GJ > 競馬ニュース > 【宝塚記念(G1)展望】
NEW

【宝塚記念(G1)展望】「ファン投票1位」サトノダイヤモンドに「復活気配」キセキが引導を渡す!?「追い切り抜群」武豊ダンビュライトも急浮上!

【この記事のキーワード】, ,
【宝塚記念(G1)展望】「ファン投票1位」サトノダイヤモンドに「復活気配」キセキが引導を渡す!?「追い切り抜群」武豊ダンビュライトも急浮上!の画像1

 24日には、阪神競馬場で春のグランプリ・宝塚記念(G1)が開催される。昨年はサトノクラウンの国内G1初制覇以上に、大本命キタサンブラックの惨敗がクローズアップされた宝塚記念。あれから1年、キタサンブラックという大黒柱が引退した影響もあって、近年稀に見る寂しいメンバーとなった。

 それでも主役を務めるサトノダイヤモンド(牡5歳、栗東・池江泰寿厩舎)が復活勝利を上げれば、秋に向かって大きな実りとなるはずだ。

 3歳で菊花賞(G1)と有馬記念(G1)を制し、キタサンブラック最大のライバルとして「時代の競馬界を担う存在」と称されたサトノダイヤモンド。しかし、昨年3月の阪神大賞典(G2)を最後に1年以上、勝ち星から遠ざかっている。

 特に今年は始動戦の金鯱賞(G2)で3着に敗れると、本番の大阪杯(G1)では7着に惨敗。失敗に終わった昨秋の海外遠征の影響を考えざるを得ない、不安を残す結果となった。

 この中間も2週前の追い切りでは「菊花賞や有馬記念を勝ったころにはほど遠い」と、陣営も辛口のジャッジ。しかし、先日の1週前追い切りでは上々の時計を叩き出し、「先週よりはよかった」と明らかな上昇気配を見せている。

 不振に喘ぐ本馬がファン投票1位を獲得した事実が、今の競馬界のスター不在を表しているという厳しい意見もあるが、同時にスターに最も近い存在がサトノダイヤモンドであるとも言えるはずだ。主戦のC.ルメール騎手と共にここで復活勝利を上げ、再び競馬界を担う存在となれるか注目したい。

 そんなサトノダイヤモンドに替わって競馬界を席巻しているのが、フレッシュな4歳世代だ。この宝塚記念には、菊花賞馬のキセキ(牡4歳、栗東・角居勝彦厩舎)が頂点獲りに虎視眈々と爪を研いでいる。

【宝塚記念(G1)展望】「ファン投票1位」サトノダイヤモンドに「復活気配」キセキが引導を渡す!?「追い切り抜群」武豊ダンビュライトも急浮上!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 無策? 武豊×ドウデュースは「何故」敗れたのか。単勝165倍の最低人気に絡まれた想定外の宝塚記念…最大最強の宿敵イクイノックスがもたらした意外な弱点とは
  2. 「ゴールドシップ再び?」宝塚記念デー大出遅れに場内どよめき…横山武史「約20馬身」のハンデ跳ね返せず
  3. 永島まなみ「もったいなかった」不完全燃焼のリベンジへ! スプリントG1馬近親の「古豪」と狙う藤田菜七子、今村聖奈超え
  4. 「正直よく分からない」「今日は走らなかった」武豊すら戸惑った惨敗…7冠馬の父が勝てなかった宝塚記念、ドウデュースはライバルのリベンジに続けるか
  5. 今村聖奈も「300鞍」争奪戦に参加!? 岩田望来&田口貫太「フランス武者修行」で絶好機迎える“5人の騎手”とは
  6. 「オーナーの逆鱗」に触れた原優介が突然のクビ宣告!? 帝王賞でウィルソンテソーロ降板も決定済み…気になる「鞍上交代」はやっぱりアノ人?
  7. 宝塚記念(G1)ソールオリエンスの評価真っ二つ!? 安藤勝己氏「頭打ち」VS田原成貴氏「豪脚を発揮してくれる」
  8. 「単勝174.2倍」もJRA歴代最高配当演出! デビュー戦シンガリ負け「17馬身差」からの大逆転を決めたレーヴドロペラ
  9. 単勝95.1倍「除外明け」超伏兵が直線で瞬間移動!? “実質デビュー戦”で見せた豪脚…牝馬ダート路線に遅れてきた大器
  10. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは