GJ > 競馬ニュース > 「超新星」ブラストワンピース  > 3ページ目
NEW

日本ダービー(G1)池添謙一騎手「オルフェ級」の評価!? 「超新星」ブラストワンピースの毎日杯直行ローテが「プラス」になる理由

【この記事のキーワード】, ,

 その効果はテキメンだったようで、場長の木實谷雄太氏も「坂路の改修は成績に直結するという意味では大きいものでした。坂路の傾斜がきつくなったということが、天栄の施設の中で一番成績に繋がる改修だったと感じています」(競馬ラボ)と手応えを語っている。

 アーモンドアイは、そういった背景が生み出した「常識破りの怪物」といえるだろう。

 一般的にレース間隔が開くと、一度放牧に出してリフレッシュすることが良いとされている。そういった中、これまでは生まれ故郷である北海道の牧場へ放牧に出るのが大多数だったが、外厩施設が出来たことで移動に対する負担が激減。また外厩はその名の通り、調教施設としての側面を持ち、利用馬は鍛えられながらリフレッシュを行えるようになった。

「ブラストワンピースも毎日杯後は一端、ノーザンファーム天栄に移動し、今月の3日に帰厩しました。確かにレース間隔は開いていますが、優れた外厩施設を利用できる社台系の馬に『休み明け=不利』という従来のセオリーを当て嵌めるのは危険ですね。

他にも1月の京成杯(G3)から約3カ月ぶりの皐月賞で3着したジェネラーレウーノも、中間はノーザンファーム天栄で調整されていました。

しかも、昨年4月に改修されたノーザンファーム天栄の坂路コースは『高低差36m』と関東馬が常日頃調教を行う美浦トレセンの坂路コース『高低差18m』のちょうど2倍の勾配。今では『在厩で調整するよりも、天栄に行った方が鍛えられる』という声もあるほどです」(競馬記者)

日本ダービー(G1)池添謙一騎手「オルフェ級」の評価!? 「超新星」ブラストワンピースの毎日杯直行ローテが「プラス」になる理由のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 無策? 武豊×ドウデュースは「何故」敗れたのか。単勝165倍の最低人気に絡まれた想定外の宝塚記念…最大最強の宿敵イクイノックスがもたらした意外な弱点とは
  2. 「ゴールドシップ再び?」宝塚記念デー大出遅れに場内どよめき…横山武史「約20馬身」のハンデ跳ね返せず
  3. 永島まなみ「もったいなかった」不完全燃焼のリベンジへ! スプリントG1馬近親の「古豪」と狙う藤田菜七子、今村聖奈超え
  4. 「正直よく分からない」「今日は走らなかった」武豊すら戸惑った惨敗…7冠馬の父が勝てなかった宝塚記念、ドウデュースはライバルのリベンジに続けるか
  5. 今村聖奈も「300鞍」争奪戦に参加!? 岩田望来&田口貫太「フランス武者修行」で絶好機迎える“5人の騎手”とは
  6. 「オーナーの逆鱗」に触れた原優介が突然のクビ宣告!? 帝王賞でウィルソンテソーロ降板も決定済み…気になる「鞍上交代」はやっぱりアノ人?
  7. 宝塚記念(G1)ソールオリエンスの評価真っ二つ!? 安藤勝己氏「頭打ち」VS田原成貴氏「豪脚を発揮してくれる」
  8. 「単勝174.2倍」もJRA歴代最高配当演出! デビュー戦シンガリ負け「17馬身差」からの大逆転を決めたレーヴドロペラ
  9. 単勝95.1倍「除外明け」超伏兵が直線で瞬間移動!? “実質デビュー戦”で見せた豪脚…牝馬ダート路線に遅れてきた大器
  10. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは