GJ > 競馬ニュース > 残り「2頭」名種牡馬の産駒が狙う重賞タイトル!
NEW

残り「2頭」となった名種牡馬の産駒が狙う重賞タイトル! イクイノックス、テーオーロイヤル輩出、「名馬2頭」は次のステージへ

画像はイメージ
画像はイメージ

 7日に行われる七夕賞(G3)。人気の一角となるのが新潟大賞典(G3)5着からここに挑むリフレーミングだ。

 同馬は七夕賞の舞台となる福島・芝2000mで2戦2勝というコース巧者。それ以外の部分でも、残り少なくなったキングヘイロー産駒として注目を集めている存在だ。

 キングヘイロー産駒はリフレーミングを含めても、中央に現役馬は残り3頭しかいない。現役時代に高松宮記念(G1)を制したキングヘイロー自身も2019年に他界しているため、これ以上産駒が増えることもない。仮にリフレーミングが勝利すると、亡き父に5年ぶりとなる重賞タイトルをプレゼントすることとなる。

 一方、キングヘイローをさらに下回り、中央の現役馬が残り2頭となっている種牡馬もいる。それがマンハッタンカフェだ。

マンハッタンカフェ産駒は中央に残り2頭…

 マンハッタンカフェといえば現役時代に菊花賞、有馬記念、天皇賞・春とG1を3勝。2500m以上のレースで無類の強さを発揮した名ステイヤー。2003年に種牡馬入りしてからも、初年度から200頭以上の繁殖牝馬を集めるなど人気を博した。その期待に応えてレッドディザイアやヒルノダムール、クイーンズリングといったG1馬を輩出してきた。

 2009年にはリーディングサイヤーに輝き、名実ともにトップ種牡馬となったものの、残念ながら2015年に17歳で他界。それから10年近くの月日が流れたため、残りの産駒が少なくなってくることはある意味当然といえる。

 そのマンハッタンカフェのラストクロップであり、残る現役馬2頭のうちの1頭であるダンディズム(セ8歳、栗東・野中賢二厩舎)が七夕賞に出走を予定している。

 今年で8歳と競走馬としてはベテランとなったが、2月にオープン初勝利を決めるなど衰えは感じられない。前走の目黒記念(G2)でもメンバー3位となる上がり3ハロン33秒3の末脚で、勝ち馬のシュトルーヴェからわずか0秒3差の6着に好走した。

 昨年の福島記念(G3)では12番人気の低評価を覆してタイム差なしの2着に好走したように、コース適性もありそうだ。管理する野中師も「舞台はいい。あとは展開が向けば」と色気十分。こちらも優勝すれば亡き父に4年ぶりとなる重賞タイトルを届けることとなる。

母父として活躍するキングヘイローとマンハッタンカフェ

イクイノックス 撮影:Ruriko.I
イクイノックス 撮影:Ruriko.I

 ちなみに、直仔こそ残りわずかとなってきたものの、キングヘイローは母父として世界最強馬のイクイノックスを筆頭にキングズソードやピクシーナイトといったG1馬、他にもディープボンドやドゥーラなど実力馬を送り出しており大活躍中だ。

 また、マンハッタンカフェも同じく母父として昨年のダービー馬やタスティエーラや、今年の天皇賞・春を勝ったテーオーロイヤル、ダートG1馬テーオーケインズなどを輩出している。

 一時代を築いた名馬2頭は今後、母父として存分に輝きを放ってくれることだろう。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

残り「2頭」となった名種牡馬の産駒が狙う重賞タイトル! イクイノックス、テーオーロイヤル輩出、「名馬2頭」は次のステージへのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 永島まなみと「超人気タレント」が共演!? ひまわり賞優勝、小倉ターフ賞受賞の活躍にメディアからも引っ張りだこ
  3. 「ドゥラメンテ×フランケル」良血2歳馬がレコードV!パドックで放馬もなんの「矢作厩舎×DMMドリームクラブ」から新たな大物候補が誕生
  4. 【クイーンS(G3)展望】秋を見据え「逆襲」の武豊ボンドガール登場! 秋華賞馬スタニングローズ、ウンブライルら古馬陣が迎撃
  5. 「G1・3勝」の名牝も彷彿? 武豊&ナムラローズマリーが3連勝達成!「力もスピードもある」北海道で急上昇の短距離牝馬
  6. 【キングジョージ(G1)展望】世界最強オーギュストロダンに挑戦状を叩きつけるのは? 欧州上半期の祭典でディープインパクトVSハーツクライが実現も
  7. 夏の新潟「パドックウォーク」が早くも話題沸騰!? 昼休みのパドック開放に「普段は入れないから興味ある」一部では懸念も
  8. 武豊に米ブリーダーズC参戦プラン浮上! ドウデュース凱旋門賞白紙も「2頭の無敗の怪物」で米国競馬を席巻?
  9. 【アイビスSD(G3)展望】新婚の「千直女王」藤田菜七子にチャンス! 勝つのはスペシャリストか、秋を見据える大物か
  10. 父キタサンブラック似イケメンの「超抜追い切り」にファン騒然!中京記念(G3)出走馬を「子供扱い」した2歳馬の正体