆にいえば、そんな未完成の状態にもかかわらず、初の古馬相手に勝ち切った点は高く評価しても良さそうだ。

 また、スマートワイスに辛口評価を与えていたのは武騎手も同じ。前走のメルボルンT後には「器用さが全くない」と評しており、心身ともにこれからの馬。武騎手は「能力はあります」とも付け加えており、伸びシロという意味では秋以降、古馬になってからが非常に楽しみな存在である。

 G1・3勝の名牝スイープトウショウを母に持つスイープアワーズとの良血馬対決を辛くも制したスマートワイス。着差はハナ差でもこの時期の3歳馬にとっての1勝は大きい。完成形となるのは半年後か、1年後か、それともさらにその後か――。いずれにしても将来は重賞戦線を賑わしてくれそうな1頭になるかもしれない。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

武豊「器用さが全くない」、川田将雅「時間が必要なタイプ」辛口評価は期待の裏返し!? 単勝1.3倍のスマートワイスがオープン入りに王手のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  2. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  3. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  4. サトノカルナバル重賞制覇で「ドウデュース弟」の期待値も上昇? 一昨年スタートした「新型セール」は初年度から重賞ウイナー輩出
  5. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  6. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  7. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  8. 「レベルが違う」「楽勝する」新種牡馬の産駒を調教師が大絶賛!兄はサウジダービーにも挑戦、「超大物候補」のデビューに注目
  9. 水沼元輝「異例」9ヶ月間の騎乗停止…後輩を殴打に道路交通法違反、他の騎手も過去には重い処分
  10. キタサンブラック産駒を超高価格で落札「謎の購買者」が2年連続で話題に? 昨年の落札馬は「有名オーナー」の名義に