GJ > 競馬ニュース > 「雪辱」スワーヴリチャード
NEW

JRAジャパンC(G1)「雪辱」スワーヴリチャードの可能性。”悪夢”の天皇賞・秋よりも東京2400mが「ベスト」といえる理由

【この記事のキーワード】, ,
JRAジャパンC(G1)「雪辱」スワーヴリチャードの可能性。悪夢の天皇賞・秋よりも東京2400mが「ベスト」といえる理由の画像1

 雪辱へ正念場を迎えた。25日に東京競馬場で開催されるジャパンカップ(G1)だが、古馬の大将格スワーヴリチャード(牡4歳、栗東・庄野靖志厩舎)が、このような形で秋の大目標を迎えるとは誰に予測できただろうか。

 前走の天皇賞・秋(G1)は本馬、そして主戦のM.デムーロ騎手にとっても、まさに”悪夢”のようなレースだった。

 このレースを迎えるまでの東京実績は、重賞2勝を含む[2.1.1.0]。日本ダービー(G1)2着に、安田記念(G1)3着と最高の舞台だっただけに、スワーヴリチャードは単勝2.5倍の1番人気に支持された。

 しかし、スタートで出遅れ……いや、もともとゲートに不安のある馬だけに、出遅れ自体は特別大きなダメージではなかったのかもしれない。だが、その直後にデムーロ騎手が「本当に痛かった」と振り返るマカヒキとの接触。不利が重なり、致命的な出遅れとなってしまった。

「ここで、次に考えたのは、自分から動くレースをしたかった。しかし、外にずっとはられたことで何もできなくなってしまった」

『netkeiba.com』で連載している『ミルコの最速レース回顧』でそう語っている通り、デムーロ騎手は春の大阪杯(G1)のような早めの進出の競馬を試みたかったが、あの時は8枠15番からのスタート。今度は4枠5番という好枠が仇となって、インを通らざるを得ない状況に……そのまま同じく接触で出遅れたマカヒキに外から被せられると、動くに動けない。マカヒキの鞍上が名手・武豊だけに、馬群がばらけた最後の直線までシビアに締め付けられた格好だ。

JRAジャパンC(G1)「雪辱」スワーヴリチャードの可能性。”悪夢”の天皇賞・秋よりも東京2400mが「ベスト」といえる理由のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「ルメールショック」が木村哲也厩舎に直撃?桜花賞に続き皐月賞も人気馬が凡走…主戦騎手不在で「13連敗」の急ブレーキ
  2. 【マイラーズC】2連敗中の川田将雅騎手×セリフォスのコンビ継続に疑問の声?「やっぱりレーンじゃなきゃ」「なぜ藤岡佑介を乗せない?」。一方、逆転を狙うノーマークの穴馬が急浮上!
  3. ついに発見「2024春G1全勝」の法則!? 大阪杯も桜花賞も、そして皐月賞も…次の天皇賞・春は「あの馬番」が確勝か
  4. 永島まなみに続く「2年目女性騎手」が復活の狼煙! 復帰後初白星を含む3勝の固め打ちで「ブレイク」は時間の問題?
  5. ジャンタルマンタル、NHKマイルC(G1)大本命に急浮上!? 川田将雅「素晴らしいレース」もう1頭の有力お手馬「鞍上未定」の裏事情
  6. 【皐月賞】メイショウタバル「史上最速」タイムでシンガリ大惨敗…「ゲート入りに手間取った時に」父ゴールドシップの難しさが露呈?
  7. 【皐月賞】「無敗の二冠」視野に入る戸崎圭太の悲願は叶うか?近年の挑戦者は1勝3敗の苦戦…リベンジしたい5年前の悪夢
  8. 「永遠のライバル」逆転も時間の問題?キズナ産駒が待望のクラシック初制覇、ジャスティンミラノ皐月賞優勝に大きな意味
  9. 【福島牝馬S】メジャーエンブレム撃破も1番人気が一度もなかった「重賞3勝牝馬」…混戦ムードの今年は一攫千金も?【東大式必勝馬券予想】
  10. 【皐月賞】パンサラッサ級「大暴走」でまさかの最下位…「力みが強かった」浜中俊も制御できず、メイショウタバルに抱いたファンの不安