GJ > 競馬ニュース > 「キタサンの悪夢」払拭へ
NEW

宝塚記念(G1)武豊「キタサンブラックの悪夢」払拭へ。単勝1.4倍9着惨敗から1年……伏兵ダンビュライトが「リベンジできる」理由

【この記事のキーワード】, ,
宝塚記念(G1)武豊「キタサンブラックの悪夢」払拭へ。単勝1.4倍9着惨敗から1年......伏兵ダンビュライトが「リベンジできる」理由の画像1

 昨年の宝塚記念(G1)で「主役」を務めたのは、キタサンブラック武豊騎手だった。しかし、それは勝った栄光と拍手喝采ではなく、惨敗による悪夢……。単勝1.4倍の大本命馬が馬群に沈む姿に、阪神競馬場は何とも言えない空気に包まれた。

 あれから1年。24日に阪神競馬場で開催される宝塚記念(G1)で、通算5勝目を狙う武豊騎手は昨年の”忘れ物”を獲りに行く。コンビを組むのは「強い4歳世代」のダンビュライト(牡4歳、栗東・音無秀孝厩舎)だ。

 とはいえ、ここ2走は大阪杯(G1)6着と、香港のクイーンエリザベス2世C(G1)7着と一息。特に宝塚記念に近い大阪杯で完敗を喫したことから、今回も相当「厳しい戦いになる」というのが下馬評だ。

 しかし、冷静に振り返ってみると、その大阪杯の走りにこそ”希望”がある。

 勝ったスワーヴリチャードから0.6秒差の6着と、結果だけを見れば文句なしの完敗。「現状、G1では通用しない」と評されても仕方のない内容だ。ちなみに2着馬ペルシアンナイトからは0.5秒、3着馬アルアインからは0.4秒、ヤマカツエース、ミッキースワローと来ての6着である。

 ここまで述べればお気付きかもしれないが、そう彼らはすべて今回の宝塚記念には出走していない。つまり一見、G1の壁に跳ね返されたように見えるダンビュライトだが、実は「大阪杯の最先着馬」なのである。

宝塚記念(G1)武豊「キタサンブラックの悪夢」払拭へ。単勝1.4倍9着惨敗から1年……伏兵ダンビュライトが「リベンジできる」理由のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  2. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  3. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  4. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  5. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  6. サトノカルナバル重賞制覇で「ドウデュース弟」の期待値も上昇? 一昨年スタートした「新型セール」は初年度から重賞ウイナー輩出
  7. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  8. 水沼元輝「異例」9ヶ月間の騎乗停止…後輩を殴打に道路交通法違反、他の騎手も過去には重い処分
  9. 「レベルが違う」「楽勝する」新種牡馬の産駒を調教師が大絶賛!兄はサウジダービーにも挑戦、「超大物候補」のデビューに注目
  10. 「推しの子」アロンズロッド退治に難敵が名乗り!?母アーモンドアイも屈した「因縁の相手」と直接対決濃厚か