GJ > 競馬ニュース > 「不安」はルメール
NEW

東京大賞典(G1)ゴールドドリーム「不安」はルメール騎手のおつかれモード!? 絶好調の秋から”冬”へ12月「重賞未勝利」の大失速……

【この記事のキーワード】, , ,
東京大賞典(G1)ゴールドドリーム「不安」はルメール騎手のおつかれモード!? 絶好調の秋から冬へ12月「重賞未勝利」の大失速......の画像1

「あの馬」と再戦するまで負けるわけにはいかない。29日に大井競馬場で行われる東京大賞典(G1)に”旧”ダート王ゴールドドリーム(牡5歳、栗東・平田修厩舎)が出陣する。

 昨年、フェブラリーS(G1)とチャンピオンズC(G1)を制し、統一ダート王に輝いたゴールドドリーム。今年もかしわ記念(G1)、帝王賞(G1)を連勝するなど、昨年の最優秀ダートホースに恥じない活躍を見せていたが、その天下終焉の気配は突如として訪れた。”新”ダート王ルヴァンスレーヴの存在だ。

 前走の南部杯(G1)で初めて激突した新旧王者。ダート界の覇権を懸けた争いはルヴァンスレーヴに軍配が上がり「世代交代」の象徴的なシーンとなった。

 チャンピオンズC(G1)で巻き返しを図りたかったゴールドドリームだが、右肩の筋肉痛のため無念の回避。レースはルヴァンスレーヴが圧勝し、今年の最優秀ダートホースをほぼ手中にしている。後れを取ったゴールドドリームにとって、新王者不在の東京大賞典は負けられない一戦というわけだ。

「チャンピオンズC回避後は、ノーザンファーム信楽へ休養に出ていましたが、幸い馬はすこぶる元気ですね。最終追い切りは栗東の坂路で4ハロン51.3秒の好タイムでしたが、最後まで脚色が衰えない素晴らしい動き。むしろ、南部杯やチャンピオンズCよりも良いかもしれません。

東京大賞典はケイティブレイブやオメガパフュームといった辺りが強敵になりそうですが、これなら王者の力を見せつけられるんじゃないでしょうか」(競馬記者)

 コンディションに問題がないとすれば、来年以降ルヴァンスレーヴにリベンジするためにも負けられないところ。だが、唯一不安があるとすれば、最近やや存在感が薄れてきているC.ルメール騎手だという。

東京大賞典(G1)ゴールドドリーム「不安」はルメール騎手のおつかれモード!? 絶好調の秋から”冬”へ12月「重賞未勝利」の大失速……のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 「怪物候補」に早くもイクイノックス二世の声!?鞍上はドゥラメンテ、スターズオンアースで無念の降板…「7馬身差」より際立った加速と爆発力
  3. 【アイビスSD】“新婚”藤田菜七子騎手が得意の千直でビッグチャンス!超穴馬マウンテンムスメが大波乱を演出か?
  4. 「G1・3勝」の名牝も彷彿? 武豊&ナムラローズマリーが3連勝達成!「力もスピードもある」北海道で急上昇の短距離牝馬
  5. 「計224歳」横山典弘、武豊、柴田善臣、小牧太の爺祭り!?小倉、札幌、福島で大活躍…ラストライドの名手は「131万馬券」で有終の美
  6. 小牧太「JRAラストライド」は12番人気V!「好判断」の連続がこの日唯一の100万馬券もたらす
  7. 福永祐一厩舎「良血2歳馬」が仕切り直しのデビュー戦! 川田将雅が騎乗する「同期」の血統馬がライバル?
  8. 「ドゥラメンテ×フランケル」良血2歳馬がレコードV!パドックで放馬もなんの「矢作厩舎×DMMドリームクラブ」から新たな大物候補が誕生
  9. ヤマニンウルスに次ぐ2位の好タイムで「6馬身差」圧勝劇! 新たな怪物候補の登場に横山武史「大きなところも狙える」
  10. 「伝説の朝日杯」から新たな重賞ウイナーが誕生! ドウデュースはじめG1馬が4頭…遅れてきた「好素材」が初タイトル