GJ > 競馬ニュース > 「暴れ馬」カテドラル
NEW

JRA「暴れ馬」カテドラルの真価は!? 京成杯(G3)中山コースなら問題なし?

【この記事のキーワード】, ,
JRA「暴れ馬」カテドラルの真価は!? 京成杯(G3)中山コースなら問題なし?の画像1カテドラル(JBISサーチ公式サイト

 3日間開催の最終日、14日、春のクラシックを目指す3歳馬が京成杯(G3、芝2000メートル)で競う。今回は伏兵扱いとなりそうなのがカテドラル(牡3歳、栗東・池添学厩舎)。好走の条件を探ってみよう。

 前走東スポ杯2歳S(G3、芝1800メートル)には例年素質馬が集う。昨年もレベルの高い戦いとなり、1着ニシノデイジー、2着アガラス、3着ヴァンドギャルド、4着ヴェロックスはハナ+アタマ+ハナ差の接戦だった。カテドラルは新馬、オープンを連勝した実績が買われ3番人気だったが11着に沈む。道中は4、5番手の先行策。直線に向くと早々と先頭に立とうとするが、後続に次々と交わされた。

 このレースでは首を上げるシーンも見られた。気性的な問題があるのだろうか。新馬戦(芝2000メートル)は2、3番手から直線で抜け出し、2着のトーセンカンビーナに2馬身半差をつける快勝。折り合いを欠くことはなく、走りもダイナミックだったが、ムキになっているようにも見えた。

 2戦目の野路菊S(オープン、芝1800メートル)は出負け気味のスタート。鞍上の福永騎手に押されるとかかり気味に先頭に立ち、そのまま押し切った。やはり力みの感じられる走りで、首を何度か横に振っていた。福永騎手はレース後「道中は物見をするくらいリラックスしていました」と語っていたが、首を振ったり上げたりするのは実は気性的な問題だろう。

 東スポ杯2歳Sの追い切り後、池添学調教師は「負けん気が強くて、並ばれると負けたくないという気持ちで頑張ってしまう気性ですが、レースでは前に馬を置く形なら折り合ってスムーズに走れそうです」とコメントしている。やはり、走りに力が入ってしまうのだ。東スポ杯2歳Sではムキに走りすぎ、早々と力を使い切ってしまい、直線早々で止まってしまったのだ。

 父はハーツクライ、母はアビラ。祖母のAnimatrice、3代母のAlexandrieは2000メートルや2400メートルの重賞を勝っている。カテドラルは距離が長ければ長いほどいい可能性がある。2000メートルの新馬戦では折り合いそのものに問題はなかったが、1800メートルの野路菊Sではかかり気味に逃げ、東スポ杯2歳Sでは府中の長い直線に向くや先頭に踊り出ようとする暴挙に出た。

JRA「暴れ馬」カテドラルの真価は!? 京成杯(G3)中山コースなら問題なし?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「器用さが全くない」、川田将雅「時間が必要なタイプ」辛口評価は期待の裏返し!? 単勝1.3倍のスマートワイスがオープン入りに王手
  2. 宝塚記念に「匹敵」の豪華メンバー集結!?「スーパーG2」札幌記念にクラシックホース続々参戦、有力馬「分散」の懸念も
  3. 「意識しないといったら嘘になる」武豊の記録更新狙うも大敗…かつての大型新人・三浦皇成が13年間の「絶縁」を経て名門とメイン初勝利
  4. T.オシェア「52連敗中」G1騎乗なしのまま帰国の途へ…青葉賞1番人気のヘデントールもC.ルメールに乗り替わり完勝
  5. 永島まなみ、川田将雅の1、2着馬を凌ぐ将来性!?「馬っぷり抜けてた」元JRA安藤勝己氏が高評価を与えた新星ホールネス
  6. 【さきたま杯(G1)展望】ダート王・レモンポップ登場! 坂井瑠星「一番の敵は…」小回り適性でシャマル、イグナイターらに逆転の可能性あり
  7. 宝塚記念(G1)「大本命」武豊×ドウデュースも戦々恐々!? 昨年は世界No.1イクイノックスが「冷や汗もの」の勝利…C.ルメールが「最も戦いたくなかった」相手とは
  8. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  9. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  10. 17年前の武豊が最後…宝塚記念「鉄の掟」C.ルメール×ジャスティンパレスは買うな? ゴールドシップの「120億円事件」など悲惨すぎるジンクス