GJ > 競馬ニュース > 和田竜二「3週間勝利なし」
NEW

JRA和田竜二騎手「3週間勝利なし」で100勝危機も「理由」が……「師弟愛」を優先か

【この記事のキーワード】, ,
JRAS和田竜二騎手「3週間勝利なし」で100勝危機も「理由」が......「師弟愛」を優先かの画像1

 現在全国リーディング5位の90勝(12月3日時点)、キャリアハイを更新し続けている和田竜二騎手。今年は重賞戦線でもキラリと光る好騎乗が目立っている。

 しかし、そんな好況が、年の瀬に入って大きく変わってしまったようである。

 和田騎手は11月12日の3勝を上げてからの3週間「勝利なし」。今週も未勝利となれば1カ月勝利なしということになる。勝利がないどころか、地方交流以外では連対もないという状況だ。

 ここまでの躍進を考えればいきなりのスランプに陥ってしまった印象の和田騎手。今年は愛馬モズカッチャンを乗り替わりで失いながらも、ローズSをラビットランで制するなど男の意地も随所に見せていたが、突然の失速にファンからも心配の声が絶えない。

「師匠の岩元市三調教師が来年2月に定年を控えていますが、通算勝利数が現在496。騎手と調教師の『ダブル500勝』の大台が目と鼻の先なんです。和田騎手は自身を厳しく育ててくれた岩元調教師の記録を達成させるべく、同厩舎の馬の騎乗を優先させているようですね。自身初の100勝よりも重いものと捉えているのでしょう。4勝というのは全盛の厩舎でなければ決して楽観視できる数字ではありませんし、和田騎手も何とか、と思っているに違いありません。今年の乗り鞍を見るにいい馬が回ってくる機会は多いはずですが、岩元調教師の馬を最優先で先週、先々週と2鞍ずつ騎乗していますよ。気合いが空回りしている部分もあるのでしょうか」(記者)

 和田騎手と岩元調教師といえば、2000年に年間無敗を達成したテイエムオペラオーのコンビがあまりにも有名だ。若かった和田騎手を育てるべく、岩元調教師がオーナーを説得し続けたエピソードは有名で、まさに「師弟愛」が感じられるエピソードである。

 和田騎手の100勝、そして悲願成就はなるのか。師走の騎乗に大きな注目が集まる。

JRA和田竜二騎手「3週間勝利なし」で100勝危機も「理由」が……「師弟愛」を優先かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. T.オシェア「52連敗中」G1騎乗なしのまま帰国の途へ…青葉賞1番人気のヘデントールもC.ルメールに乗り替わり完勝
  2. 武豊「器用さが全くない」、川田将雅「時間が必要なタイプ」辛口評価は期待の裏返し!? 単勝1.3倍のスマートワイスがオープン入りに王手
  3. 宝塚記念に「匹敵」の豪華メンバー集結!?「スーパーG2」札幌記念にクラシックホース続々参戦、有力馬「分散」の懸念も
  4. 「意識しないといったら嘘になる」武豊の記録更新狙うも大敗…かつての大型新人・三浦皇成が13年間の「絶縁」を経て名門とメイン初勝利
  5. 永島まなみ、川田将雅の1、2着馬を凌ぐ将来性!?「馬っぷり抜けてた」元JRA安藤勝己氏が高評価を与えた新星ホールネス
  6. 宝塚記念(G1)「大本命」武豊×ドウデュースも戦々恐々!? 昨年は世界No.1イクイノックスが「冷や汗もの」の勝利…C.ルメールが「最も戦いたくなかった」相手とは
  7. 17年前の武豊が最後…宝塚記念「鉄の掟」C.ルメール×ジャスティンパレスは買うな? ゴールドシップの「120億円事件」など悲惨すぎるジンクス
  8. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  9. 武豊に替わって21歳4年目が大ブレイク! 2日続いた函館「タケ」祭り、1日4勝の永野猛蔵が開催リーディング争いに名乗り
  10. 永島まなみ「初重賞勝利」の裏で功労者の存在…ブレイク予感のルーキーが導き出したマーメイドSの勝ちパターン