GJ > 競馬ニュース > 「三冠馬」と日本代表
NEW

JRA「三冠馬」と日本代表が”リンク”? 「一瞬」の敗北にあの「暴れん坊」の海外挑戦をファン想起?

【この記事のキーワード】, ,
JRA「三冠馬」と日本代表がリンク? 「一瞬」の敗北にあの「暴れん坊」の海外挑戦をファン想起?の画像1

 ワールドカップの日本vsベルギーの一戦。決勝トーナメントのため、ここで敗れれば敗退。日本が勝てば初のベスト8進出だった。

 試合は2―2で進み、アディショナルタイムが終わるところで、ボールを奪ったベルギーが、そのまま速攻でゴールを決めて勝利を収めた。あと数秒経てば笛が鳴り、延長戦に移るというギリギリの攻防。日本は悲願のベスト8進出を目前にしながらも敗れた。まさか2度目の”ドーハの悲劇”が起こるとは。

 一時は2点リードまで相手を追い詰めた。一瞬で天国から地獄へ落とされてしまった日本代表とファンたち。

 ところで、この瞬間を見ていた一部の競馬ファンたちの間では「ある有名馬の思い出したくない海外レース」がフラッシュバックされていたというのだ。

「2012年、オルフェーヴルが挑戦した凱旋門賞です。大外から爆発的な末脚を繰り出し、残り200mというところでセーフティリードを確保していたのですが、最後の最後で差し切られ2着に。関係者もファンも一瞬にして天国から地獄へ落とされたあの感覚……レース後、勝者よりもさらに評価されていた点も同じですね。

互角以上の戦いをしていただけに余計に悔しさが増す……まったく同じ感覚です。サッカー日本代表とオルフェーヴルの凱旋門賞が意外なところでつながりました」(現場記者)

 Twitterでも同時多発的に呟かれたように、日本代表戦を見ながら、あのオルフェーヴルの凱旋門賞の悔しさを思い出してしまった競馬ファンは、多数いたようだ。

 オルフェーヴルの凱旋門賞挑戦を改めて振り返ってみたい。

JRA「三冠馬」と日本代表が”リンク”? 「一瞬」の敗北にあの「暴れん坊」の海外挑戦をファン想起?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【クイーンS】ボンドガール武豊は「仲間外れ」の孤軍奮闘!? 「休み明け」C.ルメールは新潟ではなく札幌参戦
  2. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 武豊「マジック炸裂」も次走で鞍上問題発生!? 一撃“5億円”獲得「世代ナンバーワン牡馬」が参戦予定
  4. 重賞勝ち馬で「伝説」に匹敵のセントライト記念!? アルナシーム優勝で朝日杯が話題も…休養中の実力馬が秋の復帰に準備着々
  5. 福永祐一厩舎「良血2歳馬」が仕切り直しのデビュー戦! 川田将雅が騎乗する「同期」の血統馬がライバル?
  6. 「G1・3勝」の名牝も彷彿? 武豊&ナムラローズマリーが3連勝達成!「力もスピードもある」北海道で急上昇の短距離牝馬
  7. JRA「暑熱対策」に関係者からブーイング続出!?朝帰り避けられぬ可能性も…「遅過ぎる最終レース」に現場は戦々恐々
  8. 「怪物候補」に早くもイクイノックス二世の声!?鞍上はドゥラメンテ、スターズオンアースで無念の降板…「7馬身差」より際立った加速と爆発力
  9. 「計224歳」横山典弘、武豊、柴田善臣、小牧太の爺祭り!?小倉、札幌、福島で大活躍…ラストライドの名手は「131万馬券」で有終の美
  10. 【クイーンS】藤田伸二を背に初重賞制覇を飾った「名牝」、今年の狙い目は武豊騎乗「恵量」の3歳馬?【東大式必勝馬券予想】