GJ > 競馬ニュース > ディープ「武豊降板」?
NEW

ディープインパクト「武豊降板」の可能性あった!? 引退レース直前に訪れた大ピンチ「もう1人の天才騎手」が描いた野望

【この記事のキーワード】, ,
ディープインパクト「武豊降板」の可能性あった!? 引退レース直前に訪れた大ピンチ「もう1人の天才騎手」が描いた野望の画像1

 今年の日本ダービー(G1)を産駒のワグネリアンが勝利するなど、今や押しも押されもせぬ、日本競馬史を代表する存在となったディープインパクト

 しかし、そんな「近代競馬の結晶」のほぼ完璧な競走生活の中でも、当然ながらピンチはいくつかあった。1つはキャリア初の敗戦を喫した3歳時の有馬記念(G1)であり、もう1つは禁止薬物イプラトロピウムが検出されたことで失格となった凱旋門賞(仏G1)での敗戦だ。

 しかし実はもう1つ、これらに匹敵する大ピンチといえるシーンがあった。引退レースとなった2度目の有馬記念「直前」の出来事だ。

 この年、ディープインパクトは凱旋門賞でこそ敗れたが、国内では無敗を貫き、オグリキャップ以来の国民的人気を誇る超スターホースの地位を盤石なものにしていた。そして、そんな競馬史でも極めて偉大な存在も、年末の有馬記念でラストランを迎えようとしていた。

“事件”が起こったのはグランプリのわずか数日前。主戦の武豊騎手が香港で騎乗した際、まさかの審議対象となり、香港競馬から騎乗停止処分が言い渡されたのだ。

 これで騒然となったのは日本の競馬界だ。よりによって間近に迫っていた有馬記念が「近代競馬の結晶」とまで言われていたディープインパクトの引退レース。このニュースが日本中の競馬ファンを震撼させたことは想像に難しくないだろう。

ディープインパクト「武豊降板」の可能性あった!? 引退レース直前に訪れた大ピンチ「もう1人の天才騎手」が描いた野望のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 福永祐一絶賛「未完の大器」近親はダービー馬と同配合!「能力は高いですよ」期待の好素材がスピードの違いでデビューV
  2. 「17対3」の雪辱に燃える社台ファームが絶好調!ノーザンファームは宝塚記念に精鋭ズラリ…覇権をかけた直接対決が面白い
  3. C.ルメールと「確勝級」デビュー? 母はG1を2勝、叔母はグランプリ3連覇…宝塚記念前に期待の超良血が登場
  4. イクイノックスの母が制した9年前のマーメイドS! 勝利に導いた鞍上は藤岡康太…2着馬は宝塚記念で最強馬相手に大金星
  5. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  6. 武豊×福永祐一「注目タッグ」の好素材とC.ルメールの良血が激突! 宝塚記念「当日」の新馬戦は今年も見逃せない一戦
  7. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  8. シンザン記念1番人気に推された「良血」が復活V! 名牝エアグルーヴの孫が重賞に匹敵の好時計で快進撃の予感
  9. 宝塚記念(G1)前にドウデュース主戦・武豊が絶好調! メインレース勝利を含む「パーフェクト連対」、2歳新馬は「6馬身差」の圧勝劇
  10. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは