GJ > 競馬ニュース > 武豊「クロフネ2世」
NEW

武豊「クロフネ2世」誕生? 「7・4・4・10・5馬身」ダート圧勝続けるインティにファン驚嘆

【この記事のキーワード】, ,
武豊「クロフネ2世」誕生? 「7・4・4・10・5馬身」圧勝続けるインティにファン驚嘆の画像1

 10日に開催された東京競馬の武蔵野S(G3)は混戦をサンライズノヴァが制したが、ファンのダートへの注目は裏開催の京都、そして武豊騎手に注がれていた。

 京都10Rの観月橋S(1600万下)。1番人気インティ(牡4 栗東・野中賢二厩舎)は単勝1.1倍。武豊騎手鞍上である。

 1800mのレースは、スタートから松山弘平騎乗のリアンヴェリテが押して押して先頭を奪う中、楽な手応えのままスッと2番手を確保したインティ。道中では引っかかるような素振りも見せていたが……。

 3コーナーまでは大きな動きはなく、4コーナー手前からインティが徐々に進出を開始。直線に入った時には早くもリアンヴェリテを交わし先頭。場内がどよめいた。

 一完歩ごとに後続を放していくインティ。その手応えに曇りはなく、武豊騎手は鞭どころか追うこともないままちぎりにちぎり、5馬身差の圧勝となった。

 ファンの間でも「アメリカの馬みたい」「これは強い」「今日の武蔵野Sでも勝負になった」と絶賛の声が後を絶たない。

 インティは昨年4月ダート未勝利(9着)でデビューし、その後未勝利、500万下を楽に連勝。だが体質から1年間休養。7月の復帰戦500万下を4馬身差で飾ると、続く10月の1000万下は10馬身差。そして今回も5馬身と準オープンまではライバルを寄せ付けず5連勝を達成。つけた着差は「7・4・4・10・5馬身」である。武豊騎手は2走前から騎乗している。

武豊「クロフネ2世」誕生? 「7・4・4・10・5馬身」ダート圧勝続けるインティにファン驚嘆のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 新種牡馬サートゥルナーリア産駒「超大物候補」がいきなりデビュー!?「名牝シーザリオ伝説」新章へ…注目2歳馬ピックアップ
  2. JRA「3歳賞金王」はジャンタルマンタル、ジャスティンミラノにあらず!? 日本不在の“裏”賞金王の存在と、新種牡馬サートゥルナーリアが1強にならない異変
  3. オークス「本命」は去年から決めてました! キャプテン渡辺「大穴はこれだ!!」神の馬券術による極選穴馬【徒然なる神のくず競馬トーク】
  4. 「東京2400mで買うべき馬」これぞダービージョッキーの金言!オークス&日本ダービーのヒントが満載!ステレンボッシュ、ジャスティンミラノを上回る期待馬がいる!
  5. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ? 【日本ダービー】「過去20年連対ゼロ」の苦戦でも今年はG1級!?  ドゥラメンテ「最後の大物」出現なるか。「伝説」の最終世代をピックアップ【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為…ビッグレッドファームが来年GWの見学を休止。過去にあった非常識行為と、SNSやYouTubeの無断アップが後を絶たない問題
  7. 【オークス(G1)予想】ステレンボッシュから魂の6点勝負! 5年連続10番人気以下が激走レースで「極上穴馬」指名
  8. 【日本ダービー】武豊「35回目挑戦」で初のコンビ継続! シンボリクリスエスとも意外な接点…「連対率100%」はシュガークンに追い風か
  9. J.モレイラ「短期免許」条件クリアに暗雲…「スムーズな競馬ができなかった」マスクトディーヴァで痛恨の取りこぼし、残るチャンスはあと「2回」
  10. オークス(G1)は左回りの連対率100%のあの娘から! 気になる“特製もんじゃ”と前走・桜花賞組?【UMAJOモモのオイシイ競馬】