GJ > 競馬ニュース > 「覇者」アポロケンタッキー
NEW

東京大賞典(G1)「一昨年覇者」アポロケンタッキー復調の「鍵」見限るのは早すぎる?

【この記事のキーワード】, ,
東京大賞典(G1)「一昨年覇者」アポロケンタッキー復調の「鍵」見限るのは早すぎる?の画像1

 12月29日、大井競馬場で行われる東京大賞典(Jpn1、ダート2000メートル)に一昨年の覇者アポロケンタッキー(牡6歳、栗東・山内研二厩舎)が出走する。今年、どのような走りができるのか。

 2016年の東京大賞典を振り返ってみよう。コパノリッキーが逃げ、アウォーディーが2番手。アポロケンタッキーも3番手につけるが、いつもは後方からのサウンドトゥルーとノンコノユメも4、5番手の位置。結果、先行した中央勢の実力馬が上位を独占し、早目に抜け出したアポロケンタッキーが押し切った。

 これがアポロケンタッキーのベストレース。能力上位馬同士の先行争いとなり、パワー勝負に持ち込めれば勝ち切れる。将来のダート界を背負っていくのは当時4歳だった若きアポロケンタッキーに思えた。ところが、同馬はその東京大賞典以来勝ち星はわずかJpn2の1つ。思わぬ足踏み状態が続いている。どうしてしまったのだろうか。

 1つは気性的な問題。この東京大賞典のように、先行できて、しかもばらける展開であれば問題はない。ただし、揉まれると嫌気がさして走る気がなくなってしまう。自ら行く気があればいいのだが、気分が乗らないまま騎手に無理やり追われると、この場合もやる気が失せてしまう。

 もう1つは馬体重。2016年の東京大賞典が565キロ。これでも立派な巨漢馬だが、今年は570キロ台でも出走している。体を絞るのが難しいのだ。12月のチャンピオンズC(G1、ダート1800メートル)は体を絞るために、浦和記念(Jpn2、ダート2000メートル)からの連闘で臨んだ。それでも浦和記念で569キロだった馬体重はチャンピオンズCでは+5キロの574キロだった。

 強力メンバー相手の東京大賞典を勝っているように底力があるのは明らかだ。ところが、気性難と太りやすい体質により思うように実力を発揮できない。これがアポロケンタッキーの現状と言える。

東京大賞典(G1)「一昨年覇者」アポロケンタッキー復調の「鍵」見限るのは早すぎる?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 「怪物候補」に早くもイクイノックス二世の声!?鞍上はドゥラメンテ、スターズオンアースで無念の降板…「7馬身差」より際立った加速と爆発力
  3. 【アイビスSD】“新婚”藤田菜七子騎手が得意の千直でビッグチャンス!超穴馬マウンテンムスメが大波乱を演出か?
  4. 「G1・3勝」の名牝も彷彿? 武豊&ナムラローズマリーが3連勝達成!「力もスピードもある」北海道で急上昇の短距離牝馬
  5. 「計224歳」横山典弘、武豊、柴田善臣、小牧太の爺祭り!?小倉、札幌、福島で大活躍…ラストライドの名手は「131万馬券」で有終の美
  6. 小牧太「JRAラストライド」は12番人気V!「好判断」の連続がこの日唯一の100万馬券もたらす
  7. 福永祐一厩舎「良血2歳馬」が仕切り直しのデビュー戦! 川田将雅が騎乗する「同期」の血統馬がライバル?
  8. 「ドゥラメンテ×フランケル」良血2歳馬がレコードV!パドックで放馬もなんの「矢作厩舎×DMMドリームクラブ」から新たな大物候補が誕生
  9. ヤマニンウルスに次ぐ2位の好タイムで「6馬身差」圧勝劇! 新たな怪物候補の登場に横山武史「大きなところも狙える」
  10. 「伝説の朝日杯」から新たな重賞ウイナーが誕生! ドウデュースはじめG1馬が4頭…遅れてきた「好素材」が初タイトル