GJ > 競馬ニュース > クラウン「回避」可能性
NEW

宝塚記念(G1)サトノクラウン「回避」可能性高まる!? 「状態不安」のまま出走メリットなく「まるでG2」に現実味、ダイヤモンドも?

宝塚記念(G1)サトノクラウン「回避」可能性高まる!? 「状態不安」のまま出走メリットなく「まるでG2」に現実味、ダイヤモンドも?の画像1

 24日に控える宝塚記念(G1)の登録馬がJRAから発表されたが、やはり低調なメンバーを嘆いているファンは多い。それだけに”ディフェンディングチャンピオン”の出走は、今年の春のグランプリの盛り上がりに大きなカギとなりそうだ。

 昨年の宝塚記念は王者キタサンブラックが敗れたことで大きな話題となったが、それを制したのがサトノクラウン(牡6歳、美浦・堀宣行厩舎)だ。

 その後、天皇賞・秋(G1)でこそキタサンブラックと激闘を演じたが、そこから3連敗。ジャパンC(G1)、有馬記念(G1)と二ケタ着順に沈み、前走のドバイシーマクラシック(G1)でも、まったく良いところなく7着に敗れている。

 ただ、この馬ほど敗因がはっきりしている存在も、そうはいない。要は雨が降らず「馬場が重くならなかったから敗れた」と言うことができるからだ。

 実際にサトノクラウンが国内の良馬場で馬券に絡んだのは、2015年の日本ダービー(G1、3着)が最後。勝利となると2歳秋の東京スポーツ杯2歳S(G3)まで遡る。絵に描いたような重馬場巧者である。

宝塚記念(G1)サトノクラウン「回避」可能性高まる!? 「状態不安」のまま出走メリットなく「まるでG2」に現実味、ダイヤモンドも?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 無策? 武豊×ドウデュースは「何故」敗れたのか。単勝165倍の最低人気に絡まれた想定外の宝塚記念…最大最強の宿敵イクイノックスがもたらした意外な弱点とは
  2. 「ゴールドシップ再び?」宝塚記念デー大出遅れに場内どよめき…横山武史「約20馬身」のハンデ跳ね返せず
  3. 永島まなみ「もったいなかった」不完全燃焼のリベンジへ! スプリントG1馬近親の「古豪」と狙う藤田菜七子、今村聖奈超え
  4. 「正直よく分からない」「今日は走らなかった」武豊すら戸惑った惨敗…7冠馬の父が勝てなかった宝塚記念、ドウデュースはライバルのリベンジに続けるか
  5. ブローザホーン「牡馬初」古馬でG1制覇! 人気種牡馬の「早熟」イメージ完全払拭へ
  6. 「オーナーの逆鱗」に触れた原優介が突然のクビ宣告!? 帝王賞でウィルソンテソーロ降板も決定済み…気になる「鞍上交代」はやっぱりアノ人?
  7. 名門の「結晶的」配合馬が武豊とデビュー! 調教師も騎手時代「G1初優勝」の縁…スピード自慢の父に初白星プレゼントへ
  8. 「単勝174.2倍」もJRA歴代最高配当演出! デビュー戦シンガリ負け「17馬身差」からの大逆転を決めたレーヴドロペラ
  9. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは
  10. 今村聖奈も「300鞍」争奪戦に参加!? 岩田望来&田口貫太「フランス武者修行」で絶好機迎える“5人の騎手”とは