GJ > 競馬ニュース > ストロングタイタン「覚醒」
NEW

宝塚記念(G1)ストロングタイタン「覚醒」の一撃!? 過去王者ラブリーデイ輩出レースで一変の理由

【この記事のキーワード】, ,
宝塚記念(G1)ストロングタイタン「覚醒」の一撃!? 過去王者ラブリーデイ輩出レースで一変の理由の画像1

 有力馬の回避が相次ぎ、出走予定馬の質に疑問符が投げかけられている今回の宝塚記念(G1)。だがそれは、出走馬からすれば他のG1よりもチャンスがあるともいえる。鳴尾記念を制し、宝塚記念へ向かうストロングタイタン(牡5歳、栗東・池江泰寿厩舎)もそのチャンスを逃さないよう虎視眈々と勝利を目指す1頭だ。

 昨年は中山金杯(G3)では9着、1番人気で迎えた小倉大賞典(G3)、小倉記念(G3)ではそれぞれ5着、8着とストロングタイタンは重賞の壁に跳ね返されてきた。そしてその後は出走するも勝利は遠く、苦戦を強いられていた。

 だが前走の鳴尾記念で一変。M.デムーロ騎手に促されて好スタートから好位につけると、最後の直線でラチ沿いをスルスルとあがる渾身のイン付きで、トリオンフを交わして重賞初勝利。さらにこれまでの勝ち時計を0秒4も更新するレコードタイムも記録している。

「このストロングタイタンの勝利で池江厩舎は同一重賞4連覇を記録するなど、まさに記録ずくめの勝利となりました。同馬は前走では阪神競馬場はキャリア初だったものの、見事に快勝。コース適性があると見ても良さそうなので、本番の宝塚記念でも頑張ってくれそうです」(競馬誌ライター)

 これまで能力は認められていたものの勝ちきれず、足踏みをしていたストロングタイタン。だが、ここに来て一気に才能が開花した感がある。その同馬は栗東坂路で1週前追い切り。助手を背に馬なりで4F58秒8-12秒3を記録した。

宝塚記念(G1)ストロングタイタン「覚醒」の一撃!? 過去王者ラブリーデイ輩出レースで一変の理由のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 永島まなみと「超人気タレント」が共演!? ひまわり賞優勝、小倉ターフ賞受賞の活躍にメディアからも引っ張りだこ
  3. 「ドゥラメンテ×フランケル」良血2歳馬がレコードV!パドックで放馬もなんの「矢作厩舎×DMMドリームクラブ」から新たな大物候補が誕生
  4. 【クイーンS(G3)展望】秋を見据え「逆襲」の武豊ボンドガール登場! 秋華賞馬スタニングローズ、ウンブライルら古馬陣が迎撃
  5. 「G1・3勝」の名牝も彷彿? 武豊&ナムラローズマリーが3連勝達成!「力もスピードもある」北海道で急上昇の短距離牝馬
  6. 【キングジョージ(G1)展望】世界最強オーギュストロダンに挑戦状を叩きつけるのは? 欧州上半期の祭典でディープインパクトVSハーツクライが実現も
  7. 夏の新潟「パドックウォーク」が早くも話題沸騰!? 昼休みのパドック開放に「普段は入れないから興味ある」一部では懸念も
  8. 武豊に米ブリーダーズC参戦プラン浮上! ドウデュース凱旋門賞白紙も「2頭の無敗の怪物」で米国競馬を席巻?
  9. 【アイビスSD(G3)展望】新婚の「千直女王」藤田菜七子にチャンス! 勝つのはスペシャリストか、秋を見据える大物か
  10. 父キタサンブラック似イケメンの「超抜追い切り」にファン騒然!中京記念(G3)出走馬を「子供扱い」した2歳馬の正体