GJ > 競馬ニュース > 「キタサンの悪夢」払拭へ
NEW

宝塚記念(G1)武豊「キタサンブラックの悪夢」払拭へ。単勝1.4倍9着惨敗から1年……伏兵ダンビュライトが「リベンジできる」理由

【この記事のキーワード】, ,
宝塚記念(G1)武豊「キタサンブラックの悪夢」払拭へ。単勝1.4倍9着惨敗から1年......伏兵ダンビュライトが「リベンジできる」理由の画像1

 昨年の宝塚記念(G1)で「主役」を務めたのは、キタサンブラック武豊騎手だった。しかし、それは勝った栄光と拍手喝采ではなく、惨敗による悪夢……。単勝1.4倍の大本命馬が馬群に沈む姿に、阪神競馬場は何とも言えない空気に包まれた。

 あれから1年。24日に阪神競馬場で開催される宝塚記念(G1)で、通算5勝目を狙う武豊騎手は昨年の”忘れ物”を獲りに行く。コンビを組むのは「強い4歳世代」のダンビュライト(牡4歳、栗東・音無秀孝厩舎)だ。

 とはいえ、ここ2走は大阪杯(G1)6着と、香港のクイーンエリザベス2世C(G1)7着と一息。特に宝塚記念に近い大阪杯で完敗を喫したことから、今回も相当「厳しい戦いになる」というのが下馬評だ。

 しかし、冷静に振り返ってみると、その大阪杯の走りにこそ”希望”がある。

 勝ったスワーヴリチャードから0.6秒差の6着と、結果だけを見れば文句なしの完敗。「現状、G1では通用しない」と評されても仕方のない内容だ。ちなみに2着馬ペルシアンナイトからは0.5秒、3着馬アルアインからは0.4秒、ヤマカツエース、ミッキースワローと来ての6着である。

 ここまで述べればお気付きかもしれないが、そう彼らはすべて今回の宝塚記念には出走していない。つまり一見、G1の壁に跳ね返されたように見えるダンビュライトだが、実は「大阪杯の最先着馬」なのである。

宝塚記念(G1)武豊「キタサンブラックの悪夢」払拭へ。単勝1.4倍9着惨敗から1年……伏兵ダンビュライトが「リベンジできる」理由のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「7馬身差」大楽勝の大器に第2のレモンポップの声!? ラムジェット凌駕の勝ちタイム…「7戦6勝」C.ルメールで連勝へ
  2. 名門の「結晶的」配合馬が武豊とデビュー! 調教師も騎手時代「G1初優勝」の縁…スピード自慢の父に初白星プレゼントへ
  3. 「警報級大雨のち傘マーク」はドウデュースに試練? 「重馬場濃厚」の宝塚記念(G1)で注目したい道悪巧者
  4. 密かに注目集める宝塚記念「前日」の新馬戦…C.ルメール絶賛もわずか「1戦」で生涯を終えたG1・6勝馬の全弟
  5. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは
  6. 17年前の武豊が最後…宝塚記念「鉄の掟」C.ルメール×ジャスティンパレスは買うな? ゴールドシップの「120億円事件」など悲惨すぎるジンクス
  7. 「正直よく分からない」「今日は走らなかった」武豊すら戸惑った惨敗…7冠馬の父が勝てなかった宝塚記念、ドウデュースはライバルのリベンジに続けるか
  8. 【宝塚記念】ドウデュースとベラジオオペラ…人気馬を買えるか買えないか!?本命・対抗・穴馬の4頭ジャッジ
  9. 宝塚記念は「4分の1」の正解を引けたら当たる!? キャプテン渡辺の考える有力馬の序列【徒然なる神のくず競馬トーク】
  10. 「27キロ減」激やせがファンを翻弄した宝塚記念…C.ルメールも福永祐一も馬券圏外、「50万馬券」の波乱に一役買った香港の刺客