GJ > 競馬ニュース > 田辺騎手「不完全燃焼」
NEW

JRA田辺裕信騎手「不完全燃焼」にアンカツも苦言……ジェネラーレウーノ得意の中山で繰り返された”負けパターン”に乗り替わりの声も

【この記事のキーワード】, ,
JRA田辺裕信騎手「不完全燃焼」にアンカツも苦言......ジェネラーレウーノ得意の中山で繰り返された負けパターンに乗り替わりの声もの画像1

「いい感じで競馬はできましたが、決め手勝負になるとツラいですね……」

 20日に中山競馬場で行われたAJCC(G2)は、7番人気の伏兵シャケトラが約1年ぶりのレースで復活の勝利。単勝1.7倍の圧倒的1番人気に推されたフィエールマンは、ゴール前で勝ち馬を追い詰めたもののアタマ差の2着となんとか格好をつけた。

 しかし、その一方で「打倒フィエールマン」の筆頭として2番人気に推されながらも4着に敗れたジェネラーレウーノ(牡4歳、美浦・矢野英一厩舎)の主戦・田辺裕信騎手には、レース後にファンから不満の声が多数聞かれたようだ。

 陣営が事前に「スローの瞬発力勝負だと分が悪い」と語っていた言葉は一体何だったのか……そう思わざるを得ないほど、この日のジェネラーレウーノはまたも同じような敗戦を繰り返してしまった。

 1枠1番という絶好枠から好スタートを決めたジェネラーレウーノ。そのまま先頭に立つかと思われたが、外からステイインシアトルがハナを主張したため2番手からの競馬となった。過去に中山で重賞を勝った際は、ともに2番手からの競馬。ここまでは順調に思われたが、問題は1000m通過が62.2秒とまったくペースが上がらなかったことだ。

「切れ味勝負で分が悪いことは陣営も折り込み済みだっただけに、向正面でペースが落ち着いたときに自ら動きたかったですね。レース後、田辺騎手も『早めに動いたつもりはあるんですが……』と語っていましたが、結果だけを見ればそれでも動くのが少し遅すぎたのかもしれません。

最後の上がり3ハロン自体は34.9秒と、この馬も同舞台のセントライト記念(G2)以上の脚を使っており、決して止まってはいません。ですが、勝ったシャケトラやフィエールマンに34秒台前半の脚で上がられては万事休す……。菊花賞(G1)と同じように、またもキレ負けという形で敗れてしまいました」(競馬記者)

JRA田辺裕信騎手「不完全燃焼」にアンカツも苦言……ジェネラーレウーノ得意の中山で繰り返された”負けパターン”に乗り替わりの声ものページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「ルメールショック」が木村哲也厩舎に直撃?桜花賞に続き皐月賞も人気馬が凡走…主戦騎手不在で「13連敗」の急ブレーキ
  2. 【マイラーズC】2連敗中の川田将雅騎手×セリフォスのコンビ継続に疑問の声?「やっぱりレーンじゃなきゃ」「なぜ藤岡佑介を乗せない?」。一方、逆転を狙うノーマークの穴馬が急浮上!
  3. ついに発見「2024春G1全勝」の法則!? 大阪杯も桜花賞も、そして皐月賞も…次の天皇賞・春は「あの馬番」が確勝か
  4. 永島まなみに続く「2年目女性騎手」が復活の狼煙! 復帰後初白星を含む3勝の固め打ちで「ブレイク」は時間の問題?
  5. ジャンタルマンタル、NHKマイルC(G1)大本命に急浮上!? 川田将雅「素晴らしいレース」もう1頭の有力お手馬「鞍上未定」の裏事情
  6. 【皐月賞】メイショウタバル「史上最速」タイムでシンガリ大惨敗…「ゲート入りに手間取った時に」父ゴールドシップの難しさが露呈?
  7. 【皐月賞】「無敗の二冠」視野に入る戸崎圭太の悲願は叶うか?近年の挑戦者は1勝3敗の苦戦…リベンジしたい5年前の悪夢
  8. 「永遠のライバル」逆転も時間の問題?キズナ産駒が待望のクラシック初制覇、ジャスティンミラノ皐月賞優勝に大きな意味
  9. 【福島牝馬S】メジャーエンブレム撃破も1番人気が一度もなかった「重賞3勝牝馬」…混戦ムードの今年は一攫千金も?【東大式必勝馬券予想】
  10. 【皐月賞】パンサラッサ級「大暴走」でまさかの最下位…「力みが強かった」浜中俊も制御できず、メイショウタバルに抱いたファンの不安