GJ > 競馬ニュース > 川田将雅「100%」継続中
NEW

JRA武豊より川田将雅が「秋G1」で美味すぎる!?”外国人旋風”が吹き荒れる中、馬券圏内「100%」継続中の安定感

【この記事のキーワード】, , ,
JRA武豊より川田将雅が「秋G1」で美味すぎる!?外国人旋風が吹き荒れる中、馬券圏内「100%」継続中の安定感の画像1

 現在6週連続G1勝利と「外国人騎手旋風」が吹き荒れている昨今の競馬界。武豊騎手が持つ年間212勝の更新に向け、リーディングをひた走るC.ルメール騎手の4週連続G1制覇に始まり、ここ2週もJ.モレイラ騎手とW.ビュイック騎手がそれぞれ日本G1初制覇。まさに時代は「カタカナ騎手」だ。

 秋華賞(G1)のアーモンドアイ、菊花賞(G1)のフィエールマン、天皇賞・秋(G1)のレイデオロ、JBCスプリント(G1)のグレイスフルリープ……ルメール騎手による怒涛の快進撃で幕を開けた外国人騎手劇場。

 次週のエリザベス女王杯(G1)ではモレイラ騎手が、武豊騎手で何度も2着に泣いたリスグラシューであっさりとG1制覇。先週のマイルCS(G1)でも、ゴール前はステルヴィオのW.ビュイック騎手とペルシアンナイトのM.デムーロ騎手との壮絶な叩き合いだった。

 世界に認められる外国人騎手たちの共演は、レースレベルの高さを物語っているともいえるが、ここは日本。「日本人騎手」の活躍に期待するファンも決して少なくはない。

 その筆頭に立つのは、やはり世界的な名声を得ている武豊騎手か。現在リーディング3位と日本人最多勝を上げている戸崎圭太騎手か。それとも今年悲願のダービー制覇を成し遂げた次代のエース福永祐一騎手か……。

 いや、今一度冷静にこの秋のG1結果を振り返ってみると今、日本人騎手で最も頼りになるのは川田将雅騎手に違いない。

JRA武豊より川田将雅が「秋G1」で美味すぎる!?”外国人旋風”が吹き荒れる中、馬券圏内「100%」継続中の安定感のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「ルメールショック」が木村哲也厩舎に直撃?桜花賞に続き皐月賞も人気馬が凡走…主戦騎手不在で「13連敗」の急ブレーキ
  2. 【マイラーズC】2連敗中の川田将雅騎手×セリフォスのコンビ継続に疑問の声?「やっぱりレーンじゃなきゃ」「なぜ藤岡佑介を乗せない?」。一方、逆転を狙うノーマークの穴馬が急浮上!
  3. ついに発見「2024春G1全勝」の法則!? 大阪杯も桜花賞も、そして皐月賞も…次の天皇賞・春は「あの馬番」が確勝か
  4. 永島まなみに続く「2年目女性騎手」が復活の狼煙! 復帰後初白星を含む3勝の固め打ちで「ブレイク」は時間の問題?
  5. ジャンタルマンタル、NHKマイルC(G1)大本命に急浮上!? 川田将雅「素晴らしいレース」もう1頭の有力お手馬「鞍上未定」の裏事情
  6. 【皐月賞】メイショウタバル「史上最速」タイムでシンガリ大惨敗…「ゲート入りに手間取った時に」父ゴールドシップの難しさが露呈?
  7. 【皐月賞】「無敗の二冠」視野に入る戸崎圭太の悲願は叶うか?近年の挑戦者は1勝3敗の苦戦…リベンジしたい5年前の悪夢
  8. 「永遠のライバル」逆転も時間の問題?キズナ産駒が待望のクラシック初制覇、ジャスティンミラノ皐月賞優勝に大きな意味
  9. 【福島牝馬S】メジャーエンブレム撃破も1番人気が一度もなかった「重賞3勝牝馬」…混戦ムードの今年は一攫千金も?【東大式必勝馬券予想】
  10. 【皐月賞】パンサラッサ級「大暴走」でまさかの最下位…「力みが強かった」浜中俊も制御できず、メイショウタバルに抱いたファンの不安