GJ > 競馬ニュース > ダイヤモンド「池江の泣き」
NEW

宝塚記念(G1)サトノダイヤモンド「池江の泣き」は復活のサイン!? 奇跡の大逆転へ「怪物」オルフェーヴルが起こした奇跡

宝塚記念(G1)サトノダイヤモンド「池江の泣き」は復活のサイン!? 奇跡の大逆転へ「怪物」オルフェーヴルが起こした奇跡の画像1

 24日、阪神競馬場で開催される宝塚記念(G1)。ここ数年、競馬人気を支え続けたキタサンブラックがターフを去った今年、「新たなスター誕生」を願ってファンが投票1位に選んだのは、そのライバル・サトノダイヤモンド(牡5歳、栗東・池江泰寿厩舎)だった。

 2016年12月、キタサンブラックとの壮絶な一騎打ちを制し、3歳馬にして有馬記念(G1)を勝ったサトノダイヤモンドは、紛れもなく「歴代最強馬の領域」に達していた。

 グレード制が導入された1984年以降、本馬以外で3歳ながら有馬記念を勝ったのは述べ12頭。そこから「菊花賞に出走しながらも敗れていた馬」を除外するとシンボリルドルフ、オグリキャップ、ナリタブライアン、マヤノトップガン、グラスワンダー、マンハッタンカフェ、シンボリクリスエス、ヴィクトワールピサ、オルフェーヴル、ゴールドシップの10頭となる。

 いずれも競馬史に名を残す名馬だが、古馬になって屈腱炎に見舞われたナリタブライアンを除けば全馬が「古馬になってもG1を勝利」している。さらに上記10頭の中で「菊花賞と有馬記念を共に1番人気で勝利」したのはシンボリルドルフ、ナリタブライアン、オルフェーヴル、ゴールドシップ、そしてサトノダイヤモンドだけ。

 サトノダイヤモンドはかつて、これら歴史上でも最強クラスの名馬たちと肩を並べ、「次代の競馬界を担う存在」になると期待されていた。不振に喘ぎ、全盛期を過ぎたと言われている今でさえ、ファン投票1位に選出されたのは、そういったファンの思いが未だあるからこそだ。

 だからこそもう一度輝きを取り戻し、投票したファンの思いに応えたい――。例え、「低調」と言われる今回の宝塚記念が現役最強を決める戦いでなかったとしても、それでも勝ちたいのが今のサトノダイヤモンド、そして池江泰寿調教師を始めとした陣営の心情に違いないだろう。

 だがこの中間、サトノダイヤモンドはとても本調子と言える状態ではない。

宝塚記念(G1)サトノダイヤモンド「池江の泣き」は復活のサイン!? 奇跡の大逆転へ「怪物」オルフェーヴルが起こした奇跡のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  2. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  3. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  4. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  5. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  6. サトノカルナバル重賞制覇で「ドウデュース弟」の期待値も上昇? 一昨年スタートした「新型セール」は初年度から重賞ウイナー輩出
  7. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  8. 水沼元輝「異例」9ヶ月間の騎乗停止…後輩を殴打に道路交通法違反、他の騎手も過去には重い処分
  9. 「レベルが違う」「楽勝する」新種牡馬の産駒を調教師が大絶賛!兄はサウジダービーにも挑戦、「超大物候補」のデビューに注目
  10. 「推しの子」アロンズロッド退治に難敵が名乗り!?母アーモンドアイも屈した「因縁の相手」と直接対決濃厚か