GJ > 競馬ニュース > 「古豪」サクラアンプルール  > 2ページ目
NEW

JRA「崩れない古豪」サクラアンプルールのいぶし銀。蛯名正義騎手とともに中山重賞で光放つ

【この記事のキーワード】, ,

JRA「崩れない古豪」サクラアンプルールのいぶし銀。蛯名正義騎手とともに中山重賞で光放つの画像2

 今回の2200メートルは初距離。中山の2200メートルが1800、2500メートルと異なるのは外回りになること。コーナーが緩くなるためペースは落ちづらく、タフな持久力勝負になる傾向がある。中山内回りや函館競馬場、札幌競馬場といった小回りコースに実績のある馬。外回りコースには若干の不安もある。しかし、一瞬の切れ味型でもなく、完全なパワー型でもない。道中の立ち回りを生かし、それなりに鋭い切れ味で勝負したい馬。外回り2200メートルは合っているかもしれない。

 鞍上は札幌記念を優勝した際に手綱を取った蛯名正義騎手。蛯名騎手の昨年の重賞勝ちは青葉賞(G2)とステイヤーズS(G2)の2つ。往年に比べて腕が衰えたのは事実だが、成績が振るわないのは乗り馬に恵まれていない面も大きい。”中山のG2ならば蛯名騎手”というイメージを持っている人も少なくないだろう。2200メートルに限れば2016年にはディーマジェスティでセントライト記念(G2)、2017年にはタンタアレグリアでAJCCを優勝している。

 昨年は調教師試験を受験したことが話題になった。いずれは調教師として活躍してくれることだろう。昨年の調教師試験は不合格だったが再挑戦を宣言、更には「ジョッキーを続けます。ファンの間でも”まだ乗ってほしい”という声があったし、もちろん競馬に乗ることは好きだから」と語っていた。今年も軽視はできない。

 関西テレビの競馬中継番組『競馬BEAT』で武豊騎手は、昨年4000勝を達成した際、蛯名騎手や横山典弘騎手、松永幹夫調教師がお祝いの席を設けてくれたことを喜び「蛯名厩舎の馬に乗りたいですよね」と述べた。競馬学校では同期の二人。一方は調教師、一方は現役騎手としてコンビを組む姿は今から楽しみだ。

 現役でいる時間に限りのある蛯名騎手とサクラアンプルール。どちらもいぶし銀の味を発揮できる同士のタッグだ。中山の2200メートルでどんな走りを見せてくれるのか、注目しよう。

JRA「崩れない古豪」サクラアンプルールのいぶし銀。蛯名正義騎手とともに中山重賞で光放つのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  2. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  3. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  4. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  5. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  6. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  7. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  9. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想
  10. JRA M.デムーロは「何故」大舞台で勝てなくなったのか。安藤勝己氏が指摘した「無難さ」と「神」が降りた重賞9週間連続3着以内