GJ > 競馬ニュース > 佐々木大輔「他とは違いましたね」と好感触、ゴールドシップやソダシ育てた名伯楽も自信隠さず…注目のキズナ産駒がデビュー勝ち
NEW

佐々木大輔「他とは違いましたね」と好感触、ゴールドシップやソダシ育てた名伯楽も自信隠さず…注目のキズナ産駒がデビュー勝ち

【この記事のキーワード】, , ,
素質馬と出会った佐々木大輔騎手 撮影:Ruriko.I
素質馬と出会った佐々木大輔騎手 撮影:Ruriko.I

 先週末の中央競馬は小倉でプロキオンS(G3)、福島で七夕賞(G3)が開催。重賞のない函館は裏開催となったが、今後が楽しみな期待馬が1頭デビューした。

 その馬とは、日曜5Rのメイクデビュー函館(芝1800m)を1番人気に応えて快勝したマジックサンズ(牡2、栗東・須貝尚介厩舎)のことである。

キズナ産駒マジックサンズが余裕残しでデビュー勝ち

 10頭立ての稍重で行われた一戦。出足が鈍かったマジックサンズは、中団やや後ろから追走する。ただ各馬の騎手が折り合いを優先したこともあってか、1000mの通過が65秒4の超スローペースとなった。

 残り800mを過ぎた3コーナー頃からペースが上がったものの、外からポジションを上げたマジックサンズは、最終コーナーの入り口では早くも2番手まで進出。鞍上の佐々木大輔騎手がゴーサインを出すと、逃げていたルージュマローネをあっさり交わしてゴールした。

 これにはパートナーをデビュー勝ちに導いた佐々木騎手も「3~4コーナーでの行きっぷりが他とは違いました」とビックリ。「抜け出して気を抜く面が改善されてくれば楽しみです」と好感触だったようだ。

「ゲートの出がよくなかったため、優等生といった感じの勝ち方ではありませんでしたが、粗削りなところが伸びしろということでしょう。派手な着差はつけていないものの、佐々木騎手が抜け出してから気を抜いたとコメントしていたように余力残し。

父は皐月賞馬ジャスティンミラノが活躍しているキズナ。フサイチコンコルドやアンライバルドを出したバレークイーンがいる母系も優秀です。順調なら札幌2歳S(G3)あたりが目標となりそうですね」(競馬記者)

 また、マジックサンズを管理する須貝尚介調教師は、白毛のアイドル・ソダシやゴールドシップを育てた名伯楽。戦前から「ジョッキーが好感触を掴んでくれている。初戦から楽しみ」と自信を隠していなかった。

 ちなみにマジックサンズという馬名は、「魔法の息子」ではなく「潮の満ち引きで砂浜が消えて見える、カイルアコナの神秘のビーチ」が馬名の由来とのこと。500キロを超える雄大な馬体を誇る期待馬は、ノーザンファーム生産でサンデーレーシング所有。順調に勝ち進めば、来春のクラシックを沸かせる存在となるかもしれない。

高城陽

高城陽

大手新聞社勤務を経て、競馬雑誌に寄稿するなどフリーで活動。縁あって編集部所属のライターに。週末だけを楽しみに生きている競馬優先主義。好きな馬は1992年の二冠馬ミホノブルボン。馬券は単複派で人気薄の逃げ馬から穴馬券を狙うのが好き。脚を余して負けるよりは直線で「そのまま!」と叫びたい。

佐々木大輔「他とは違いましたね」と好感触、ゴールドシップやソダシ育てた名伯楽も自信隠さず…注目のキズナ産駒がデビュー勝ちのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 永島まなみと「超人気タレント」が共演!? ひまわり賞優勝、小倉ターフ賞受賞の活躍にメディアからも引っ張りだこ
  3. 【クイーンS(G3)展望】秋を見据え「逆襲」の武豊ボンドガール登場! 秋華賞馬スタニングローズ、ウンブライルら古馬陣が迎撃
  4. 【キングジョージ(G1)展望】世界最強オーギュストロダンに挑戦状を叩きつけるのは? 欧州上半期の祭典でディープインパクトVSハーツクライが実現も
  5. 【アイビスSD(G3)展望】新婚の「千直女王」藤田菜七子にチャンス! 勝つのはスペシャリストか、秋を見据える大物か
  6. 「ドゥラメンテ×フランケル」良血2歳馬がレコードV!パドックで放馬もなんの「矢作厩舎×DMMドリームクラブ」から新たな大物候補が誕生
  7. 武豊に米ブリーダーズC参戦プラン浮上! ドウデュース凱旋門賞白紙も「2頭の無敗の怪物」で米国競馬を席巻?
  8. 父キタサンブラック似イケメンの「超抜追い切り」にファン騒然!中京記念(G3)出走馬を「子供扱い」した2歳馬の正体
  9. ヤマニンウルスに次ぐ2位の好タイムで「6馬身差」圧勝劇! 新たな怪物候補の登場に横山武史「大きなところも狙える」
  10. 夏の新潟「パドックウォーク」が早くも話題沸騰!? 昼休みのパドック開放に「普段は入れないから興味ある」一部では懸念も