GJ > 競馬ニュース > 女王桃井はるこのイチオシ
NEW

宝塚記念(G1)でW杯日本の「奇跡」が気になる!? 女王桃井はるこのイチオシは「サイン」よりも「ホワイト」

【この記事のキーワード】, ,
宝塚記念(G1)でW杯日本の「奇跡」が気になる!? 女王桃井はるこのイチオシは「サイン」よりも「ホワイト」の画像1

 今週末に阪神競馬場で開催される宝塚記念(G1)。今回、この春のG1シーズンを締めくくる1戦を読み解くべく、アイドル界の競馬女王・桃井はるこさんにお越しいただいた。この一戦を桃井さんはどうなると見ているのだろうか?

――宝塚記念が開催されます。毎年のことですが、今年も出走メンバーが少々寂しいと話題となりましたね。

桃井はるこ:今年はスワーヴリチャードもレイデオロもいませんからね。ですが出走馬のメンツが薄いからこそ、意外な伏兵が台頭する可能性もあり、非常に面白い展開になることもあるのではないでしょうか。

――なるほど。では、早速ですが桃井さんの本命は?

桃井はるこ:スマートレイアー(牝8歳、栗東・大久保龍志厩舎)です!! 同馬はディープインパクト産駒ですが、宝塚記念はとにかく軽斤量で出走できる牝馬、しかも”ディープインパクト産駒”が上位に食い込むことが多いんです。

 これまで14年にはヴィルシーナが3着に入線し、15年には2着デニムアンドルビー、3着ショウナンパンドラが入りました。そして一昨年はマリアライトが勝利し、昨年はミッキークイーンが3着に入線しています。

宝塚記念(G1)でW杯日本の「奇跡」が気になる!? 女王桃井はるこのイチオシは「サイン」よりも「ホワイト」の画像2

 それにスマートレイアーは引退宣言をしたこともありましたが、現役を引き延ばしてこのレースに臨んでいます。陣営のG1勝利にかける思いは並々ならぬものがあるはず。鞍上の松山弘平騎手は栗東所属で、阪神競馬場の騎乗経験も豊富なうえに最近も好調を維持しています。チャンスは十二分にあるでしょう。

 急にプロ野球の話になって恐縮ですが、今年のセ・パ交流戦は去年最下位だった東京ヤクルトスワローズが最高勝率を記録、つまりリーディングに輝き、2位はオリックス・バファローズでした。この2チームは昨年の成績が振るわなかったこともあり、ファンからすれば期待薄だったんです。でも、下馬評を覆してワンツーを達成しました。

 このようなこともあるんですから、人気が下位にとどまると見られているスマートレイアーが前評判を覆して勝利しても不思議ではないですよ。有終の美を飾り、ターフを後にしてもらいたいですね。それに宝塚記念はかつて、芦毛の暴れん坊・ゴールドシップが2連覇しています! このレースは白い馬が強いって気がします!!

宝塚記念(G1)でW杯日本の「奇跡」が気になる!? 女王桃井はるこのイチオシは「サイン」よりも「ホワイト」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. G1ホース3頭輩出「名繁殖牝馬」最後の仔が勝ち上がり! 佐々木主浩氏がすべて所有、産駒は8頭中7頭が白星
  2. ダノンデサイルにも先着した「実力馬」が5馬身差の圧逃劇!シンガリ惨敗から一気の変わり身で見えた菊花賞への道
  3. 種牡馬ドゥラメンテ「最終世代」が2歳戦初白星! 荒削りながら逃走劇を決めた「一番星」に期待する声
  4. 安藤勝己氏も称賛「展開の読み」ズバリ!岩田康誠、半年ぶり重賞Vに“控えめ”ガッツポーズ…函館記念(G3)圧勝劇に「もっと大きい舞台に行ける」
  5. キャプテン渡辺「秘策」で14番人気アウスヴァールから大的中!オッズ逆転現象に苦しむも「素晴らしい!」とまさかの大絶賛…その狙いとは
  6. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  7. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  8. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  9. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  10. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは