GJ > 競馬ニュース > ゴールドアクター「引退」左右?
NEW

ゴールドアクター「引退」左右の一戦へ。最強ライバルと渡り合った力は戻るのか

【この記事のキーワード】, ,
ゴールドアクター「引退」左右の一戦へ。最強ライバルと渡り合った力は戻るのかの画像1

 古豪は今度こそ復活することができるのだろうか?

 2015年の有馬記念勝ち馬・ゴールドアクター(牡7歳、美浦・中川公成厩舎)が、次走として9月23日開催されるオールカマー(G2)を視野に入れていると報じられた。

 15年の有馬記念では、ゴールドシップ、キタサンブラック、マリアライトなど名だたる名馬を相手取り、勝利を収めたゴールドアクター。その後も第一線でライバルたちと熱いレースを繰り広げた。

 だが、今年は3番人気に支持されたAJCC(G2)で11着、前走の大阪杯(G1)でも16着と2走連続での殿負けを喫するなど、かつての走りが見る影もない惨敗を繰り広げている。

「この大敗を受けて”引退”の二文字もささやかれていました。ですが、陣営はまだターフから退かせるつもりは無いみたいですね。

 ゴールドアクターはG1勝ちも含めて23戦9勝をあげ、獲得賞金は7億円以上を記録するなど紛れもない名馬です。しかし、残した成績はステイヤー寄りでこのまま種牡馬入りしたとしても価値が見出されるかは微妙なところ。種牡馬として箔を付ける意味でも、もう少し勝ちたいということなのかもしれません」(競馬誌ライター)

 ゴールドアクターはオールカマーを2年前に勝利。開催される中山競馬場は、昨年まで掲示板を外したことがない相性のいい競馬場として知られていた。

「名うての中山巧者ですので、復活するとしたらここなのは間違いないでしょう。好走すれば、それ以後の重賞戦線にも参戦するめどもつくはずです。

 しかし、今年は休み明けとはいえ中山競馬場で開催されたAJCCでも惨敗しています。得意としていた中山で、2戦連続で結果が残せないのであれば、陣営としても諦めがつき、いよいよ現役を去るという決断が下されるかもしれません」(競馬誌ライター)

 崖っぷちに追い込まれているゴールドアクター。結果を残すことができるのだろうか?

ゴールドアクター「引退」左右の一戦へ。最強ライバルと渡り合った力は戻るのかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 無策? 武豊×ドウデュースは「何故」敗れたのか。単勝165倍の最低人気に絡まれた想定外の宝塚記念…最大最強の宿敵イクイノックスがもたらした意外な弱点とは
  2. 「ゴールドシップ再び?」宝塚記念デー大出遅れに場内どよめき…横山武史「約20馬身」のハンデ跳ね返せず
  3. 永島まなみ「もったいなかった」不完全燃焼のリベンジへ! スプリントG1馬近親の「古豪」と狙う藤田菜七子、今村聖奈超え
  4. 「正直よく分からない」「今日は走らなかった」武豊すら戸惑った惨敗…7冠馬の父が勝てなかった宝塚記念、ドウデュースはライバルのリベンジに続けるか
  5. 今村聖奈も「300鞍」争奪戦に参加!? 岩田望来&田口貫太「フランス武者修行」で絶好機迎える“5人の騎手”とは
  6. 「オーナーの逆鱗」に触れた原優介が突然のクビ宣告!? 帝王賞でウィルソンテソーロ降板も決定済み…気になる「鞍上交代」はやっぱりアノ人?
  7. 宝塚記念(G1)ソールオリエンスの評価真っ二つ!? 安藤勝己氏「頭打ち」VS田原成貴氏「豪脚を発揮してくれる」
  8. 「単勝174.2倍」もJRA歴代最高配当演出! デビュー戦シンガリ負け「17馬身差」からの大逆転を決めたレーヴドロペラ
  9. 単勝95.1倍「除外明け」超伏兵が直線で瞬間移動!? “実質デビュー戦”で見せた豪脚…牝馬ダート路線に遅れてきた大器
  10. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは