GJ > 競馬ニュース > キセキ「デムと凱旋門賞へ」
NEW

宝塚記念(G1)キセキ「デムーロと凱旋門賞へ」順調? 仕上がり上々で……

【この記事のキーワード】, ,
宝塚記念(G1)キセキ「デムーロと凱旋門賞へ」順調? 仕上がり上々で......の画像1

 6/24の宝塚記念(G1)にむけて調整されているキセキ(牡4 栗東・角居勝彦厩舎)の1週前追い切りが、水曜日に栗東のCウッドコースでM.デムーロ騎手を背に行われた。

 単走で行われたが6F82秒8で追われ、ラストも1F12秒1という時計。折り合いはついており、ラストもハミを取って、レースに向けて心身ともに落ち着いたもの。2週連続調教に騎乗しているM.デムーロ騎手は、満足した表情で「(以前より)首の筋肉がすごく、体の幅もすごい」と半年ぶりに跨がる愛馬を絶賛している。

 3歳秋の菊花賞を制覇しG1馬の仲間入りを果たしたが、12月の香港ヴァーズの出走は2番人気と支持されたものの9着。翌年、休み明けの日経賞も9着と敗退した。不良馬場で行われた菊花賞の疲れが、いまだ抜けきれていないのであろうか?

「M.デムーロ騎手はこの馬のウィークポイントとして『折り合いが難しい馬で、引っ掛かる』と言ってます。前走の日経賞は、スタートが出遅れた上に、外ラチのほうへ飛び出したのを、騎乗したC.ルメール騎手が手綱を引いて軌道修正していました。父親譲りのスタートの悪さですよ。

 また、その後、後方10番手あたりを追走して1週目の直線に入ったのですが、1コーナーから2コーナーの間でキセキはハナにたってしまい、そのまま逃げて9着に惨敗。

 レイデオロのイメージがあるためか、C.ルメール騎手がスローを嫌ってハナに立ったという風にファンも記者も見ていましたが、実際のところは、1000m62秒3と遅めのペースで馬が掛かってしまい、手綱をしぼったり、外目を走らせたりしたものの効果なく、馬の行く気に任せてそのままハナに行かせたみたいで。レース後にC.ルメール騎手は関係者に掛かったことを報告しています。宝塚記念までにこの気性をどうするかが陣営の課題でしょうね」(現場記者)

宝塚記念(G1)キセキ「デムーロと凱旋門賞へ」順調? 仕上がり上々で……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. G1ホース3頭輩出「名繁殖牝馬」最後の仔が勝ち上がり! 佐々木主浩氏がすべて所有、産駒は8頭中7頭が白星
  2. ダノンデサイルにも先着した「実力馬」が5馬身差の圧逃劇!シンガリ惨敗から一気の変わり身で見えた菊花賞への道
  3. 種牡馬ドゥラメンテ「最終世代」が2歳戦初白星! 荒削りながら逃走劇を決めた「一番星」に期待する声
  4. 安藤勝己氏も称賛「展開の読み」ズバリ!岩田康誠、半年ぶり重賞Vに“控えめ”ガッツポーズ…函館記念(G3)圧勝劇に「もっと大きい舞台に行ける」
  5. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  6. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  7. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  8. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは
  9. キャプテン渡辺「秘策」で14番人気アウスヴァールから大的中!オッズ逆転現象に苦しむも「素晴らしい!」とまさかの大絶賛…その狙いとは
  10. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか