GJ > 競馬ニュース > 【アイビスサマーD(G3)】
NEW

【アイビスサマーダッシュ(G3)展望】新潟名物の直線重賞!一瞬で勝負が決まる1000mを見逃すな

【この記事のキーワード】, ,
【アイビスサマーダッシュ(G3)展望】新潟名物の直線重賞!一瞬で勝負が決まる1000mを見逃すなの画像1

 30日(日)に開幕を迎える新潟競馬場で行われるのは、日本で唯一となる直線1000mのコースで争われる重賞のアイビスサマーダッシュ(G3)。サマースプリントシリーズの第3戦として行われるレースだが、独特のコース形態のため単純なスピード能力だけでなくコースへの適性も重要な要素となるだろう。そんな特殊なスピード決戦に出走を予定している注目馬を紹介する。

 昨年のこのレースで2着の実績があるネロ(牡6、栗東・森厩舎)はリベンジに燃える。前走シルクロードS(G3)の道中は良い手ごたえでレースを進めていたが、直線ではパッタリと脚が止まってしまい馬群に沈んだ。この時の敗因は定かではないものの、アクシデントがあったのかと周囲を心配させたが、幸いなことに馬体への異常は見られなかった。陣営は立て直しのための休養を取ることを決断し、このレースに向けて入念な調整をしてきたようだ。他の競馬場でも結果を残しているが、この馬にとって新潟の直線競馬は最も得意とする条件で、5戦して2勝、2着3回とここまでの連対率は驚異の100%を誇り他馬を圧倒する。これまでで最重量となる58㎏の斤量が最大の敵となりそうだが、勝ち切るだけの力はあるはずだ。

 2連勝中のフィドゥーシア(牝5、栗東・松元厩舎)も上位争いに絡んでくるはずだ。初めての直線競馬となった前走の韋駄天S(OP)を快勝しており、直線だけという特殊なコースへの適性も問題なさそう。初めての重賞挑戦となった京都牝馬S(G3)では18着と大敗したが、距離が短いほうが力を発揮できそうなタイプだけに前回の二の舞にはならないだろう。また、レース間隔もあいたときのほうがいい結果を残しているので、初の重賞制覇も十分に期待できる。母はビリーヴという短距離G1を2勝した名牝だけに、今後の短距離界を背負っていく新星の誕生となるかもしれない。

ダートレースを主に戦ってきたナガラオリオン(牡8、栗東・大根田厩舎)が波乱を演出するかもしれない。この馬は勝ち星である6勝全てをダートレースで上げている生粋のダート巧者だったが、8歳となった今年から芝のレースへの出走を試しており、更なる成長を感じさせている。肝心の芝でのレース結果だが阪急杯(G3)では上がり最速タイを記録して3着となり波乱の立役者となった。2度目の出走となった前走のバーデンバーデンC(OP)では5着に敗れたものの、上がりタイムは2位タイを記録しており、芝のレースでも通用するところは示せた。初めての挑戦となる直線競馬ではあるものの、鋭い瞬発力があるので進路が確保できていれば後方一気の差し切りも十分ありえる。阪急杯(G3)に続く重賞での波乱を巻き起こすことはできるだろうか。

【アイビスサマーダッシュ(G3)展望】新潟名物の直線重賞!一瞬で勝負が決まる1000mを見逃すなのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「ルメールショック」が木村哲也厩舎に直撃?桜花賞に続き皐月賞も人気馬が凡走…主戦騎手不在で「13連敗」の急ブレーキ
  2. あっさり日本ダービー制覇なら“ナリタブライアン級”の評価も?皐月賞馬ジャスティンミラノに立ちはだかる「2つの壁」とは
  3. 今年の皐月賞は本当に「ハイレベル」だったのか!? 最下位でもイクイノックス超えの違和感…超速馬場の「カラクリ」を見抜け
  4. 「永遠のライバル」逆転も時間の問題?キズナ産駒が待望のクラシック初制覇、ジャスティンミラノ皐月賞優勝に大きな意味
  5. コスモキュランダ次走ダービーも「鞍上未定」の怪…J.モレイラ続投が決まらない理由に「身元引受調教師」の影響も?
  6. 【フローラS】昨年激走のゴールデンハインド、桜花賞激走のライトバック。その道のプロが狙う牝馬の穴馬、今年狙うのは誰もが驚く意外な格下馬
  7. 今年のNHKマイルCに「豪華メンバー」集結?エルコンドルパサー、キングカメハメハ級は不在も…例年以上にハイレベルの激戦か
  8. 【マイラーズC】2連敗中の川田将雅騎手×セリフォスのコンビ継続に疑問の声?「やっぱりレーンじゃなきゃ」「なぜ藤岡佑介を乗せない?」。一方、逆転を狙うノーマークの穴馬が急浮上!
  9. 川須栄彦騎手の初重賞制覇を飾った逃げ馬!保護猫30匹と暮らす“猫ざんまい”の余生
  10. 【皐月賞】メイショウタバル「史上最速」タイムでシンガリ大惨敗…「ゲート入りに手間取った時に」父ゴールドシップの難しさが露呈?