GJ > 競馬ニュース > 「最強」のポジション
NEW

ルメール・デムーロが奪い合う「最強」のポジション!? あの「○○騎手の後ろ」外国人騎手のハングリー精神が生んだ日本競馬「必勝法」とは?

【この記事のキーワード】, ,
ルメール・デムーロが奪い合う「最強」のポジション!? あの「○○騎手の後ろ」外国人騎手のハングリー精神が生んだ日本競馬「必勝法」とは?の画像1

 28日に中山競馬場で開催された新設G1・ホープフルS(G1)は、最後の直線で武豊騎手のジャンダルムが抜け出したところに、C.デムーロ騎手のタイムフライヤーが強襲。最後は1馬身1/4の差をつけ、タイムフライヤーが1番人気に応えた。

 敗れはしたものの4コーナーからまくり気味に進出し、最後の直線でも一度は先頭に立つ強い競馬をしたジャンダルム。レース後、武豊騎手も「いやあ、あそこまでいったら勝ちたかった」と悔しさを露にしていた。

 対照的に、ゴール後に派手なガッツポーズを決めて喜びを爆発させたC.デムーロ騎手。日本では2013年の桜花賞以来のG1制覇に、勝利騎手インタビューでは日本語で「アリガトウゴザイマス!」と答えるなど、喜びもひとしおだ。そんな中で印象に残った言葉あった。

「ユタカさんの後ろにつけて、上手く乗れました」

 レースの感想を聞かれたC.デムーロ騎手は全体的にペースが速かったことと、馬群が密集してポジション獲りが難しかったことを挙げた。しかし、そんな中でも前を行く武豊騎手のジャンダルムの姿を発見し、すぐ後ろに潜り込んだという。

 その作戦は見事的中。勝負所で他馬がややゴチャつく中、スムーズなレースができたタイムフライヤーは、最後の直線で先に抜け出した武豊騎手のジャンダルムをきっちりと捉えてゴール。C.デムーロ騎手にとっても理想的な競馬だったようだ。

ルメール・デムーロが奪い合う「最強」のポジション!? あの「○○騎手の後ろ」外国人騎手のハングリー精神が生んだ日本競馬「必勝法」とは?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 新種牡馬サートゥルナーリア産駒「超大物候補」がいきなりデビュー!?「名牝シーザリオ伝説」新章へ…注目2歳馬ピックアップ
  2. JRA「3歳賞金王」はジャンタルマンタル、ジャスティンミラノにあらず!? 日本不在の“裏”賞金王の存在と、新種牡馬サートゥルナーリアが1強にならない異変
  3. オークス「本命」は去年から決めてました! キャプテン渡辺「大穴はこれだ!!」神の馬券術による極選穴馬【徒然なる神のくず競馬トーク】
  4. 「東京2400mで買うべき馬」これぞダービージョッキーの金言!オークス&日本ダービーのヒントが満載!ステレンボッシュ、ジャスティンミラノを上回る期待馬がいる!
  5. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ? 【日本ダービー】「過去20年連対ゼロ」の苦戦でも今年はG1級!?  ドゥラメンテ「最後の大物」出現なるか。「伝説」の最終世代をピックアップ【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為…ビッグレッドファームが来年GWの見学を休止。過去にあった非常識行為と、SNSやYouTubeの無断アップが後を絶たない問題
  7. 【オークス(G1)予想】ステレンボッシュから魂の6点勝負! 5年連続10番人気以下が激走レースで「極上穴馬」指名
  8. 【日本ダービー】武豊「35回目挑戦」で初のコンビ継続! シンボリクリスエスとも意外な接点…「連対率100%」はシュガークンに追い風か
  9. J.モレイラ「短期免許」条件クリアに暗雲…「スムーズな競馬ができなかった」マスクトディーヴァで痛恨の取りこぼし、残るチャンスはあと「2回」
  10. オークス(G1)は左回りの連対率100%のあの娘から! 気になる“特製もんじゃ”と前走・桜花賞組?【UMAJOモモのオイシイ競馬】