GJ > 競馬ニュース > オーディン「暴走」
NEW

武豊スマートオーディン「暴走」御し切れず大敗……心配なのは馬よりも「騎乗数激減」レジェンドの「右膝」の状態か

【この記事のキーワード】, ,
武豊スマートオーディン「暴走」御し切れず大敗......心配なのは馬よりも「騎乗数激減」レジェンドの「右膝」の状態かの画像1

 10日に東京競馬場で行われたエプソムC(G3)は、2番人気のサトノアーサー(牡4歳、栗東・池江泰寿厩舎)が重賞初制覇。3歳春にはサトノダイヤモンドの再来とまで評された素質馬が、ようやく初タイトルをゲットした。

 スタートすぐにコーナーがある東京芝1800mコースの、大外8枠16番という難しい条件だったサトノアーサー。好スタートを決めると、いつもよりも前目の位置取りでピタリと折り合った。迎えた最後の直線では馬場の良い外に持ち出されると、自慢の末脚が炸裂。豪快に前を差し切って、先頭でゴール板を駆け抜けた。

「スタートがよく、思ったよりいい位置につけることができました。緩い馬場も問題なく、手応えよくレースができました。初めて乗せてもらいましたが、今日の勝ちっぷりならこれから先、楽しみな馬だと思います」。今週4勝と、ここに来て調子を上げてきた戸崎圭太騎手の好騎乗だった。

 その一方、思いがけないチグハグな競馬で馬群に沈んだのが、約2年ぶりの復活が期待された同厩のスマートオーディンだった。

 一昨年の日本ダービー(G1)以来のレースとなった本馬だが、長期休養になる以前は世代屈指の「切れ者」として名を馳せていた。勝った4勝はすべて上がり最速、32秒台という3歳馬離れした末脚を誇る大器……この日は、その”鬼脚復活”に注目が集まっていた。

 ところがスタート直後、思わず目を疑うシーンが……ゲートをポンと飛び出したスマートオーディンが、なんとハナを切る展開になったのだ。

武豊スマートオーディン「暴走」御し切れず大敗……心配なのは馬よりも「騎乗数激減」レジェンドの「右膝」の状態かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「7馬身差」大楽勝の大器に第2のレモンポップの声!? ラムジェット凌駕の勝ちタイム…「7戦6勝」C.ルメールで連勝へ
  2. 名門の「結晶的」配合馬が武豊とデビュー! 調教師も騎手時代「G1初優勝」の縁…スピード自慢の父に初白星プレゼントへ
  3. 「警報級大雨のち傘マーク」はドウデュースに試練? 「重馬場濃厚」の宝塚記念(G1)で注目したい道悪巧者
  4. 密かに注目集める宝塚記念「前日」の新馬戦…C.ルメール絶賛もわずか「1戦」で生涯を終えたG1・6勝馬の全弟
  5. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは
  6. 17年前の武豊が最後…宝塚記念「鉄の掟」C.ルメール×ジャスティンパレスは買うな? ゴールドシップの「120億円事件」など悲惨すぎるジンクス
  7. 「正直よく分からない」「今日は走らなかった」武豊すら戸惑った惨敗…7冠馬の父が勝てなかった宝塚記念、ドウデュースはライバルのリベンジに続けるか
  8. 【宝塚記念】ドウデュースとベラジオオペラ…人気馬を買えるか買えないか!?本命・対抗・穴馬の4頭ジャッジ
  9. 宝塚記念は「4分の1」の正解を引けたら当たる!? キャプテン渡辺の考える有力馬の序列【徒然なる神のくず競馬トーク】
  10. 「27キロ減」激やせがファンを翻弄した宝塚記念…C.ルメールも福永祐一も馬券圏外、「50万馬券」の波乱に一役買った香港の刺客