GJ > 競馬ニュース > アルバート「ここが勝負」  > 2ページ目
NEW

天皇賞・春(G1)アルバート「馬主悲願」陣営情報入手…… 「スピード一致」不思議ネタで考えれば今年は上位必至……か?

【この記事のキーワード】, ,

「たしかにそうですが、では『3走とも翌年のほうがタイムがいい』というのは、たまたまの偶然でしょうか。ここで一つの仮説が成り立ちます。アルバートは自分の走りは常にできていて、少しずつですが進化をしている。ただ自分でレースを作ることができないので、G1レベルになるとその速さに遅れているように見えてしまうだけ。なにせレコード決着の昨年の掲示板に載った馬は、この馬とシュヴァルグランしかいない。単純な『スピードのレベル』が下がるであろう今回は、まさにアルバートにはビッグチャンスと考えることも……」(同)

 たしかに、昨年の天皇賞のタイムを基準にした場合、昨年2着で今回出走するシュヴァルグランのタイムに0秒6しか負けておらず、昨年の着順でアルバートの上にいた3頭は今回いない。今回は何がなんでも行くような馬も見当たらないので、ペースもそれほど速くならないはず。アルバートが勝ったレースを見ると、前半3Fが37〜38秒台の流れが多く、これなら追走も追い込みも行き脚がつくはず。

 そして「陣営」としても「ここが勝負」という情報が。

「どうやらオーナーや陣営も『今年こそは』という思いが相当強く、昨年段階からこの舞台を本気で見据えていたようです。今年はそれこそキタサンブラックなど抜けた存在がいませんし渡りに船でしょう」(現場記者)

 中間の追い切りで馬体も絞れてきて、叩いた効果で良くなっているという。7歳馬とはいえまだ30戦も走っておらず、まだまだ中身は若い。鞍上にC.ルメールを配し、今度こそアルバートがその頂に登りG1馬になっても不思議ではない。

天皇賞・春(G1)アルバート「馬主悲願」陣営情報入手…… 「スピード一致」不思議ネタで考えれば今年は上位必至……か?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「ルメールショック」が木村哲也厩舎に直撃?桜花賞に続き皐月賞も人気馬が凡走…主戦騎手不在で「13連敗」の急ブレーキ
  2. あっさり日本ダービー制覇なら“ナリタブライアン級”の評価も?皐月賞馬ジャスティンミラノに立ちはだかる「2つの壁」とは
  3. コスモキュランダ次走ダービーも「鞍上未定」の怪…J.モレイラ続投が決まらない理由に「身元引受調教師」の影響も?
  4. 今年の皐月賞は本当に「ハイレベル」だったのか!? 最下位でもイクイノックス超えの違和感…超速馬場の「カラクリ」を見抜け
  5. 【フローラS】昨年激走のゴールデンハインド、桜花賞激走のライトバック。その道のプロが狙う牝馬の穴馬、今年狙うのは誰もが驚く意外な格下馬
  6. 今年のNHKマイルCに「豪華メンバー」集結?エルコンドルパサー、キングカメハメハ級は不在も…例年以上にハイレベルの激戦か
  7. 【マイラーズC】2連敗中の川田将雅騎手×セリフォスのコンビ継続に疑問の声?「やっぱりレーンじゃなきゃ」「なぜ藤岡佑介を乗せない?」。一方、逆転を狙うノーマークの穴馬が急浮上!
  8. 【NHKマイルC】川田将雅ジャンタルマンタル参戦で浮上した「鞍上問題」…陣営と繋がり強い「三冠騎手」が有力候補? その背中に跨るのは
  9. 「永遠のライバル」逆転も時間の問題?キズナ産駒が待望のクラシック初制覇、ジャスティンミラノ皐月賞優勝に大きな意味
  10. JRA横山典弘「再登板」もファンの胸中は複雑!?ソダシでも主戦騎手が降板の過去…「騎乗批判疑惑」で物議醸したコンビが復活