GJ > 競馬ニュース > 宝塚記念の開催に暗雲?
NEW

宝塚記念(G1)大阪地震で開催に暗雲か? 過去には開催中止も……

【この記事のキーワード】, ,
宝塚記念(G1)大阪地震で開催に暗雲か? 過去には開催中止も......の画像1

 18日午前7時58分頃、大阪府北部を震源とする地震が発生した。大阪府北部で震度6弱、京都府南部で震度5強などを記録。大きな被害をもたらしている。

 揺れの強かった地域は、今後1週間程度、震度6弱程度の地震のおそれがあるとして予断を許さない状況が続くと見られている。被害に遭われた方々には一日でも早く、いつもとかわらない日常が訪れてくれることを願ってやまない。

 関西圏を大混乱に陥れた18日に起こった地震。今回の地震に関し、日本中が関西圏を心配している。故郷の方もいるだろうし、友人や親戚一同が住んでいるという場合もあるだろう。過去の震災の衝撃を考えれば、これを他人事と思う日本人はおそらくいないはずだ。

 大きな影響を及ぼすに違いない今回の地震だが、その余波は世間一般の人々の生活だけではなく、競馬界にも及びそうだ。今週末には春のグランプリ・宝塚記念(G1)が阪神競馬場で開催される予定だが……。

「はっきり言って見通しは不明。阪神淡路大震災のときは競馬場も周辺は甚大な被害があり、直近の開催を中止。その年の開催を断念して京都競馬場に振り返られました。そして、7年前の東日本大震災のときにも全国的に直近の開催が見送られるなど多大な影響が出ています。

 今回、どれだけ被害が広がっているのはまだ不明な部分が多いです。今週末の開催については、『被災者の心情を考慮して中止』と『このような状況だからこそ、いち早く通常に戻るためにも開催』の2通りの意見が出てくるでしょうね。どちらも一概に間違っているとは言えないだけに、どうするのかは本当に難しいところです」(競馬誌ライター)

 どのような決断を下すのかはJRAに任せる他ない。

 自然災害は誰に責任を問うこともできない。また今回の震災で、かつての被災者たちは思い返したくもない過去がフラッシュバックした人もいるだろう。身体面はもちろんだが、そのような人たちの精神面でのフォローも必要となってくるはずだ。

 今はとにかく余震に気をつけていただき、身を守っていただきたい。繰り返すことになるが、一日でも早く、いつもとかわらない日常が訪れてくれることを願いたい。

宝塚記念(G1)大阪地震で開催に暗雲か? 過去には開催中止も……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  2. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  3. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  4. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  5. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  6. サトノカルナバル重賞制覇で「ドウデュース弟」の期待値も上昇? 一昨年スタートした「新型セール」は初年度から重賞ウイナー輩出
  7. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  8. 水沼元輝「異例」9ヶ月間の騎乗停止…後輩を殴打に道路交通法違反、他の騎手も過去には重い処分
  9. 「レベルが違う」「楽勝する」新種牡馬の産駒を調教師が大絶賛!兄はサウジダービーにも挑戦、「超大物候補」のデビューに注目
  10. 「推しの子」アロンズロッド退治に難敵が名乗り!?母アーモンドアイも屈した「因縁の相手」と直接対決濃厚か