GJ > 競馬ニュース > 石神「オジュウとの別れ」?
NEW

JRA石神深一「オジュウチョウサンと別れ」意識? 売上大幅UPに勝利の歓喜、複雑な思い詰まった「7.7狂騒曲」

【この記事のキーワード】, ,
JRA石神深一「オジュウチョウサンと別れ」意識? 売上大幅UPに勝利の歓喜、複雑な思い詰まった「7.7狂騒曲」の画像1

 4年8カ月ぶりの平地レースで3馬身差の圧勝劇を繰り広げたオジュウチョウサン(牡7歳、美浦・和田正一郎厩舎)。3コーナー過ぎに早くも先頭に立つと、あとは一方的に他馬を突き放して、会心の勝利を飾った。

 レース後に武豊騎手は「すごいですね。もっと走りそうです」と同馬を褒めちぎった。また「デイリースポーツ」の取材には「え、予想で無印にしたの?(笑)」と周囲の記者に対してリップサービスまで披露したという。

「レース前に自身の公式サイトの日記で『次も平地を使いたくなるような、インパクトのある勝ち方が理想』と綴っていましたが、まさにこの言葉通りになったと思います。障害最強馬が平地でどこまでやれるのか、これからも見てみたい気持ちはありますね」(競馬記者)

 オジュウチョウサンが初平地勝利を飾った7日の福島競馬場は、同馬の姿をひと目見たいというファンが詰めかけ、前年比138.3%の1万4247人を記録した。またオジュウチョウサンが出走した開成山特別の売り上げは前年比2倍に迫ろうかという11億4320万1100円。さらにオジュウチョウサングッズ売り場も展開され、そちらでも約500万の売上を記録したという。

 オジュウチョウサンがレースにも勝ち、興行的にも大成功。この日は福島競馬場がオジュウチョウサンフィーバーに湧いた1日となった。

JRA石神深一「オジュウチョウサンと別れ」意識? 売上大幅UPに勝利の歓喜、複雑な思い詰まった「7.7狂騒曲」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊、横山武史が函館参戦の裏で「JRAの事情聴取」も関係?注目若手騎手の「グレーゾーン疑惑」がひっそりと決着
  2. 菊花賞を前に「無念のリタイア」から約2年…イクイノックス&ドウデュース世代の「元クラシック候補」が待望の復帰!
  3. 「コンビ復活」C.ルメールと負けられない戦い!ジャスティンミラノ、ダノンデサイルに引けを取らない素質馬が登場
  4. C.ルメール「恒例のアレ」でリーディング争いも一休み? 酷暑予想の新潟参戦もノーザンファームがバックアップ
  5. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  6. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  7. D.レーン「緊急登板」で宝塚記念に参戦濃厚! 3連勝中のパートナーにダービー馬以上の手応えも…武豊ドウデュースに「思わぬ難敵」登場か
  8. レイデオロ「期待の星」が今週末デビュー!晩成かそれとも早熟か…2年目の巻き返しへ勝負の夏
  9. 「オーナーの逆鱗」に触れた原優介が突然のクビ宣告!? 帝王賞でウィルソンテソーロ降板も決定済み…気になる「鞍上交代」はやっぱりアノ人?
  10. C.ルメール「定位置」返り咲きは時間の問題?川田将雅を圧倒した5月の快進撃… 「コンビ4戦4勝」ジャスティンパレスと宝塚記念参戦!