GJ > 競馬ニュース > 武豊と菊花賞4着馬が新コンビ結成!?
NEW

武豊と菊花賞4着馬が新コンビ結成!? 牡馬クラシック皆勤馬の「2代目」が登場、タイトル制覇を期待する声

【この記事のキーワード】, ,
函館リーディングを争う武豊騎手
函館リーディングを争う武豊騎手

 残り2週となった今年の函館開催。リーディング争いに目を向けると、騎手部門では横山武史騎手が10勝でトップに立っている。

 その横山武騎手をわずか1勝差で追うとともに、自身初となる函館リーディングの期待もかかっているのが、今年で38年目を迎えたレジェンド武豊騎手だ。

 先週土曜に3勝の固め打ちで一時的にトップに立ったものの、翌日に差し返されることとなった。それでもレジェンドは自身の公式サイトに「競った場所にいられるというのはうれしいことです」と、週末が充実していることをつづっている。

 今週は土曜のみ函館で騎乗となるが、白星を意識できる馬が複数スタンバイしている。その中の1頭が5Rの2歳新馬戦でコンビを組むベールドインパクト(牡2歳、美浦・小島茂之厩舎)だ。

 ベールドインパクトは岡田牧雄オーナーの所有馬であり、岡田スタッドの生産馬。先月の宝塚記念(G1)を勝ったブローザホーンと同じ組み合わせとなる。父ダノンバラードは昨年の新潟2歳S(G3)を勝ったキタウイングなどを送り出している。

 デビュー戦に向けた最終追い切りには武豊騎手自らが跨り、函館の芝コースで併せ馬を敢行。手応え十分で併入に持ち込むと、レジェンドも「非常に乗りやすい」と好感触を口にした。下馬評でも上位に推されており、いきなり好勝負が期待できそうだ。

先代のベールドインパクトは牡馬クラシック皆勤

 ちなみベールドインパクトという馬名を聞いて、ピンと来たファンも少なくないかもしれない。というのも同名の先代が走っており、本馬はその2代目となるからだ。

 初代ベールドインパクトはディープインパクト産駒で、G1馬コイウタの半弟。2011年にデビューすると、翌年はすみれS(OP・当時)を勝利し牡馬クラシック三冠にも皆勤した。2013年3月の阪神大賞典(G2)4着の後、重度の屈腱炎を発症。現役生活にピリオドを打つこととなった。

 それからおよそ11年。2代目ベールドインパクトの登場にSNSやネット掲示板では「懐かしい、と思ったら2世なんですね」「好きな馬だったなぁ」「オープンまで行ってくれそうな名前」「2代目はぜひタイトルを獲ってほしい」など、初代を懐かしむ声や2代目に重賞制覇を期待するコメントが寄せられている。

「ベールドインパクトは重賞タイトルにこそあと一歩届かなかったものの、2012年の牡馬クラシックに皆勤し、菊花賞(G1)でも4着に好走。名脇役として記憶に焼き付いているファンも少なくないのではないでしょうか。

それにしてもつい最近まで先代のベールドインパクトが走っていたような気もしたのですが、引退してからもう10年以上も経っていたんですね(笑)」(競馬記者)

 先代が叶わなかった重賞勝利の期待もかかる2代目ベールドインパクト。まずはデビュー戦で武豊騎手を背にどのような走りを見せてくれるだろうか。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

武豊と菊花賞4着馬が新コンビ結成!? 牡馬クラシック皆勤馬の「2代目」が登場、タイトル制覇を期待する声のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  2. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  3. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  4. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  5. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  6. 水沼元輝「異例」9ヶ月間の騎乗停止…後輩を殴打に道路交通法違反、他の騎手も過去には重い処分
  7. 「レベルが違う」「楽勝する」新種牡馬の産駒を調教師が大絶賛!兄はサウジダービーにも挑戦、「超大物候補」のデビューに注目
  8. キタサンブラック産駒を超高価格で落札「謎の購買者」が2年連続で話題に? 昨年の落札馬は「有名オーナー」の名義に
  9. 「推しの子」アロンズロッド退治に難敵が名乗り!?母アーモンドアイも屈した「因縁の相手」と直接対決濃厚か
  10. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?